ターゲティングを設定する

購買意向の強いユーザーのターゲティング

ディスプレイ&ビデオ 360 のインタレスト カテゴリ マーケティング

購買意向の強いユーザーのターゲティングは、インタレスト カテゴリ マーケティングとも呼ばれ、広告主が認知度を高めたいときや、特定の種類の商品やサービスの購入を検討している人々(購買意向の強いオーディエンス)に自社製品をアピールしたいときに役立ちます。

ディスプレイ&ビデオ 360 では、購買意向の強いユーザーのリストを無料で利用できます。オーディエンス ターゲティングにこのリストを追加すると、ウェブページの閲覧中に特定の種類の商品の購入に関心を示したユーザーにリーチすることができます。

ディスプレイ&ビデオ 360 で利用できる購買意向の強いユーザーのリスト

購買意向の強いユーザーについて、次の上位カテゴリを利用できます。

  • アパレル、アクセサリ
  • 自動車、車両(部品、修理)
  • ベビー、子供用品
  • 美容グッズ、サービス
  • ビジネス サービス
  • パソコン、周辺機器
  • 家電
  • 一般消費者向けソフトウェア
  • 出会い、交流サービス
  • 教育
  • 雇用
  • 金融サービス
  • ギフト、行事
  • 家庭、園芸
  • 不動産
  • スポーツ、フィットネス
  • 通信
  • 旅行

上記の各カテゴリにはさらに詳細なサブカテゴリがあり、サブカテゴリをターゲットに設定することもできます。

インタレスト カテゴリ ターゲティングが適しているケース

購買意向の強いユーザーのリストは多くの広告主に役立ちます。たとえば、広告主が次のことに関心を持っている場合は、このリストを活用できます。

  • 掲載結果: 近く商品やサービスを購入することを前向きに検討している見込み顧客や、アイテムについて納得のゆく提案があれば大いに購入したいと考えている見込み顧客に広告を表示するには、このリストを使用できます。
  • 目標到達プロセスの中期段階のマーケティング: 商品を購入する可能性が高いもののブランドまでは考えていない可能性がある人々に広告主のメッセージを伝えるには、このリストを使用できます。
  • リマーケティング: 既存の自社リストに登録している以外のユーザーにも広告を表示して総コンバージョン数を増やしたい場合は、このリストを使用できます。

購買意向の強いユーザーをターゲットに設定する

  1. 広告申込情報または広告掲載オーダーを開き、[ターゲティング] 次に [オーディエンス リスト] に移動します。

  2. [アフィニティ カテゴリと購買意向の強いユーザー] タブで、名前に「ディスプレイ&ビデオ 360」と「購買意向の強いユーザー」が含まれるリストを探します。これがディスプレイ&ビデオ 360 の購買意向の強いユーザーのリストに該当します。

  3. ターゲットに設定するリストを選択して、[適用] をクリックします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。