検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

TrueView インストリーム広告

TrueView インストリーム広告の機能

TrueView インストリーム広告は、YouTube で配信される動画のほか、Google ディスプレイ ネットワーク上のサイトやアプリに掲載されます。また、YouTube 以外のサイトやアプリに埋め込まれた YouTube 動画にも配信されます。Android と iOS の YouTube アプリ、m.youtube.com(iPad や Android で視聴した場合)、インターネット テレビにも掲載されます。

この動画広告は再生開始から 5 秒が経過すると、ユーザーが視聴をスキップできるようになります。ユーザーが、動画広告をスキップせずに 30 秒以上か最後まで(いずれか早い方まで)視聴するか、その動画広告を操作すると、そのいずれかが最初に発生した時点でその YouTube 動画の視聴回数が 1 回追加されます。動画広告の操作には、クリックしてウェブサイトにアクセスすることや、Call-to-Action(CTA)オーバーレイ、カード、コンパニオン バナーをクリックすることなどが含まれます。YouTube 動画の視聴回数を重視される場合は、動画の長さを 12 秒以上にすることをおすすめします。YouTube アナリティクスでは、10 秒未満の視聴をトラッキングしませんのでご注意ください。

TrueView インストリーム広告は AdWords で作成できます。

VPAID は YouTube では使用できません。

アセットの概要

  必須 / オプション TrueView オークション
広告の掲載場所 なし YouTube 動画
ディスプレイ ネットワークのパートナー サイトやアプリの動画
YouTube 動画の URL 必須 動画を YouTube にアップロードしておく必要あり
コンパニオン オプション(YouTube または Google ディスプレイ ネットワーク)
  • 300×60 JPG、静止 GIF、PNG
  • 300×250(Google ディスプレイ ネットワークのみで使用可能)
  • 仕様の詳細
  • コンパニオン広告の指定がない場合、YouTube には 300×250 のビデオウォールが表示される
  • 150 KB(スキップ不可の動画広告の場合は最大 50 KB)
表示 URL 必須 AdWords 管理画面で入力が必要(公開される動画にドメインが表示されます)
最終ページ URL 必須 リンク先として、ご自身のウェブサイトか YouTube の動画やチャンネルを指定可能

YouTube の動画設定

動画の要件: YouTube にアップロードする(動画の URL を送る)
動画の埋め込みを許可する
公開または限定公開にする
実際のストリーミングは許可されない
動画の長さの下限: 視聴回数としてカウントされるためには 12 秒(推奨)
動画の長さの上限: 3 分未満(推奨)

アップロード前におすすめの方法に基づいて YouTube の推奨事項どおりに動画のサイズを変更しておくと、YouTube で再生したときにきれいに見えます。

動画のアップロード使用できるファイル形式動画の最適化についても、YouTube ヘルプページをご覧ください。

ブラウザでの表示や検索結果への表示を希望しない(公開したくない)動画は、広告に使用しないよう、動画リストから除外できます。

動画広告の設定

ファイル形式: AVI、ASF、QuickTime、Windows Media、MP4、MPEG 形式
      推奨動画コーデックは H.264、MPEG-2、または MPEG-4
      推奨オーディオ コーデックは MP3 または AAC
解像度: 640×360(16:9)または 480×360(4:3)を推奨
フレームレート: 30 fps
アスペクト比: レターボックス表示しない、そのままのアスペクト比(4:3、16:9 など)
最大ファイルサイズ: 1 GB
クリックスルー: サードパーティ クリック リダイレクトまたはクリック コマンドを使用できます。

レポートの指標と第三者によるトラッキング

YouTube 動画コンテンツ内でのトラッキング

オプションとして、第三者のトラッキング ピクセルを含めることができます。ただし、第三者配信に関する要件を満たしている場合に限ります。また、次の要件も満たす必要があります。

  • インプレッションには 1×1 のトラッキング ピクセルを使用します。
  • すべてのトラッキング ピクセルと、デイジー チェーンによってピクセル内で呼び出される第四者呼び出しは、SSL 準拠である必要があります。
  • 1×1 の画像ピクセルはインプレッション、ビュー、およびスキップのイベントには使用できますが、ミッドポイントや完了のイベントには使用できません。
  • イベントあたり 1 つの 1×1 画像ピクセルしか許可されていないので、1 つのイベントに複数のベンダーのトラッキングを含めるには、クライアントまたは代理店がピクセルをピギーバッグ接続するか、デイジー チェーン接続する必要があります。JavaScript は許可されていません。

コンパニオン バナー広告(オプション)

コンパニオン広告をご提供いただいていない場合でも、他の広告主の広告がプレロールの隣に表示されることはありません。動画の表示回数とコンパニオン バナーの表示回数を比較するときは、インストリーム広告が配信されているすべての YouTube ページでコンパニオン バナー広告が配信されるわけではないことにご留意ください。

コンパニオン バナーは、ユーザーが Google TV またはブラウザの YouTube Leanback で動画を再生している場合のインストリーム広告には表示されません。


Call-to-Action(CTA)オーバーレイ

CTA オーバーレイは TrueView インストリーム広告と、Google AdWords で予約購入されたインストリーム広告で利用できます。

cta_desktop cta_mobile

アセットの概要

  • 見出しのテキスト: 1 行で半角 25 文字、全角 12 文字以内(一部の端末では、この文字数を超える部分は省略されます)
  • 表示 URL: オーバーレイでユーザーに表示される URL
  • リンク先 URL: オーバーレイのリンク先 URL、外部サイトへのリンクまたはリダイレクトを使用
  • サムネイル:
    • サムネイルは YouTube でホストされていること
    • JPG または GIF のみ
    • 74×74 ピクセル

CTA オーバーレイの機能

CTA オーバーレイは動画再生が始まるとすぐに表示され、15 秒が経過すると折りたたまれてサムネイル画像として表示されます。PC ブラウザでは、このサムネイル画像にカーソルを合わせると CTA オーバーレイが展開されます。また、モバイル ブラウザでは、サムネイル画像か矢印をクリックするとオーバーレイが展開されます。

展開された状態の CTA 折りたたまれた状態の CTA
cta_expanded cta_collapsed

詳しくは、CTA オーバーレイの説明をご覧ください。