テキスト、図形、図、線を挿入して配置する

Google スライドでは、テキスト、図形、線などのオブジェクトをスライドに追加してプレゼンテーションの質を高めることができます。

テキストやオブジェクトを追加、削除する

テキスト ボックスやオブジェクトを追加する
  1. Android 搭載のスマートフォンやタブレットで Google スライド アプリを使用してプレゼンテーションを開きます。
  2. 追加先のスライドで追加アイコン 追加 をタップします。
  3. 追加する項目を [テキスト]、[画像]、[図形]、[線] のいずれかから選んでタップします。
テキスト ボックスやオブジェクトを削除する
  1. Android 搭載のスマートフォンやタブレットで Google スライド アプリを使用してプレゼンテーションを開きます。
  2. オブジェクトをタップします。
  3. 表示されたメニューでその他アイコン その他 をタップします。
  4. [削除] をタップします。

スライド上のオブジェクトの配置を変更する

オブジェクトを移動する
  1. Android 搭載のスマートフォンやタブレットで Google スライド アプリを使用してプレゼンテーションを開きます。
  2. 移動するオブジェクトをタップします。
  3. オブジェクトを新しい場所にドラッグします。
オブジェクトのサイズを変更する
  1. Android 搭載のスマートフォンやタブレットで Google スライド アプリを使用してプレゼンテーションを開きます。
  2. サイズを変更するオブジェクトをタップします。
  3. オブジェクトの周囲に表示される青い正方形をタップしてドラッグします。
オブジェクトを回転する
  1. Android 搭載のスマートフォンやタブレットで Google スライド アプリを使用してプレゼンテーションを開きます。
  2. 回転するオブジェクトをタップします。
  3. オブジェクトの上部にある青い円形をタップしてドラッグします。
オブジェクトを並べ替える
  1. Android 搭載のスマートフォンやタブレットで Google スライド アプリを使用してプレゼンテーションを開きます。
  2. 並べ替えるオブジェクトをタップします。
  3. 表示されたメニューでその他アイコン その他 をタップします。
  4. 操作をタップして指定します。
    • 最前面へ: オブジェクトをその他のすべてのオブジェクトの前に配置します。このオブジェクトの一部が他のオブジェクトの下になることはありません。
    • 最背面へ: オブジェクトをその他のオブジェクトの後ろに配置します。このオブジェクトの一部が他のオブジェクトの下になることがあります。
複数のオブジェクトを選択する
  1. Android 搭載のスマートフォンやタブレットで Google スライド アプリを使用してプレゼンテーションを開きます。
  2. 上部のバーが青くなるまでオブジェクトを押し続けます。
  3. 他のオブジェクトをタップして選択します。

複数のオブジェクトを選択して移動するには、タップしてドラッグします。

複数のオブジェクトをグループ化する

複数のオブジェクトをグループ化すると、それらのオブジェクトを一度にまとめて処理することができます。

  1. Android 搭載のスマートフォンやタブレットで Google スライド アプリを使用してプレゼンテーションを開きます。
  2. 上部のバーが青くなるまでオブジェクトを押し続けます。
  3. まとめてグループ化する他のオブジェクトを選択します。
  4. グループ化アイコン グループ化 をタップします。オブジェクトのグループ化を解除するには、グループ化アイコン グループ化 をもう一度タップします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
35
false