検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

テキスト、図形、図、線を挿入して配置する

Google スライドでは、テキスト、図形、線などのオブジェクトをスライドに追加してプレゼンテーションの質を高めることができます。

スライドにテキストやオブジェクトを追加する

テキスト ボックスやオブジェクトを挿入する

  1. パソコンで Google スライドのプレゼンテーションを開きます。
  2. テキスト ボックスやオブジェクトを追加するスライドに移動します。
  3. 上部の [挿入] をクリックします。
  4. [テキスト ボックス]、[画像]、[図形]、[] など、何を追加するかをタップして指定します。
  5. 指定したオブジェクトがスライドに追加されます。オブジェクトの配置や形式を変更できます。
テキスト ボックスやオブジェクトを削除する
  1. パソコンで Google スライドのプレゼンテーションを開きます。
  2. 削除するテキスト ボックスまたはオブジェクトを選択します。
  3. 上部の [編集] をクリックします。
  4. [削除] をクリックします。
図を挿入する
  1. パソコンで Google スライドのプレゼンテーションを開きます。
  2. 図を追加するスライドに移動します。
  3. 上部の [挿入次へ [] をクリックします。
  4. 右側で、スタイル、階層数、テンプレートを選択します。
  5. 図がスライドに追加されます。追加した図は自由に変更することができます。

スライド上のオブジェクトの配置を変更する

オブジェクトの配置を変更する

  1. オブジェクトを選択します(複数のオブジェクトも選択可)。オブジェクトを複数選択するには、キーボードで Shift キーを押しながらオブジェクトを選択します。
  2. 上部の [配置] をクリックします。
  3. 次のいずれかの項目を選択します。
    • 順序: テキスト、他のオブジェクト、画像の前か後ろへオブジェクトを移動します。
    • 左右に配置または上下に配置: 複数のオブジェクトを選択した場合、オブジェクトの端をそろえて配置できます。
    • スライド中央に配置: スライドの上下または左右の中央にオブジェクトを配置できます。
    • 回転: オブジェクトの向きを変更できます。
    • 整列: 3 個以上の選択したオブジェクトを等間隔に配置できます。
    • グループ化: 複数のオブジェクトをグループにまとめて、一緒に移動したり形式を設定したりできます。

スライド上のオブジェクトの配置を自動で変更する

オブジェクトをクリックして好きな場所へドラッグすれば、スライド上のオブジェクトの配置を簡単に変更できます。オブジェクトの配置を変更するには、次の 2 つの方法があります。

  • 自動整列: ガイド: オブジェクトをドラッグすると、色付きの線が表示されます。表示される線はオブジェクトが配置される場所を示します。この設定はデフォルトでオンになっています。
  • 自動整列: グリッド: オブジェクトをドラッグすると、スライド上で非表示のグリッドに合わせて配置されます。この設定をオンにするには、[表示] 次へ [配置先] 次へ [グリッド] をクリックします。

 

このヘルプページを作成したドキュメントとドライブのエキスパートに、ページに関するフィードバックをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。