DATETIME_SUB

指定した期間を日付から減算します。

使用例

DATETIME_SUB(注文日, INTERVAL 1 WEEK)

構文

DATETIME_SUB(datetime_expression, INTERVAL integer part)

パラメータ

  • datetime_expression - [日付] または [日付と時刻] フィールドまたは式。
  • integer - 減算するパーツの数値を表す整数フィールドまたは式。
  • part - 減算する時間の測定値単位。DATETIME_ADD では、part として次の値がサポートされています。
    • MICROSECOND: [日付と時刻] フィールドまたは式で使用できます。
    • MILLISECOND: [日付と時刻] フィールドまたは式で使用できます。
    • SECOND: [日付と時刻] フィールドまたは式で使用できます。
    • MINUTE: [日付と時刻] フィールドまたは式で使用できます。
    • HOUR: [日付と時刻] フィールドまたは式で使用できます。
    • DAY
    • WEEK。7 DAY と等価です。
    • MONTH
    • QUARTER
    • YEAR

戻り値のデータタイプ

日付と時刻

数式 結果
DATETIME_SUB(DATETIME "2008-12-25 15:30:00", INTERVAL 10 MINUTE) 2008-12-25 15:20:00
DATETIME_SUB(DATE "2008-12-25", INTERVAL 5 DAY)
2008-12-20

この関数は、互換モードの日付タイプでは使用できません。

日付が月の最後の日である(または最後の日に近い)場合、MONTH、QUARTER、YEAR のパーツには特別な処理が必要です。結果の月の日数が元の [日付] または [日付と時刻] の日付よりも少ない場合、結果の日付はその新しい月の最終日になります。

関連資料

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。