DAYS360

1 年を 360 日として(利率の計算で使用されます)、2 つの日付の間の日数を返します。

使用例

DAYS360(DATE(1969,7,16),DATE(1969,7,24),1)

DAYS360(A2,A3)

DAYS360(1,270,1)

構文

DAYS360(開始日, 終了日, [方法])

  • 開始日 - 計算対象となる期間の開始日です。日付を含むセルへの参照、日付の種類を返す関数、または数値を指定する必要があります。

  • 終了日 - 計算対象となる期間の終了日です。日付を含むセルへの参照、日付の種類を返す関数、または数値を指定する必要があります。

  • 方法 - [省略可 - デフォルトは 0] - 使用する日数の計算方法を数値で指定します。

    • 0 は米国式を示します。米国式では、開始日が月の最終日の場合、開始日の日にちは計算上 30 に変換されます。さらに、終了日が月の最終日で、開始日の日にちが 30 日より前の場合は、終了日終了日の翌月の 1 日に変換されます。それ以外の場合は、終了日の日にちは 30 に変換されます。

    • その他の数値はヨーロッパ式を示します。ヨーロッパ式では、開始日終了日が 31 日である場合、日にちは 30 に変換されます。

メモ

  • この関数は、確定利付証券などの計算といった金融関連で主に使用されます。他の状況で使用すると、間違った値が得られる可能性があります。

  • 関数には、日付を含むセルへの参照か、DATEDATEVALUETO_DATE などの日付オブジェクトを返す関数か、N 関数で返される型の日付のシリアル値を指定してください。Google スプレッドシートでは日付や時刻を数値で表します。人間が読み取れる日付がセルに入力されると自動的に数値に変換しますが、関数で認識されるのは数値形式の日付のみです。

  • DAYS360 関数では、セルに直接入力した値に対して Google スプレッドシートで行われるような数値形式の自動変換は行われません。したがって、DAYS360(10/10/2000,10/10/2001)DAYS360(0.005,0.00499750124938)(それぞれ 10÷10÷2000 と 10÷10÷2001 の商)と解釈されます。

関連項目

YEARFRAC: 指定した日数の計算方法を使用して、2 つの日付の間の年数(1 年に満たない年を含む)を返します。

TO_DATE: 指定した数値を日付に変換します。

N: 引数を数値として返します。

DATEVALUE: 指定した日付の既知の形式の文字列をシリアル値に変換します。

DATE: 指定した年、月、日を日付に変換します。

サンプル

別の方法を使用して 2 つの日付の差を返します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。