ISBETWEEN

指定した値が他の 2 つの値の範囲内にあるかどうかを確認します(両端の値を含むかどうかを選択可能)。

ISBETWEEN 関数の引数

ISBETWEEN(比較する値, 最小値, 最大値, 最小値を含む, 最大値を含む)

引数

説明

比較する値

'最小値' と '最大値' の範囲内にあるかどうかを確認する値です。

最小値

’比較する値' が含まれる可能性のある値の範囲の下限を指定します。

最大値

’比較する値' が含まれる可能性のある値の範囲の上限を指定します。

最小値を含む [省略可]

値の範囲に '最小値' を含めるかどうかを指定します(デフォルトは TRUE)。

最大値を含む [省略可]

値の範囲に '最大値' を含めるかどうかを指定します(デフォルトは TRUE)。

 

以下は例の簡単な説明です。必要に応じて、以下の表に行や列を追加してください。

 

数式

出力

=ISBETWEEN(7.9, 1.2, 12.45)

TRUE

=ISBETWEEN(1.2, 1.2, 12.45, TRUE)

TRUE

=ISBETWEEN(1.2, 1.2, 12.45, FALSE)

FALSE

=ISBETWEEN(12.45, 1.2, 12.45, TRUE, TRUE)

TRUE

=ISBETWEEN(12.45, 1.2, 12.45, TRUE, FALSE)

FALSE

=ISBETWEEN(7.9, 1.2, 12.45, FALSE, FALSE)

TRUE

 

関連する関数

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。