コネクテッド シートでアクセス権の委任を使用する

重要: コネクテッド シートでアクセス権の委任を使用できるのは、以下の場合のみです。

管理者に連絡して、管理コンソールからアクセス権の委任を有効にするよう依頼してください。

アクセス権の委任を使用すると、次のようになります。

  • コネクテッド シートを作成するユーザーは、基になるデータソースに対する後続のすべてのクエリで、自身のアカウントの認証情報を使用できます(シートの他のユーザーによってクエリがトリガーされる場合でも同様です)。
  • 共同編集者は、基になるデータソースへのアクセス権がない場合でも、データ分析を行うことができます。データソースへのアクセス権がないユーザーがデータ分析を行いたい場合や、コネクテッド シートから取得したデータを更新したい場合に、これが役に立ちます。
  • アクセス権の委任を使用してクエリを実行する場合は、通常の BigQuery 料金が適用されます。

アクセス権を委任するユーザーとクエリを実行するユーザーの両方が BigQuery のログに表示されます。コネクテッド シートで監査ログを使用する方法の詳細をご覧ください。

アクセス権の委任には次の制限事項があります。

  • Apps Script と Sheets API によってアクセス権の委任を有効にすることはできません。
  • アクセス権の委任を使用してスケジュール設定された更新を設定することはできません。
  • リンクを通じて誰でもアクセスできるスプレッドシート内でアクセス権の委任を使用することはできません。

アクセス権の委任を有効または無効にする

コネクテッド シートに対するアクセス権の委任は、接続を設定する際に有効または無効にできます。後で有効 / 無効にする場合は、[接続設定] にアクセスしてください。

新規に接続する場合:

  1. シートの上部で、[データ] 次に [データコネクタ] 次に [BigQuery に接続] をクリックします。
  2. クラウド プロジェクト、データセット、テーブルまたはビューを選択します。
  3. [続行] をクリックします。

    ヒント: クラウド プロジェクトを選択したら、カスタムクエリを作成できます。

  4. アクセス権の委任を有効にするには、[アクセス権の委任] で [許可] をクリックします。
    • アクセス権の委任を無効にするには、[許可しない] をクリックします。
  5. [接続] をクリックします。

既存の接続の場合:

  1. プレビュー シートの右上で、接続設定アイコン 設定 をクリックします。
  2. [アクセス権の委任] で [許可] をクリックします。
  3. [接続] をクリックします。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
1789600323619348095
true