引用と文献情報を追加する

Google ドキュメントでは、以下のスタイルで引用と文献情報を追加できます。

  • MLA(第 8 版)
  • APA(第 7 版)
  • シカゴ、著者 - 日付(第 17 版)

重要: 引用ツールはすべての言語で使用できますが、引用ツールによってドキュメント上に生成される要素は、現在のところ英語のみとなります。 
例:

  • 引用ツールで入力した書籍名は、入力した言語で表示されます。
  • 引用ツールで生成される「文献情報」の見出しや「編集者」などの要素は、Google ドキュメントの言語に関係なく英語で表示されます。

自動生成された要素は、ドキュメントに挿入してから別の言語に翻訳できます。

引用と文献情報は次の手順で追加できます。
  1. Google ドキュメントでドキュメントを開き、[ツール] 次に [引用] をクリックします。
  2. サイドバーで、[MLA]、[APA]、[シカゴ(著者 - 日付)] のいずれかの書式スタイルを選択します。

引用元とその詳細を追加する

  1. [引用] サイドバーでスタイルを選択し、[引用元を追加] をクリックします。
  2. 引用元の種類を選択します。
  3. 引用元へのアクセス方法を選択します。
  4. 各項目に引用元の情報を入力します。
    • 推奨項目には青いアスタリスクが付いています。
    • 複数の寄与者を追加するには、[+ 寄与者] をクリックします。
    • 寄与者が会社などの組織かどうかを示すことができます。
  5. [引用元を追加] をクリックします。

文中に引用を挿入する

  1. ドキュメントのテキスト内で、引用を挿入する場所にカーソルを置きます。
    [引用] サイドバーで、引用するソースにカーソルを合わせます。
  2. 引用元の左側に [引用] ボタンが表示されます。
  3. [引用] をクリックします。
    ドキュメントのテキスト内に、選択したスタイルで引用元が表示されます。
  4. ドキュメントのテキスト内に「#」が表示された場合は、# を削除するか、引用のページ番号に置き換えてください。

引用元を編集する

  1. [引用] サイドバーで、編集する引用元にカーソルを合わせます。
    引用元の横にメニューボタン その他 が表示されます。
  2. メニュー ボタン その他 次に [編集] をクリックします。
  3. 各項目の引用元情報を編集します。
    推奨項目には青いアスタリスクが付いています。
  4. サイドバーの下部にある [引用元を保存] をクリックします。

引用元を削除する

  1. [引用] サイドバーで、削除する引用元にカーソルを合わせます。
    引用元の横にメニューボタン その他 が表示されます。
  2. Click メニュー ボタン その他  次に [削除] をクリックします。

文献情報を挿入する

  1. ドキュメント内の文献情報を挿入する場所にカーソルを置きます。
  2. [引用] サイドバーの下部にある [文献情報を挿入] をクリックします。
    選択したスタイルで文献情報が表示されます。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
35
false