検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

チャートとグラフの種類

チャートやグラフを使用してデータを表示することができます。

各グラフの詳細と使い方については、下記の該当するグラフの種類を選択してご覧ください。

折れ線グラフ

折れ線グラフ

折れ線グラフは、データ自体の傾向や、特定の期間のデータの推移を確認するのに使用します。このグラフでは通常、X 軸に数値を配置します。

折れ線グラフ

データの入力方法

  • 1 列目: データの内容を示すラベルを入力します。
  • その他の列: 数値データを入力し、各列の先頭行に名前を入力します(省略可)。
複合グラフ

各データ系列を示すことができます。

複合グラフ

データの入力方法

  • データセットの先頭行: X 軸のラベルを入力します。
  • 1 列目: 各データ系列(行)の名前を入力します。
  • その他のセル: グラフに表示するデータポイントを入力します。

面グラフ

面グラフ

面グラフでは、1 つ以上のデータ系列の推移を視覚的に示すことができ、異なるデータカテゴリ間の値の変化を比較する場合などに使用します。面グラフは折れ線グラフに似ていますが、折れ線の下の領域が異なる色で示されます。

面グラフ

データの入力方法

  • 1 列目: データの内容を示すラベルを入力します(例: 日付、時刻)。
  • その他の列: 正の数値データを入力し、各列の先頭行に名前を入力します(省略可)。
積み上げ面グラフ
積み上げ面グラフは、各部分と全体との関係を示すのに使用します。
積み上げ面グラフ

データの入力方法

  • 1 列目: データの内容を示すラベルを入力します(例: 日付、時刻)。
  • その他の列: 正の数値データを入力し、各列の先頭行に名前を入力します(省略可)。
100% 積み上げ面グラフ
100% 積み上げ面グラフは、累計が重要でない場合に各部分と全体との関係を示すのに使用します。
100% 積み上げ面グラフ

データの入力方法

  • 1 列目: データの内容を示すラベルを入力します(例: 日付、時刻)。
  • その他の列: 正の数値データを入力し、各列の先頭行に名前を入力します(省略可)。
階段面グラフ
階段面グラフでは、1 つ以上のデータ系列の推移を垂直線と水平線で示すことができ、異なるデータカテゴリ間の値の変化を比較する場合などに使用します。階段面グラフで斜線が使用されることはありません。
階段面グラフ

データの入力方法

  • 1 列目: データの内容を示すラベルを入力します(例: 日付、時刻)。
  • その他の列: 正の数値データを入力し、各列の先頭行に名前を入力します(省略可)。
積み上げ階段面グラフ
積み上げ階段面グラフは階段面グラフの一種で、関連する値を積み重ねて表示します。各部分と全体との関係を示すのに使用します。
積み上げ階段面グラフ

データの入力方法

  • 1 列目: データの内容を示すラベルを入力します(例: 日付、時刻)。
  • その他の列: 正の数値データを入力し、各列の先頭行に名前を入力します(省略可)。
100% 積み上げ階段面グラフ
100% 積み上げ階段面グラフは、累計が重要でない場合に各部分と全体との関係を示すのに使用します。
100% 積み上げ階段面グラフ

データの入力方法

  • 1 列目: データの内容を示すラベルを入力します(例: 日付、時刻)。
  • その他の列: 正の数値データを入力し、各列の先頭行に名前を入力します(省略可)。

縦棒グラフ

縦棒グラフ

縦棒グラフは、1 つ以上のデータカテゴリやデータグループを表すのに使用し、特に各カテゴリにサブカテゴリが含まれる場合に適しています。縦棒の高さで、グループ間のデータの差異を簡単に比較できます。

縦棒グラフ

データの入力方法

スプレッドシートの各行は、グラフの各縦棒に相当します。

  • 1 列目: 各行にカテゴリ(またはラベル)を入力します。たとえば、国など、データのカテゴリを入力します。
  • その他の列: 各列に数値データを入力し、先頭行に名前を入力します(省略可)。

: 3D グラフにするには、[グラフエディタ] で [カスタマイズ] 次へ [グラフの種類] をクリック 次へ [3D] の横にあるチェックボックスをオンにします。

積み上げ縦棒グラフ
積み上げ縦棒グラフは、1 つ以上のデータカテゴリを表示して各部分と全体との関係を示すのに使用します。
積み上げ縦棒グラフ

データの入力方法

積み上げ縦棒グラフでは、各カテゴリが 1 つの縦棒で表示され、この縦棒にそのカテゴリ(またはラベル)のすべてのデータが含まれるため、各部分と全体との関係を確認することができます。

  • 1 列目: 各行にカテゴリ(またはラベル)を入力します。たとえば、国など、データのカテゴリを入力します。
  • その他の列: 各列に数値データを入力し、先頭行に名前を入力します(省略可)。

: 3D グラフにするには、[グラフエディタ] で [カスタマイズ] 次へ [グラフの種類] をクリック 次へ [3D] の横にあるチェックボックスをオンにします。

100% 積み上げ縦棒グラフ
100% 積み上げ縦棒グラフは、累計が重要でない場合に各部分と全体との関係を示すのに使用します。

100% 積み上げ縦棒グラフ

データの入力方法

  • 1 列目: 各行にカテゴリ(またはラベル)を入力します。たとえば、国など、データのカテゴリを入力します。
  • その他の列: 各列に数値データを入力し、先頭行に名前を入力します(省略可)。

: 3D グラフにするには、[グラフエディタ] で [カスタマイズ] 次へ [グラフの種類] をクリック 次へ [3D] の横にあるチェックボックスをオンにします。

 

横棒

横棒グラフ

横棒グラフは、1 つ以上のカテゴリのデータポイントの差異を示すのに使用します。

横棒グラフ

データの入力方法

スプレッドシートの各行は、グラフの各横棒に相当します。

  • 1 列目: 各行にカテゴリ(またはラベル)を入力します。
  • その他の列: 各列に数値データを入力し、先頭行に名前を入力します(省略可)。

: 3D グラフにするには、[グラフエディタ] で [カスタマイズ] 次へ [グラフの種類] をクリック 次へ [3D] の横にあるチェックボックスをオンにします。

積み上げ横棒グラフ
積み上げ横棒グラフは、各カテゴリ(またはラベル)のすべてのデータを、複数の横棒ではなく 1 つの横棒で表すのに使用します。このグラフでは、各部分と全体との関係を示すこともできます。
積み上げ横棒グラフ

データの入力方法

スプレッドシートの各行は、グラフの各横棒に相当します。

  • 1 列目: 各行にカテゴリ(またはラベル)を入力します。
  • その他の列: 各列に数値データを入力し、先頭行に名前を入力します(省略可)。

: 3D グラフにするには、[グラフエディタ] で [カスタマイズ] 次へ [グラフの種類] をクリック 次へ [3D] の横にあるチェックボックスをオンにします。

100% 積み上げ横棒グラフ
100% 積み上げ横棒グラフは、累計が重要でない場合に各部分と全体との関係を示すのに使用します。
100% 積み上げ横棒グラフ

データの入力方法

スプレッドシートの各行は、グラフの各横棒に相当します。

  • 1 列目: 各行にカテゴリ(またはラベル)を入力します。
  • その他の列: 各列に数値データを入力し、先頭行に名前を入力します(省略可)。

: 3D グラフにするには、[グラフエディタ] で [カスタマイズ] 次へ [グラフの種類] をクリック 次へ [3D] の横にあるチェックボックスをオンにします。

円グラフ

円グラフは、「ピザのスライス」のように、全体に対する割合としてデータを示すのに使用します。

円グラフ

データの入力方法

スプレッドシートの 2 列にデータを入力します。

  • 1 列目: ラベルを入力します。
  • 2 列目: 各ラベルを表す数値を入力します。

各スライスのラベルを表示する

  1. グラフのメニューで [カスタマイズ] タブをクリックします。
  2. [スライス] で項目を選択し、フォントサイズやテキストの色を変更します。
    • パーセンテージ: 各スライスの全体に対する割合がパーセンテージで表示されます。
    • : 各スライスに関連付けられている数値(スプレッドシートの右側の列の値)が表示されます。
    • ラベル: 各スライスの名前(スプレッドシートの左側の列の値)が表示されます。
    • なし: スライスに何も表示されません。

凡例を削除して、凡例ラベルを各スライスに追加することもできます。

  1. グラフのメニューを開きます。
  2. [カスタマイズ] タブをクリックします。
  3. [凡例] 次へ [ラベル付き] をクリックします。
3D 円グラフ
3D 円グラフは、「ピザのスライス」のように、全体に対する割合としてデータを示すのに使用します。
3D 円グラフ

データの入力方法

スプレッドシートの 2 列にデータを入力します。

  • 1 列目: ラベルを入力します。
  • 2 列目: 各ラベルを表す数値を入力します。

各スライスのラベルを表示する

  1. グラフのメニューで [カスタマイズ] タブをクリックします。
  2. [スライス] で項目を選択し、フォントサイズやテキストの色を変更します。
    • パーセンテージ: 各スライスの全体に対する割合がパーセンテージで表示されます。
    • : 各スライスに関連付けられている数値(スプレッドシートの右側の列の値)が表示されます。
    • ラベル: 各スライスの名前(スプレッドシートの左側の列の値)が表示されます。
    • なし: スライスに何も表示されません。

凡例を削除して、凡例ラベルを各スライスに追加することもできます。

  1. グラフのメニューを開きます。
  2. [カスタマイズ] タブをクリックします。
  3. [凡例] 次へ [ラベル付き] をクリックします。
ドーナツグラフ
ドーナツグラフは円グラフの一種で、中心に穴が開いています。ドーナツグラフを使用すると、「ピザのスライス」のように、全体に対する割合としてデータを示すことができます。
ドーナツグラフ

データの入力方法

スプレッドシートの 2 列にデータを入力します。

  • 1 列目: ラベルを入力します。
  • 2 列目: 各ラベルを表す数値を入力します。

各スライスのラベルを表示する

  1. グラフのメニューで [カスタマイズ] タブをクリックします。
  2. [スライス] で項目を選択し、フォントサイズやテキストの色を変更します。
    • パーセンテージ: 各スライスの全体に対する割合がパーセンテージで表示されます。
    • : 各スライスに関連付けられている数値(スプレッドシートの右側の列の値)が表示されます。
    • ラベル: 各スライスの名前(スプレッドシートの左側の列の値)が表示されます。
    • なし: スライスに何も表示されません。

凡例を削除して、凡例ラベルを各スライスに追加することもできます。

  1. グラフのメニューを開きます。
  2. [カスタマイズ] タブをクリックします。
  3. [凡例] 次へ [ラベル付き] をクリックします。

: ドーナツの穴のサイズを変更するには、[グラフエディタ] で [カスタマイズ] をクリック 次へ [ドーナツの穴] でサイズを選択します。

散布図

散布図

散布図は、横(X)軸と縦(Y)軸に沿って数値座標を示すのに使用します。スプレッドシート内のデータは一連の点としてグラフに表示されます。散布図では、1 つの変数が X 軸に、もう 1 つの変数が Y 軸に表示され、2 つの変数間の傾向やパターンを確認することができます。また、散布図にはトレンドラインを追加するのが一般的です。

散布図

データの入力方法

データを 2 つ以上の列に入力し、すべての列に数値データを含めます。

  • 1 列目: グラフ上の X 値を入力します。
  • その他の列: Y 値を入力します。各列の Y 値がグラフに一連の点として表示されます。
バブルチャート

バブルチャートは、データを 3 次元で示すのに使用します。水平(X)座標と垂直(Y)座標という 2 次元を使用する散布図に似ていますが、バブルチャートでは、バブルのサイズで表される 3 つ目の次元が加わります。

バブルチャート

データの入力方法

  • 1 列目: 系列のラベルとなるテキストを入力します。
  • 2 列目: バブルを表示する水平(X)軸の位置を決定づける数値を入力します。
  • 3 列目: バブルを表示する垂直(Y)軸の位置を決定づける数値を入力します。
  • 4 列目: バブルの色を決定づけるテキストを入力します(テキストごとに異なる色になります)。
  • 5 列目: バブルのサイズを決定づける数値を入力します(数値が大きいほどバブルも大きくなります)。

マップチャート

マップチャート

マップチャートは、国、大陸、地域の地図を示すのに使用します。各地の値は異なる色で表されます。

マップチャート

データの入力方法

  • 1 列目: 地名または地域コードを入力します。
  • 2 列目: 数値を入力します。この値により、各地の色の濃さが変わります。

その他

滝グラフ
滝グラフを使用して、値の加算と減算によって開始値がどのような影響を受けるかを示すことができます。
滝グラフ

データの入力方法

スプレッドシートの各行は、グラフの各縦棒に相当します。

  • 1 列目: 各行にカテゴリ(またはラベル)を入力します。たとえば、財務のカテゴリ(収益や費用など)やその他のデータカテゴリ(日付など)を入力します。
  • その他の列: 各列に数値データを入力し、先頭行に名前を入力します(省略可)。

積み上げグラフを作成する

  1. パソコンを使用して、Google スプレッドシートでスプレッドシートを開きます。
  2. 変更する滝グラフをクリックします。
  3. [グラフエディタ] で [設定] をクリックします。
  4. [積み上げ] で下矢印アイコン 下矢印 をクリックし、[積み上げ] を選択します。
ヒストグラム

ヒストグラムは、複数のバケットにおけるデータセットの分布を示すのに使用します。

ヒストグラム

データの入力方法

列ごとに、すべての行の値が数値のバケットにグループ化されます。ヒストグラムには、各バケットに含まれる値の数が表示されます。各縦棒は値の頻度を示し、各縦棒の高さは値の総数を表します。

  • 1 列目: データグループのラベルを入力します。: 1 列のデータでもヒストグラムを生成できます。
  • その他の列: 分布内の項目を表す数値を入力します。
組織図

組織図は、会社、グループ、親族などのメンバーどうしの関係を表すのに使用します。

組織図

データの入力方法

  • 1 列目: グループのメンバー全員を入力します。
  • 2 列目: メンバーの上下関係を入力します。
  • 3 列目: 各ボックスにカーソルが合ったときにヒントを表示する場合は、そのテキストを入力します。
表グラフ

表グラフを使用すると、スプレッドシートの表を、並べ替えやページ設定が可能な表に変換することができます。表グラフは、Google スプレッドシートでダッシュボードを作成したり、ウェブサイトに表を埋め込んだりするのによく使用されます。


表グラフでは、キーボードやマウスを使用して各行を選択したり、列見出しをクリックして個々の列を並べ替えたりすることができます。また、大きい表グラフの場合、スクロール時に行見出しが固定されます。

表グラフ

データの入力方法

  • データの入力方法は自由にカスタマイズできますが、各列内のデータは一貫している必要があります。
  • 列内のデータは同じ形式にする必要があります。同じ列内に異なるデータ形式が混在していると、表が正しく表示されません。
アノテーション付きタイムライン

アノテーション付きタイムラインを使用すると、注釈を追加できるインタラクティブな時系列の折れ線グラフを作成できます。グラフには複数の折れ線を表示することもできます。

タイムライン グラフ

データの入力方法

  • 1 列目: 日付を入力します(必要に応じて時刻も入力できます)。
  • その他の列: 数値、注釈のタイトル、注釈の内容を入力します。数値列の値は、1 列目の該当する日時の縦(Y)軸に表されます。
    • 各数値列の後には、1~2 列のテキスト列を挿入できます。
    • 数値列の直後のテキスト列には注釈のタイトルを、その次のテキスト列には注釈の内容を入力します。
スパークライン

スパークラインは、期間など、1 つ以上のデータカテゴリを表示して比較するのに使用します。折れ線グラフに似ていますが、スパークラインでは、上下に積み重なった個別の軸にデータの折れ線が表示されます。

SPARKLINE 関数の詳細については、関数のヘルプページをご覧ください。

スパークライン

データの入力方法

  • スプレッドシートの各列に数値データを入力します。スパークラインに表示できる列の数に制限はありません。
  • スプレッドシートの各列にラベルを追加すると、データが確認しやすくなります。
モーション グラフ

注: 2017 年 8 月以降、モーション グラフの編集や、モーション グラフへの挿入を行うことはできなくなります。また、モーション グラフは 2017 年 12 月に Google スプレッドシートから削除されます。

モーション グラフは、時間経過に沿って複数の指標に関する情報を示すのに使用します。スプレッドシート内のデータに基づいてデータカテゴリをさまざまに組み合わせ、1 つのグラフ内に複数のモーション グラフを作成できます。

モーション グラフ

データの入力方法

  • 1 列目: 追跡するエンティティの名前を入力します。
  • 2 列目: 年、月/日/年、週番号、四半期のいずれかの形式で日付値を入力します。
  • その他の列: 数値またはテキストのデータを入力します。たとえば、テキストデータには、特定の日の天気を示す語句(「曇り」、「雨」、「晴れ」など)や、企業データの現在の CEO の名前などを含めることができます。数値データを含む列は X 軸、Y 軸、色軸、サイズ軸に表示され、テキストを含む列は [色] プルダウン メニューにのみ表示されます。
ツリーマップ

ツリーマップは、オブジェクトを親子階層に構造化したデータツリーを示すのに使用します。

ツリーマップ

データの入力方法

  • 1 列目: 階層内のオブジェクトの名前を入力します。
  • 2 列目: オブジェクトの親の名前を入力します。各親名は 1 列目にも入力する必要があります。
  • 3 列目: オブジェクトの正の数値を入力してボックスのサイズを指定します。親エンティティの値は子の値を集計して算出されるため、子エンティティを持つエンティティの場合はこの列を空にできます。
  • 4 列目(省略可): ボックスの色を表す数値を入力します。4 列目の値は集計されず、負の値を使用できます。

色や階層数を変更する

スプレッドシートにツリーマップを追加した後で、ツリーマップをカスタマイズして次のことを行えます。

  • ツリーマップに表示する色を変更する。
  • ツリーマップに表示する階層数を選択する。
ゲージ

ゲージは、特定の範囲内の数値または測定値を示すのに使用します。値ごとにゲージが作成されるので、測定値を比較対照することができます。

ゲージグラフ

データの入力方法

  • 1 列目: ゲージのラベルを 1 列に入力します。
  • 2 列目: それぞれの数値を入力します。
ローソク足チャート

ローソク足チャートは、全分散の上に開始値と終了値を重ねて表示するのに使用します(例: 株価の変動)。開始値が終了値より低い場合(利益)はボックスが塗りつぶされ、開始値が終了値より高い場合(損失)はボックスが白抜きになります。

ローソク足チャート

データの入力方法

各行が 1 つのローソク足を表します。

  • 1 列目: 水平(X)軸のラベルを入力します。
  • 2 列目: 最小値(安値)の数値を入力します。ローソク足の中央線の下端となります。
  • 3 列目: 開始値(始値)の数値を入力します。ローソク足の片方の縦枠線となります。この値が 4 列目の値より小さければローソク足が塗りつぶされ、大きければ白抜きになります。
  • 4 列目: 終了値(終値)の数値を入力します。ローソク足のもう一方の縦枠線となります。この値が 3 列目の値より小さければローソク足が白抜きになり、大きければ塗りつぶされます。
  • 5 列目: 最大値(高値)の数値を入力します。ローソク足の中央線の上端となります。
レーダー チャート

レーダー チャートは 2 次元グラフに 1 つ以上の変数を示すのに使用し、変数ごとに 1 つの数値軸が表示されます。スプレッドシートのすべてのデータポイントが、各数値軸に沿って 1 本の線で結ばれます。

レーダー チャート

データの入力方法

  • 1 列目(省略可): 外円上の「角度」ラベルを置き換える質的データを入力します。
  • その他の列: 各数値軸に沿って表示されるデータポイントとなる数値データを入力します。

このヘルプページを作成したドキュメントとドライブのエキスパートに、ページに関するフィードバックをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false