YouTube キャンペーン

YouTube とパートナーの広告申込情報のカテゴリ除外ターゲティング

YouTube 広告の安全性を確保するための Google の方針として、特定タイプのコンテンツについては、YouTube と Google の動画パートナー サイトで広告による収益化を行っていただくことはできません。テロ活動、ヌード、デリケートな時事問題など意見が分かれるコンテンツには、広告が表示されないよう除外設定が自動的に適用されます。選択したカテゴリ除外設定にかかわらず、広告主にとって適切でないコンテンツにはお客様の広告は表示されません。

コンテンツ カテゴリ、デジタル コンテンツ ラベル、その他のコンテンツ タイプを使ったカテゴリ除外設定(以下の説明をご覧ください)は、Google のポリシーに準拠しつつ、お客様のブランドやビジネスに適合しないコンテンツの種類を除外するための追加設定です。Google は最大限可能な範囲でコンテンツを除外しますが、該当するコンテンツがすべて除外されるとは保証できませんのでご了承ください。

カテゴリ除外設定

YouTube とパートナーの広告申込情報では、広告主または広告申込情報のどちらのレベルにおいても、次のカテゴリ除外を使用できます。

コンテンツ カテゴリ

コンテンツ カテゴリを使用すると、お客様の YouTube 広告を表示する広告枠を細かく設定できます。具体的には、お客様のブランドやキャンペーンのメッセージにそぐわないデリケートなコンテンツ カテゴリを除外することが可能です。どのオプションを選択した場合も、意見が分かれるコンテンツには広告が表示されないよう除外設定が自動適用されます。

選択できるカテゴリは次の 3 つのうちいずれかです。各カテゴリに含まれるコンテンツ タイプと除外されるコンテンツ タイプについては、以下をご覧ください

  • 拡張カテゴリ: Google の収益化基準を満たしている YouTube と動画パートナーのすべての広告枠に広告を表示します。広告掲載が可能なあらゆる動画を活用したいブランドにおすすめです。こうした動画には、コメディやドキュメンタリーの文脈での著しく下品な言葉遣いや、ビデオゲームでの過度の暴力を含む動画も含まれます。
  • 標準カテゴリ(広告申込情報のデフォルト): すべての広告申込情報ではデフォルトでこのカテゴリが使用されます。人気のミュージック ビデオ、ドキュメンタリー、映画の予告編など、ほとんどのブランドに適した幅広いコンテンツに広告を表示します。広告の配信が可能なコンテンツは、YouTube の広告掲載に適したコンテンツのガイドラインに基づき、下品な言葉使いの程度や頻度、デリケートな時事問題など内容の妥当性を考慮して決定されます。著しく下品な言葉使い、露骨な性描写、過激な暴力が繰り返されるようなコンテンツには、広告は表示されません。
  • 制限されるカテゴリ: 不適切な言葉や性的描写に関して、YouTube の広告掲載に適したコンテンツのガイドラインよりさらに厳しいガイドラインを設けているブランド向けに、限定された範囲のコンテンツに広告を表示します。このカテゴリでアクセスできるのは、(特に不適切な言葉や性的描写に関する)厳しい基準を満たしている動画のみとなります。たとえば、YouTube や Google の動画パートナー サイトで配信される YouTube の人気のミュージック ビデオやポップ カルチャー関連のコンテンツは、広告の配信先から除外されます。

コンテンツ カテゴリの詳細

YouTube 広告の安全性を確保するための Google の方針

選択したコンテンツ カテゴリ設定に関係なく、次のタイプのコンテンツは広告の配信先から自動的に除外されます。

動画コンテンツ 拡張カテゴリ 標準カテゴリ 制限されるカテゴリ
タイトルまたはサムネイル画像に下品な言葉使いが含まれている、あるいは下品な言葉使いが繰り返し、または全体を通して使用されているコンテンツ 除外される 除外される 除外される
サムネイルに含まれる性的コンテンツ(完全なヌード、露出した乳首、動物の交尾、性的虐待など) 除外される 除外される 除外される

薬物の乱用、購入、製造、販売、発見を含むコンテンツ
 
除外される 除外される 除外される
テロリズムや戦争、死、惨事などのデリケートな時事問題を取り扱っているコンテンツ 除外される 除外される 除外される

冒とく

動画コンテンツ 拡張カテゴリ 標準カテゴリ 制限されるカテゴリ
軽度の下品な言葉使いが使用されているが、悪意がないものであるか、ユーモアの範囲内、あるいは芸術的な意味合いで使用されているコンテンツ 含まれる 含まれる 含まれる
度を越さない程度の下品な言葉使いが、悪意がないものであるか、ユーモアの範囲内、あるいは芸術的な意味合いで使用されているコンテンツ、あるいは下品な言葉使いが繰り返し使用されているミュージック ビデオ 含まれる 含まれる 除外される
コメディー、ドキュメンタリー、ニュース、教育的な内容において、動画の冒頭または全体で、下品な言葉使いが使用されているコンテンツ 含まれる 除外される 除外される

性的なコンテンツ

動画コンテンツ 拡張カテゴリ 標準カテゴリ 制限されるカテゴリ
性的でない設定での恋愛、キス、部分的なヌードを含むコンテンツ、あるいは恋愛関係や性に関する一般的なディスカッションを含むコンテンツ 含まれる 含まれる 含まれる
性的な設定での部分的なヌード、官能的なダンス、または過度ではない性的内容を暗示する行為が含まれているコンテンツ、あるいは性的コンテンツを含むミュージック ビデオ 含まれる 含まれる 除外される
ぼかしを入れたヌード、性的な身体の部位へ焦点を合わせたもの、テーマとして性交に焦点を合わせたもの、性行為に関するディスカッション、性行為をほのめかす、または表示するコンテンツ、あるいは成人向けおもちゃや器具(身体との接触やヌードが表示されない)が含まれているコンテンツ 含まれる 除外される 除外される

暴力

動画コンテンツ 拡張カテゴリ 標準カテゴリ 制限されるカテゴリ
軽度の暴力やけがは含まれているが、血や生々しいシーンは表示されていないコンテンツ 含まれる 含まれる 含まれる
ビデオゲーム、コメディー、またはミュージック ビデオにおける暴力的で生々しいコンテンツ 含まれる 含まれる 含まれる
ビデオゲーム、動物に対する暴力行為、またはアニメーションで流血、内臓の描写、過度の暴力に焦点を当てているコンテンツ、大きなけがを負うスポーツ、事故、いたずら、ハプニングが含まれているコンテンツ、身体改造や医療処置で出血を伴うシーンを見せるコンテンツ 含まれる 除外される 除外される

薬物

動画コンテンツ 拡張カテゴリ 標準カテゴリ 制限されるカテゴリ
薬物使用を美化したり助長したりしないユーモアを交えた言及、教育的内容、音楽、あるいは発言を含むコンテンツ 含まれる 含まれる 含まれる
音楽、コメディー、ニュース、教育、ドキュメンタリーなどの文脈で薬物の消費、製造、または流通を含むコンテンツ 含まれる 除外される 除外される

中傷的な表現

動画コンテンツ 拡張カテゴリ 標準カテゴリ 制限されるカテゴリ
特定の人種、宗教、性別などに属するグループに対する偏見、侮辱、悪意のある表現と判断される可能性のある言葉を含むニュース、ドキュメンタリー、教育のコンテンツ 含まれる 除外される 除外される

デジタル コンテンツ ラベル

デジタル コンテンツ ラベルには、一般のオーディエンスに適したコンテンツを表す「DL-G」から、成人のオーディエンスにのみ適したコンテンツを表す「DL-MA」までの階層があります。最もブランド保護レベルが高いのは「DL-G」です。詳しくは、ディスプレイ&ビデオ 360 のデジタル コンテンツ ラベルについての記事をご覧ください。

その他のコンテンツ タイプ

特定のコンテンツ タイプを広告の配信先から除外することができます。お客様のニーズに合わないコンテンツや、ターゲット ユーザーがアクセスすることがないカテゴリのコンテンツを除外したい場合は、この指定が役立ちます。

  • 埋め込み YouTube 動画: サイト運営者がディスプレイ ネットワークで見つけ、自らのサイトで公開している動画。
  • ライブ ストリーミング動画: インターネット経由で配信されるライブイベントの動画。

広告主レベルのカテゴリ除外と広告申込情報レベルのカテゴリ除外

広告主レベルのカテゴリ除外を使用すると、ディスプレイ&ビデオ 360 の広告主すべてで YouTube とパートナーの広告申込情報に適用する除外を設定できます。つまり、広告主レベルでコンテンツ カテゴリ、デジタル コンテンツ ラベル、その他のコンテンツ タイプを選択して、すべての YouTube とパートナーの広告申込情報に自動的に適用することが可能です。

コンテンツ カテゴリに関しては次のようになります。

  • ディスプレイ&ビデオ 360 の広告主は、デフォルトで「拡張カテゴリ」に設定されます。この場合、広告申込情報レベルではすべてのコンテンツ カテゴリ オプションから選択できます。
  • YouTube とパートナーの広告申込情報は、デフォルトで「標準カテゴリ」に設定されます。

広告主レベルでコンテンツ カテゴリを選択した後でも、個々の広告申込情報でより制限の厳しいカテゴリを選択できます。ただし、より制限の緩いカテゴリは選択できません。

例:

  • 広告主レベルのカテゴリが「制限されるカテゴリ」の場合は、すべての YouTube とパートナーの広告申込情報で「制限されるカテゴリ」を使用する必要があります。
  • 広告主レベルのカテゴリが「標準カテゴリ」の場合は、個々の YouTube とパートナーの広告申込情報で「標準カテゴリ」または「制限されるカテゴリ」を使用できます。
  • 広告主レベルのカテゴリが「拡張カテゴリ」の場合は、個々の YouTube とパートナーの広告申込情報で「拡張カテゴリ」、「標準カテゴリ」、「制限されるカテゴリ」を使用できます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。