DATE

指定した年、月、日を日付に変換します。

使用例

DATE(1969,7,20)

DATE(A2,B2,C2)

構文

DATE(年, 月, 日)

  • - 日付の年引数です。

  • - 日付の月引数です。

  • - 日付の日引数です。

メモ

  • DATE 関数には数値を指定する必要があります。文字列や文字列を含むセルへの参照を指定すると、#VALUE! エラーが返されます。

  • DATE 関数は、有効な月または日の範囲に当てはまらない数値の日付を自動的に再計算します。たとえば、DATE(1969,13,1) のように 13 という不正な数値を指定すると、1/1/1970 の日付が返されます。同様に、DATE(1969,1,32) のように 1 月に存在しない 32 日目を指定すると、2/1/1969 が返されます。

  • DATE 関数では、入力した小数点以下は自動的に切り捨てられます。たとえば、月に 12.75 を指定すると、12 と解釈されます。

関連項目

TO_DATE: 指定した数値を日付に変換します。

TIME: 指定した時、分、秒を時刻に変換します。

N: 引数を数値として返します。

DATEVALUE: 指定した日付の既知の形式の文字列をシリアル値に変換します。

サンプル

DATE 関数には文字列やセル参照の値を指定することができます。また、有効な月や日の範囲外の数値も処理されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。