ターゲティングを設定する

広告枠ソース ターゲティング

広告枠ソースとは、購入可能なインプレッションを広告申込情報に提供するエクスチェンジまたは非公開取引のことです。不明または許可されていない広告枠とは、ターゲット設定が可能な広告枠ソースに分類されない広告枠のことです。

特定の広告枠ソースからインプレッションを購入または除外するには、広告申込情報について広告枠ソース ターゲティングを設定する必要があります。広告枠ソース ターゲティングを設定していない場合、広告申込情報は、それ以降にディスプレイ&ビデオ 360 アカウントに追加されるエクスチェンジや非公開取引など、使用可能なすべての広告枠ソースに入札されます。

詳しくは、ディスプレイ&ビデオ 360 のサポート対象のエクスチェンジをご覧ください。

公開広告枠をターゲットに設定する

公開オークションまたはサブエクスチェンジの広告枠をターゲットに設定するには、[公開広告枠] タブをクリックします。公開オークションはエクスチェンジの広告枠全体を表します。

サブエクスチェンジとは、ディスプレイ&ビデオ 360 でのエクスチェンジ広告枠の分類です。サブエクスチェンジを使うと、広告枠のターゲティングやレポート作成が容易になります。

非公開取引をターゲットに設定する

非公開取引(「直接取引」と呼ばれることもあります)が広告主に対して設定されている場合、広告枠ソース ターゲティング ページの [非公開取引] タブで広告申込情報を特定の非公開取引にターゲティングできます。

また、Google アド マネージャーで広告主に対して設定された非公開取引は、自動的に広告主の非公開取引に追加されます。

自動取引をターゲットに設定する

自動ターゲティングが有効な優先取引とプライベート オークションをターゲティングするには、[自動取引] タブをクリックします。

  • [公開広告枠] タブでエクスチェンジ全体をターゲティングする際、同じエクスチェンジのすべての自動取引をターゲティングするかどうかを確認するメッセージが表示されます。
  • エクスチェンジの現在の自動取引をすべてターゲティングする場合は、そのエクスチェンジに追加される新しい自動取引もターゲティングされます。

トラブルシューティング

新しい自動取引をターゲティングするには、現在のすべての自動取引をターゲティングする必要があります。自動取引をターゲティングしない場合や、一部の自動取引のみをターゲティングする場合、新しい自動取引はターゲティングされません。

[自動取引] タブでエクスチェンジを選択すると、概要にそのエクスチェンジ名+自動取引と表示されます。

 

よくある質問

[公開取引] でエクスチェンジ全体を除外した場合、そのエクスチェンジで行う非公開取引もブロックされますか?
  • いいえ。公開広告枠の管理は、非公開取引とは完全に切り分けられています。
取引の CPM 最低額やレート、掲載期間などを確認することはできますか?
  • 場合によります。こうしたデータは、個々の取引を設定するときにディスプレイ&ビデオ 360 に入力されますが、ディスプレイ&ビデオ 360 に取引を追加するときにその取引に関する情報が入手できないこともあります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。