Google ドライブのファイルを共有する

Google ドライブに保存しているファイルやフォルダは、誰とでも共有できます。

Google ドライブから共有する際は、共有相手のファイルに対する権限(編集、コメント、閲覧のみ)を管理できます。Google ドライブのコンテンツを共有すると、Google ドライブ プログラム ポリシーが適用されます。

手順 1: 共有するファイルを見つける

単一のファイルを共有する

  1. パソコンで、Google ドライブドキュメントスプレッドシートスライドのいずれかにアクセスします。
  2. 共有したいファイルをクリックします。
  3. 共有アイコン Share をクリックします。
複数のファイルを共有する
  1. パソコンで drive.google.com にアクセスします。
  2. お使いのキーボードで、Shift キーを押したまま 2 つ以上のファイルを選択します。
  3. 右上の共有アイコン Share をクリックします。

詳細については、フォルダにファイルを追加する方法やフォルダ全体を共有する方法についての記事をご覧ください。

Google フォームを送信、共有する

Google フォームには、他の種類のファイルとは異なる共有設定があります。

手順 2: ファイルの共有相手とその権限を選択する

特定のユーザーと共有する
重要: 職場や学校を通じて取得した Google アカウントをご利用の場合は、組織外のユーザーとファイルを共有できない場合があります。
  1. パソコンで Google ドライブにアクセスします。
  2. 共有するファイルを選択 次に 共有アイコン Add approver をクリックします。
  3. 共有相手のメールアドレスまたは Google グループを入力します。仕事用や学校用のアカウントを使用している場合、受信者の候補から選択して共有できます。
    • ヒント: 受信者の候補を表示しないようにするには、ドライブの設定 設定 にアクセスし、[共有ダイアログに受信者の候補を表示する] チェックボックスをオフにします。
  4. 共有相手の権限を指定します。以下から 1 つ選択します。
    • 閲覧者
    • 閲覧者(コメント可)
    • 編集者
  5. 対象となる仕事用アカウントまたは学校用アカウントを使用している場合は、[有効期限を追加] をクリックして有効期限を追加します。
  6. ファイルを共有すると、各メールアドレスにメールが届きます。
    • (省略可)通知メールにメッセージを追加します。
    • 共有相手に通知しない場合は、チェックボックスをオフにします。
  7. [送信] または [共有] をクリックします。

詳しくは、共有相手の権限(閲覧、コメント、編集)についての記事をご覧ください。

有効期限を追加する

有効期限の設定機能を使用するには、対象となる仕事用アカウントまたは学校用アカウントにログインしている必要があります。

現在、あなたはログインしていません。

職場または学校のアカウントにログイン

ファイルへの一般的なアクセスを許可する

ファイルに誰でもアクセスできるようにするか、アクセス権のあるユーザーのみに制限するかを選択します。リンクを知っている全員にアクセスを許可した場合、フォルダにアクセスできるユーザーは制限されません。

  1. 共有するファイルを選択します。
  2. [共有] または共有アイコン Share をクリックします。
  3. [一般的なアクセス] で下矢印アイコン 下 をクリックします。
  4. ファイルへのアクセスを許可するユーザーを選択します。

  1. ファイルに対する共有相手のロールを指定するには、[閲覧者]、[閲覧者(コメント可)]、[編集者] のいずれかを選択します。
  2. [完了] をクリックします。
ファイルを一般公開で共有する
  1. 共有するファイルを選択します。
  2. [共有] または共有アイコン Share をクリックします。
  3. [一般的なアクセス] で下矢印アイコン 下 をクリックします。
  4. [リンクを知っている全員] を選択します。
  5. 共有相手のロールを指定するには、[閲覧者]、[閲覧者(コメント可)]、[編集者] のいずれかを選択します。
  6. [リンクをコピー] をクリックします。
  7. [完了] をクリックします。
  8. メールなどの共有する場所にリンクを貼り付けます。

ファイル上では、Google アカウントにログインしていないユーザーは匿名の動物アイコンとして表示されます。詳しくは、匿名の動物アイコンについての記事をご覧ください。

1 つのファイルを多数のユーザーと共有して共同編集する

Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのファイルは、一度に最大 100 個の開いた状態のタブまたはデバイスで同時に編集できます。ただし、同じファイルを開いているタブやデバイスの数が 100 を超えると、オーナーと編集権限のある一部のユーザーしか編集できなくなります。

多数のユーザーと共有して共同編集するには:

ファイルを公開する

  • 多数のユーザーが同時にファイルを閲覧する必要がある場合は、そのファイルを公開してリンクを作成し、閲覧するユーザーと共有します。ファイルを編集するユーザーまたはファイルにコメントするユーザーに、編集権限を付与することができます。詳しくは、ファイルを公開する方法をご覧ください。
  • ファイルを公開すると、アカウントの設定に応じて、ウェブ上のすべてのユーザー、組織内のすべてのユーザー、組織内の特定のグループのいずれかが、そのファイルを閲覧できるようになります。個人情報や機密情報を公開する場合は慎重に行ってください。 
  • ウェブからファイルを削除するには、公開を停止してください。詳しくは、ファイルの公開を停止する方法をご覧ください。
  • 共同編集者とのファイルの共有を停止するには、共有権限の変更方法をご覧ください。

Google サイトを作成する

  • Google サイトを作成すると、多くの人と情報を共有できます。サイトにはドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを埋め込むことができ、多数のユーザーが閲覧できます。詳しくは、Google サイトにドキュメントを埋め込む方法をご覧ください。
  • サイトへのトラフィックが多くなると見込まれる場合は、Google ドキュメント、スプレッドシート、またはスライドでドキュメントを公開してから、Google サイトに埋め込みます。詳しくは、ファイルを公開する方法をご覧ください。

Google フォームでフィードバックを収集する

  • 多くの情報を収集する必要がある場合は、Google フォームを作成します。回答は Google スプレッドシートに記録されます。回答を確認する必要があるユーザーにのみ編集権限を付与します。100 人を超えるユーザーが回答を確認する必要がある場合は、ウェブでスプレッドシートを一般公開して、閲覧するユーザーとリンクを共有します。詳しくは、ファイルを公開する方法をご覧ください。

多数のユーザーと共有しているドキュメントの問題を解決する

ドキュメントが多数のユーザーと共有されていて、クラッシュしたり更新に時間がかかったりする場合は、次の解決方法をお試しください。

  • ドキュメントやスプレッドシートに直接コメントを投稿してもらうのではなく、Google フォームを作成してフィードバックを収集します。詳しくは、Google フォームの作成方法をご覧ください。
  • ドキュメントのコピーを作成する場合は、解決済みのコメントや提案を含めないようにします。詳しくは、コピーを作成する方法をご覧ください。
  • 古い情報を削除するか、データを新しいドキュメントに移動させます。
  • ドキュメントを使用していないときは閉じるよう、閲覧者にリクエストします。
  • 公開ドキュメントには、特に重要な情報のみを含めます。ドキュメントが短いほど読み込みが速くなります。
  • ドキュメントの編集権限を持つユーザー数を減らします。
  • 複数のドキュメントから情報を収集する場合は、多数のユーザーと共有するための表示専用ドキュメントを新たに作成します。

ファイルの共有を制限する

共有相手の権限(閲覧、コメント、編集)を選択する

ファイルを共有するときに、共有相手のアクセスレベルを選択できます。

  • 閲覧者: ファイルの閲覧はできますが、変更や他のユーザーとの共有はできません。
  • 閲覧者(コメント可): ファイルへのコメントや提案はできますが、変更や他のユーザーとの共有はできません。
  • 編集者: 変更を加えたり、提案を承認または拒否したり、他のユーザーとファイルを共有したりできます。
ファイルへの一般的なアクセスを変更する

ファイルへの幅広いアクセスを許可できます。この設定は、お使いの Google アカウントが職場、学校、Gmail のいずれを通じて取得されたものかで異なります。

  • 一般公開: 誰でもが Google でファイルを検索してアクセスできます。Google アカウントへのログインは必要ありません。
  • リンクを知っている全員: リンクを知っている全員がファイルを使用できます。Google アカウントへのログインは必要ありません。
  • 制限付き: アクセス権のあるユーザーだけがファイルを開くことができます。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
true
35
false
false