PARSE_DATE

文字列を日付に変換します。

使用例

PARSE_DATE("%x", DateText)

構文

PARSE_DATE(format_string, text)

パラメータ

format_string - この関数でサポートされる形式設定要素のリストについては、DATE でサポートされる形式設定要素をご覧ください。

text - 日付のテキスト表現。

戻り値のデータタイプ

日付

この例では、DateText がテキストの日付を含むフィールドです。PARSE_DATE を正しい format_string で適用すると、[日付] 値になります。

DateTimeText 数式 結果
25/12/08
PARSE_DATETIME("%d/%m/%Y", DateTime)
2008-12-25

PARSE_DATETIME を使用する場合は、次の点に留意してください。

  • 指定されていないフィールド。指定されていないフィールドはすべて、1970-01-01 から初期設定されます。
  • 大文字と小文字の区別がない名前。Monday や February などの名前は、大文字と小文字が区別されません。
  • 空白文字。形式設定文字列内の 1 つ以上の連続する空白文字は、日付文字列内の 0 個以上の連続する空白文字と同じです。また、日付文字列内の先頭および末尾の空白文字は、それらが形式設定文字列内にない場合でも常に許可されます。
  • 形式設定の優先度。2 つ(またはそれ以上)の形式設定要素が重複する情報を持つ場合(たとえば、%F%Y の両方が年に影響を及ぼす場合など)、一般に、最後に指定した内容によって、前に指定した内容がオーバーライドされます。
この関数では形式設定要素がサポートされています。ただし、%Q、%a、%A、%g、%G、%j、%u、%U、%V、%w、%W は完全にはサポートされていません。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。