Google ドキュメントで AppSheet スマートチップを使用する

Google ドキュメントで AppSheet スマートチップを使用するには、以下の項目をご覧ください。

関連項目:

概要

アプリの作成者とユーザーは、AppSheet のスマートチップを使用して、アプリのカードベースのビューを Google ドキュメントに埋め込むことができます。アプリへのアクセス権を持つ Google ドキュメント ユーザーは、サポートされているアプリビューを表示して、Google ドキュメント内から直接アクションをトリガーしてデータを更新できます。

AppSheet スマートチップを使用するには、まず AppSheet for Google Docs アドオンをインストールする必要があります。

次の図は、アプリの URL を貼り付けてスマートチップとして表示された AppSheet アプリを示しています。スマートチップには、アイコンと、アプリの内容を示す短いタイトルまたは説明が表示されます。ユーザーがスマートチップにカーソルを合わせると、Google Workspace のカード フレームワークを使用してアプリが表示されます。

AppSheet スマートチップを挿入してアプリを操作する方法を示すアニメーション

AppSheet スマートチップを使用する際には、AppSheet のポリシーとアクセス権限が適用されます。Workspace 統合でサポートされている機能の概要をご覧ください。

Google ドキュメントで AppSheet スマートチップを使用するには、次の操作を行います。

  1. Google Workspace Marketplace から AppSheet アドオンをインストールします。
  2. (省略可)AppSheet スマートチップの名前をカスタマイズします。
  3. Workspace ユーザーまたはドメインとアプリを共有します。
  4. AppSheet スマートチップを Google ドキュメントに挿入します。
  5. AppSheet アプリを表示、操作します。

AppSheet for Google Docs アドオンをインストールする

AppSheet スマートチップを Google ドキュメントに挿入するには、あなたか Workspace 管理者が事前に AppSheet for Google Docs アドオンをインストールしておく必要があります。

AppSheet for Google Docs アドオンをすでにインストール済みの場合は、再インストールする必要はありません。AppSheet スマートチップ機能はデフォルトで利用可能です。

アドオンをインストールできない場合は、管理者にお問い合わせください。

AppSheet アドオンをインストールするには、次の手順で操作します。

  1. [拡張機能] > [アドオン] > [アドオンを取得] に移動します。
  2. AppSheet for Google Docs を検索し、見つかったらそのカードをクリックします。
  3. [インストール] をクリックします。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

AppSheet スマートチップの名前をカスタマイズする

ビューを設定するときに、[Display] セクションでアプリビューの [Display Name] の設定を変更することで、AppSheet スマートチップの名前をカスタマイズします。

AppSheet スマートチップのデフォルト名は、詳細ビューでは関連付けられているテーブルの [ラベル] 列に設定されている名前、その他のビュータイプではアプリビュー名になります。

アプリビューの [Display name] 設定

アプリを共有する

AppSheet でアプリを共有すると、Workspace ユーザーおよびドメインでアクセスできるようになります。共有: 基本情報をご覧ください。

こうすると、あなたが追加したアプリのコンテンツを、Google ドキュメントの共同編集者に見てもらうことができます。表示できない場合はエラー メッセージが表示されます。スマートチップのトラブルシューティングをご覧ください。

: 公開アクセスはサポートされていません。アプリへのログインが必須です。

AppSheet スマートチップを Google ドキュメントに挿入する

次のうちいずれかの方法で、AppSheet スマートチップを Google ドキュメントに挿入できます。

アプリビューの URL を使用する

アプリのユーザーが AppSheet アプリの URL をドキュメントに入力するか貼り付けると、Google ドキュメントでリンクをスマートチップに置換するよう求めるメッセージが表示されます。スマートチップには、アイコンと、アプリの内容を示す短いタイトルまたは説明が表示されます。ユーザーがチップにカーソルを合わせると、アプリに関する詳細情報をプレビューするカードのインターフェースが表示され、サポートされている機能を Google ドキュメント内から直接操作できます。

アプリビューの URL を使用して AppSheet スマートチップを Google ドキュメントに挿入するには、次の手順で操作します。

  1. 以下の手順に沿って AppSheet アプリビューの URL をコピーします。

    1. スマートチップとして挿入するアプリをブラウザで開きます。
    2. アプリの目的のビューに移動し、ブラウザの URL を右クリックし、[コピー] を選択してアプリビューの URL をコピーします。

      詳細ビューの場合は、URL に row パラメータを含めてください。スマートチップに詳細ビューを表示する際に必須です。


      ブラウザでアプリビューの URL をコピーする
  2. (省略可)AppSheet スマートチップの名前をカスタマイズします。
  3. アプリへのアクセス権がある同じ Google Workspace アカウントを使用して Google ドキュメントにログインします。
  4. Google ドキュメントを開きます。
  5. ドキュメントで、AppSheet アプリビューの URL(コピーしておいたもの)を目的の場所に貼り付けます。次に例を示します。

    ドキュメントに URL を貼り付けてタブの使用に関するメッセージを確認する
  6. Tab キーを押して AppSheet スマートチップを挿入します。次に例を示します。

    ドキュメントに挿入されたスマートチップ
  7. スマートチップにカーソルを合わせるかクリックすると、AppSheet アプリビューを表示、操作できます。

スマートチップの @ メニューを使用する

スマートチップの @ メニューを使用して、アプリビューをカード インターフェースとして埋め込み、ユーザーがサポートされている機能を Google ドキュメント内から直接操作できるようにします。たとえば、AppSheet フォームを埋め込んでユーザー入力をキャプチャしたり、デッキビューを埋め込んでアプリの詳細を表示したりできます。

スマートチップの @ メニューを使用して AppSheet スマートチップを Google ドキュメントに挿入するには、次の手順で操作します。

  1. (省略可)AppSheet スマートチップの名前をカスタマイズします。
  2. アプリへのアクセス権がある同じ Workspace アカウントを使用して、Google ドキュメントにログインします。
  3. Google ドキュメントを開きます。
  4. ドキュメントに @ を入力し、[Integrations] の下から AppSheet アプリのフォームビューを挿入する場合は [Open form]、デッキビューを挿入する場合は [Open deck] を選択します。

    Smart chips @ menu with Open form and Open deck
     
    AppSheet for Google Docs アドオンから、Google アカウントへのアクセスを承認することを求めるメッセージが表示される場合があります。
    選択したタイプ(フォームまたはデッキ)のアプリビューを含むアプリの一覧が表示されます。表示されるアプリは最大 25 個ですが、検索フォームを使用して、選択したタイプのアプリビューを含むアプリを検索できます。
  5. 挿入するフォームビューまたはデッキビューの [Select] ボタンをクリックします。

    List of apps that have app view
     
  6. [App view] プルダウンからアプリビューを選択し、[Open] をクリックします。

    Select app view and click Open

    アプリビューがドキュメントに挿入されます。


     
  7. AppSheet アプリビューを表示、操作します。

AppSheet アプリを使用して表示、操作する

以下のことを確認してください。
  • AppSheet と Google ドキュメントに同じ Workspace アカウントでログインしている。
  • Workspace アカウントにアプリへのアクセス権がある。

挿入した AppSheet アプリビューは、アプリと同様に表示、操作できます。

次の例では [Inspections] デッキビューが表示されています。[Details] をクリックすると、任意の検査の詳細ビューを Google ドキュメント内で直接開くことができます。

ドキュメントに表示されているスマートチップとアプリ

 
現時点では、フォームビューを使用した検査などのデータの追加や編集は、スマートチップの @ メニューを使用する場合にのみサポートされています。サポートされている機能をご確認ください。
AppSheet アプリビューがまだスマートチップでサポートされていない場合は、次のように、アプリをブラウザで開くオプションがユーザーに対して表示されます。


スマートチップ: Open in App

AppSheet スマートチップのトラブルシューティング

アプリを使用する権限がない場合は、[Failed to load] というメッセージがチップのラベルとして表示されます。

スマートチップの [Failed to load] エラー

以下のことを確認してください。

  • AppSheet と Google ドキュメントに同じ Workspace アカウントでログインしている。
  • Workspace アカウントにアプリへのアクセス権がある。

エラーを修正してから、[Refresh] をクリックしてスマートチップを更新します。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー