ドキュメントを別の言語に翻訳する、ドキュメントに別の言語を入力する

Google ドキュメントでは、ドキュメントをさまざまな言語に翻訳できます。

ドキュメントを翻訳する

  1. パソコンの Google ドキュメントで、ドキュメントを開きます。
  2. 上部のメニューで [ツール] 次に [ドキュメントを翻訳] をクリックします。
  3. 翻訳済みドキュメントのタイトルを入力して、言語を選択します。
  4. [翻訳] をクリックします。
  5. 翻訳されたドキュメントのコピーが新しいウィンドウで開きます。このコピーは Google ドライブにも表示されます。

入力言語を変更する

  1. パソコンを使用して、Google ドキュメントGoogle スライドGoogle スプレッドシートでファイルを開きます。
    • Google ドキュメントや Google スライドでは、上部のメニューで [ファイル] 次に [言語] 次に 該当する言語をクリックします。
    • Google スプレッドシートでは、上部のメニューで [ファイル] 次に [スプレッドシートの設定] をクリックし、該当する言語と地域を指定します。
  2. ラテン系以外の言語を選択すると、ツールバーに [入力ツール] メニューが表示されます。ヒンディー語や中国語といったラテン系以外の言語を入力するには、[入力ツール] メニューの横にある下矢印アイコン 下矢印 をクリックします。注: キーボードで Ctrl+Alt+Shift+K キー(Windows)または ⌘+option+shift+K キー(Mac)を押して [入力ツール] メニューを開くこともできます。
    • 読みがな入力: 単語を発音どおりにアルファベットで入力して、表示された単語の候補から該当する単語を選択します。
    • キーボード入力: 文字や記号を入力するには、仮想キーボードのキーをクリックするか、物理キーボードで該当するキーを入力します。
    • 手書き入力: 画面の右下に表示されるパネルに文字を書いて、表示された文字の候補から該当する文字を選択します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。