広告でのライブ ストリーミング

ライブ ストリーミングは広告主様が管理する YouTube チャンネルで開催します。この場合、広告主様はエンコード サービス会社に依頼して、ライブ ストリームの設定、テスト、監視を行う必要があります。この広告フォーマットでは、広告主様がご自身でライブ ストリームを配信することは認められません。業務を依頼するエンコード サービス会社は、ライブ ストリーミングの実施前に YouTube によるトレーニングを受講済みの会社であればどこでもかまいません。広告主様はライブ ストリーミングのテストに先立って、エンコード サービス会社にチャンネルへのアクセス権を与える必要があります。対象の YouTube チャンネルの Google+ ページに管理者を追加して、YouTube チャンネルへのアクセスを許可する方法については、こちらの記事をご覧ください。

ライブ ストリームの技術要件

  • ライブイベントの設定方法をご確認ください。
  • ライブ ストリーミングのエンコードの設定とビットレートについては、こちらをご覧ください。
  • どの広告フォーマット(マストヘッド広告、ライトボックス広告、ガジェット)でも、他では使われていない固有の動画 ID が必要です。
  • また、この広告フォーマット以外の個々のアクティビティ(YouTube チャンネルや、一般的な埋め込みメディアや有料メディア)でも、別の動画 ID を使うことをおすすめします。
  • イベントの 36 時間前からは、メタデータとサムネイルを変更しないでください。
  • VPAID は YouTube では使用できません。

エンコード サービス会社は、実際に使用する動画 ID の設定と配信が可能になったら、すぐに下記の情報を登録してください。これらの入稿素材と設定は、ストリームで使用するすべての動画 ID について事前に準備しておく必要があります。

必須の入稿素材

  詳細
動画のタイトルとメタデータ 動画のタイトル(最大 120 文字)。
動画のタグ(タグ領域全体で最大 500 文字)。
動画の説明(最大 1,000 文字)。
イベントの 36 時間前からは、メタデータを変更しないでください。
開始 / 終了時刻 ライブイベントの開始時刻と終了時刻です。
一般公開や限定公開のイベントでは、開始時刻までカウントダウンが表示されます。
開始 / 終了時刻を設定しても、ライブ ストリームが自動的に開始 / 停止されることはありません(時刻は単なる情報です)。
プレーヤー サムネイル 最適な画質のための推奨サイズは 1280×720 ピクセルです。
最大ファイルサイズは 2MB です。
イベント名と日時を含めます。
イベントの 36 時間前からは、サムネイルを変更しないでください。

必須の設定

  詳細と要件
動画のプライバシー設定 広告フォーマットで使用する動画は、限定公開にする必要があります。
YouTube チャンネルや一般の埋め込みに使用する動画は、一般公開にする必要があります。
DVR(DVR 対応) 広告フォーマットで使用する動画 ID ではこの設定を無効(チェックボックスをオフ)にして、設定が完了したらエンコード サービス会社に確認してもらう必要があります。
埋め込み許可 広告フォーマットで使用する動画 ID ではこの設定を有効(チェックボックスをオン)にして、設定が完了したらエンコード サービス会社に確認してもらう必要があります。

オプションの入稿素材

  詳細
ライブ ストリームのスレート(さまざまなライブ ストリーミング ステージのための画像) 推奨アスペクト比 16:9(1920×1080)。
対応ファイルの種類は、事前にエンコード サービス会社が宣言する必要があります。
「イベントは XX:XX に始まります」というテキストを表示した 1 つの画像。
「放送は終了しました」というテキストを表示した 1 つの画像。
「技術的な問題が発生しています。しばらくお待ちください。」というテキストを記載した 1 つの画像。
広告主様が放送中に表示を希望するその他のスレート。
トレーラー動画 YouTube チャンネルなどで、イベントを事前に宣伝する際に使用できます。

オプションの設定

下記の設定は、広告主様のニーズがある場合にエンコード サービス会社が設定します。

設定 詳細と推奨事項
コメントを許可 ストリーミングの最中にコメントを流すことを好まない広告主様も存在します。
カテゴリ ストリームに合ったカテゴリを選択してください。
InVideo チャンネルや動画紹介ツールでイベントの最中に宣伝 そのチャンネルで流す、一般的な埋め込み用の動画を 1 つ設定することをおすすめします。
自分のチャンネル ページで宣伝 そのチャンネルで流す、一般的な埋め込み用の動画を 1 つ設定することをおすすめします。
録画 イベント終了後、録画した動画は非公開に設定する必要があります。
広告主様がコンテンツの配信権限だけをお持ちで、コンテンツのコピーを保存できない場合は、ストリームの配信が終了した時点でイベントを非公開に設定してください。
この動画の評価をユーザーが確認可能  
動画の統計情報 - 動画再生ページの動画の統計情報を一般に公開  
放送の遅延  

その他の推奨事項

  • YouTube チャンネルでライブ ストリーミング イベントを宣伝する方法をご確認ください。この資料は、エンコード サービス会社と広告主様のソーシャル メディア管理者の双方にご覧いただく必要があります。
  • 360° 動画をお使いになる場合は、こちらの設定手順とエンコーダ設定をご確認ください。