概要

DoubleClick の広告主向けサービスと Google アナリティクス 360 スイートが「Google マーケティング プラットフォーム」という 1 つのブランドとして統合されました。Google マーケティング プラットフォームのリリースの一環として、DoubleClick Bid Manager は「ディスプレイ&ビデオ 360」という名称に変わりました。

ディスプレイ&ビデオ 360は、クリエイティブ、データ、メディアの各チームが連携して包括的なキャンペーンを実施できる統合ツールです。

ご利用の Bid Manager アカウントは、2018 年 7 月 24 日をもってディスプレイ&ビデオ 360 アカウントに自動的に変更されています。

すでに発表しておりますとおり、DoubleClick の広告主向けサービスと Google アナリティクス 360 スイートは「Google マーケティング プラットフォーム」という 1 つのブランドに統合されます。Google マーケティング プラットフォームに含まれる各サービスを使って、デジタル メディアやカスタマー エクスペリエンスのプランニングから購入、測定、最適化まで、あらゆる作業を 1 か所で行うことができます。詳細

この一環として「ディスプレイ&ビデオ 360」を発表します。ディスプレイ&ビデオ 360 は、クリエイティブ、データ、メディアの各チームが連携して包括的なキャンペーンを実施できる統合ツールです。

2018 年 7 月 24 日をもって、DoubleClick Bid Manager は「ディスプレイ&ビデオ 360」となりました。ディスプレイ&ビデオ 360 の詳細とアカウントの変更点については以下をご覧ください。

ディスプレイ&ビデオ 360 について

ディスプレイ&ビデオ 360 は、DoubleClick Bid Manager、キャンペーン マネージャー、スタジオ、オーディエンス センターを進化させて統合したものです。キャンペーンのプランニングからクリエイティブのデザインと管理、オーディエンス データの整理と活用、広告枠の検索と購入、キャンペーンの測定と最適化までをこの 1 つのツールで行うことができます。

ディスプレイ&ビデオ 360 には次のような特長があります。

  • チーム間の連携: メディア、クリエイティブ、データ、アナリティクスの各チーム間でキャンペーン データと分析情報を共有し、分野を越えて共同作業できます。
  • 透明性と管理性の向上: すべてのキャンペーンについて、予算の消化状況や広告の掲載場所を正確に把握できます。
  • 迅速で的確な分析情報: サービス全体に組み込まれたインテリジェンス機能により、入札や最適化といった作業を自動化できます。また、分析情報や最適化案が自動的に表示されるため、目標の達成に向けて迅速に対応できます。

ディスプレイ&ビデオ 360 は、主に 5 つの統合モジュール(キャンペーン、オーディエンス、クリエイティブ、広告枠、分析情報)で構成されており、各モジュールが連携することでキャンペーン管理プロセスの効率化を実現しています。

ここでは、今後数週間以内に公開予定のディスプレイ&ビデオ 360 全体の概要について説明します。Google では、今後も順次機能を追加していく予定です。

キャンペーン

キャンペーン モジュールでは、クロスチャネルのメディアプランを作成し、実行できます。また、キャンペーン、広告申込情報、広告掲載オーダーの作成、最適化、監視についても、ここでこれまでどおり行っていただけます。

新しいビューでは、キャンペーンのすべての要素を整理しやすくなっています。たとえば、広告掲載オーダー、広告申込情報、およびクリエイティブの統合ビューを使って、QA チェックを簡単に行うことができます。

オーディエンス

オーディエンス モジュールでは、オーディエンスをキャンペーンと一緒に管理できます。

オーディエンスの作成と管理に役立つ次の新機能をご利用いただけます。

  • オーディエンス プロフィールの分析。利用可能なすべての自社データ、第三者データ、および Google データに基づいてオーディエンスの構成を把握し、複数のデータセットを組み合わせて新しいオーディエンスを作成できます。
  • アクティビティに基づくオーディエンス作成ツール。ディスプレイ&ビデオ 360 でのキャンペーンのアクティビティを基にオーディエンスを作成できます。
  • オーディエンスに基づくフリークエンシー キャップ。すべてのルックバック ウィンドウでの表示回数を基に、複数のオーディエンスを対象とするフリークエンシー キャップを設定できます。

クリエイティブ

クリエイティブ モジュールでは、クリエイティブ戦略をデータとメディアプランに結びつけます。クリエイティブ チーム全体がディスプレイ&ビデオ 360 内で作業できます。

クリエイティブの作成と管理に役立つ次の新機能をご利用いただけます。

  • 広告キャンバス。広告キャンバスのリアルタイム プレビューを使って、広告を視覚的にデザインできます。
  • フォーマット ギャラリー。革新的な新フォーマットを見つけたり、それらを広告キャンバスでテストしたり、Google Web Designer テンプレートでカスタム ソリューションを探したりできます。
  • データドリブン クリエイティブ。さまざまなオーディエンスを引き付けるメッセージのパターンを作成したり、クリエイティブ戦略を実行するためのルールを設定したりできます。

また、クリエイティブ モジュール向けの新しいユーザー役割を使用して、クリエイティブ チーム全体がディスプレイ&ビデオ 360 内で協力して作業できるようになります。

広告枠

広告枠モジュールでは、大手の放送局やサイト運営者(パブリッシャー)の質の高い広告枠を見つけて管理することができます。たとえば、マーケットプレイスで新たな商機を探したり、取引の交渉を行ったりできます。

分析情報

分析情報モジュールでは、必要なキャンペーンの指標データをすべて把握することができます。

ディスプレイ&ビデオ 360 全体のパフォーマンス分析と、その結果に基づく対応の際に役立つ次の新機能をご利用いただけます。

  • インスタント レポート。ディスプレイ&ビデオ 360 内のデータにすばやくアクセスできます。レポートの出力を待つ必要はありません。
  • レポートリスト ページの改善。検索機能が改善され、よりすばやくレポートにアクセスできるようになります。

また、データスタジオの新しいコネクタを活用して、ディスプレイ&ビデオ 360 の結果データを視覚化したり、共有したりすることもできます。

アカウント全体の機能

このほか、アカウント全体で次の機能をご利用いただけます。

  • Google マーケティング プラットフォームの機能: 新しい共通のサービス切り替えツールから、Google マーケティング プラットフォームの新機能(詳細)にアクセスできるようになります。
  • 概要ページ: このページから、よく使用する項目にすばやく移動できます。また、ディスプレイ&ビデオ 360 ユーザー アカウントの重要なアラートや最近表示した項目を確認できます。
  • インテリジェンス パネル。キャンペーンと広告掲載オーダーについて、掲載結果に関するアラートと最適化案を確認できます。

「ディスプレイ&ビデオ 360」リリースに伴う Bid Manager の変更について

アカウントにアクセスするための URL は displayvideo.google.com に変わりました。また、ヘルプセンターの URL は support.google.com/displayvideo に変わりました。この変更は自動的に行われており、Bid Manager とそのヘルプセンターの既存のすべてのリンクは新しい URL にリダイレクトされます。

DoubleClick ブランドに関連した、ディスプレイ&ビデオ 360 の重要なインフラ要素(Floodlight タグなど)に変更はありません。DoubleClick Bid Manager API にも現時点で変更はありません。広告配信、測定、アトリビューションの機能に影響はなく、引き続きご利用いただけます。

サービス名を含む指標やディメンションに関する詳細については、こちらの記事をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。