検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Google ドライブのファイルを共有する

Google ドライブに保存しているファイルやフォルダは他のユーザーと共有できます。

共有相手には常にファイルの最新バージョンが表示されます。Google ドキュメント、Google スプレッドシート、Google スライド、Google フォームを共有する場合は、共有相手に対し、ファイルの編集、ファイルへのコメント、ファイルの表示のみのいずれかの権限を設定できます。

: Microsoft Office ファイルを他のユーザーと共同編集するには、そのファイルを Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドの形式に変換する必要があります。

手順 1: 共有するアイテムを選択する

単一のファイルを共有する

ファイルの共有には次のような方法があります。

複数のファイルを共有する

複数ファイルを共有するには、次の 2 つの方法があります。

手順 2: 共有相手を選択する

特定のユーザー

Google アカウントを持っているユーザーとの間で共有することができます。

  1. Google ドライブGoogle ドキュメントGoogle スプレッドシートGoogle スライドのいずれかのホーム画面を開きます。
  2. 共有するファイルをクリックします。
  3. [共有] または共有アイコン ユーザーを追加 をクリックします。
  4. [ユーザー] の下に共有相手のメールアドレスまたは Google グループを入力します。
  5. 共有相手のファイルに対する権限を選択するには、下向き矢印 下矢印 をクリックします。詳細については、他のユーザーがファイルを閲覧、コメント、編集できるようにする方法をご覧ください。
    • ユーザーに通知しない場合は、[通知] のチェックボックスをオフにします。
  6. [送信] をクリックします。共有したユーザーにメールが届きます。
ファイルへのリンクを知っている全員

他のユーザーにファイルへのリンクを知らせることができます。この方法の場合、ファイル共有の際にメールアドレスを追加する必要がありません。

  1. Google ドライブGoogle ドキュメントGoogle スプレッドシートGoogle スライドのいずれかのホーム画面を開きます。
  2. 共有するファイルをクリックします。
  3. [共有] または共有アイコン ユーザーを追加 をクリックします。
  4. 右上で [共有可能なリンクを取得] をクリックします。
  5. [リンクを知っている全員が] の横にある下向き矢印 下矢印 をクリックします。
  6. 共有相手のファイルに対する権限を選択するには、下向き矢印 下矢印 をクリックします。詳細については、他のユーザーがファイルを閲覧、コメント、編集できるようにする方法をご覧ください。
  7. リンクをコピーして、メールなどの共有したい場所に貼り付けます。

リンクの共有設定

ファイルへのリンクを共有する際には、ファイルの共有範囲を管理できます。この設定は、お使いの Google アカウントが職場、学校、Gmail のいずれを通じて取得されたものかで異なります。

  • オン - ウェブ上で一般公開: あらゆる人が Google でファイルを検索してアクセスできます。アクセスするのに Google アカウントへのログインは必要ありません。
  • オン - リンクを知っている全員: リンクを知っている全員がファイルにアクセスできます。アクセスするのに Google アカウントへのログインは必要ありません。
  • オン - ご使用のドメイン: 職場または学校を通じて取得した Google アカウントをお使いの場合、同じ職場または学校のアカウントにログインした全員がファイルを検索してアクセスできます。
  • オン - リンクを知っているドメイン内の全員: 職場または学校を通じて取得した Google アカウントをお使いの場合、同じ職場または学校のアカウントにログインしたユーザーでリンクを知っている全員がファイルにアクセスできます。
  • オフ - 特定のユーザー: ファイルを共有するよう設定したユーザーのみがファイルにアクセスできます。
ファイルを一般公開で共有する

Google アカウントにログインしていないユーザーは匿名の動物アイコンとして表示されます。詳しくは、匿名の動物アイコンについてご覧ください

職場または学校を通じて取得した Google アカウントをお使いの場合、一般公開での共有はできないことがあります。

  1. Google ドライブGoogle ドキュメントGoogle スプレッドシートGoogle スライドのいずれかのホーム画面を開きます。
  2. [共有] または共有アイコン ユーザーを追加 をクリックします。
  3. [共有可能なリンクを取得] をクリックします。
  4. [リンクを知っている全員が] の横にある下向き矢印 下矢印 をクリックします。
  5. [詳細設定] をクリックします。
  6. [オン - ウェブ上で一般公開] をクリックします。インターネットでこのリンクを検索したユーザーやリンクを知っているユーザーはすべてこのファイルを開くことができます。
  7. [保存] をクリックします。
  8. 他のユーザーに割り当てるアクセスレベルを選択します。詳細については、他のユーザーがファイルを閲覧、コメント、編集できるようにする方法をご覧ください。
  9. [完了] をクリックします。

共有の制限

  • 編集やコメントを同時に行えるのは 50 人までです。
  • 50 人を超えるユーザーがファイルを表示することはできますが、どのユーザーか表示しているかを確認することはできません。50 人を超えるユーザーがファイルを表示する必要がある場合は、ファイルを公開して新しいリンクを作成してください。詳しくは、ファイルを公開する方法をご覧ください
  • ファイルは最大で 200 のユーザーまたはグループと共有できます。200 人を超えるユーザーとファイルを共有する必要がある場合は、共有したいユーザーを Google グループに追加して、そのグループとファイルを共有してください。
  • 多数のユーザーとフォルダを共有する場合、全員が表示できるようになるまでにしばらく時間がかかることがあります。

スプレッドシートを使って情報を収集する場合は、Google フォームの作成方法データの収集方法についてのページをご覧ください。

ステップ 3: ファイルに共有相手が行える操作を選択する

ファイルを共有する場合、そのファイルに共有相手が行える操作を選択できます。

  • 閲覧: 共有相手はファイルを表示できますが、ファイルを変更したり、別のユーザーとファイルを共有したりすることはできません。
  • コメント: 共有相手はコメントや提案を挿入できますが、ファイルを変更したり、別のユーザーとファイルを共有したりすることはできません。
  • 編集: 共有相手はファイルの変更、提案の受諾や拒否、別のユーザーとのそのファイルの共有を行えます。

Google フォームを送信、共有する

Google フォームの場合、他の種類のファイルとは異なる共有設定があります。

関連記事

このヘルプページを作成したドキュメントとドライブのエキスパートに、ページに関するフィードバックをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。