データポータルで条件付き書式ルールを使用する

論理条件に基づいてデータに色を付けます。

データに基づいて、グラフで使用するフォントと背景の色を設定できます。たとえば、表内で「サマーセール」キャンペーンに該当する行全体を緑色のフォントで表示したり、クリック数が 100 回未満の場合に、スコアカードの背景を赤色で表示したりできます。

条件付き書式のデモ

この記事の内容:

単一色の条件付き書式

単一色の条件付き書式では、データに特定のフォントの色と背景の色を適用します。単一色の条件には、次が含まれます。

  • ディメンション
  • 指標
  • AND/OR 論理演算を使用する複数の条件

表で単一色の書式を使用する

  1. レポートを編集します。
  2. 表を選択します。
  3. 画面右側で [スタイル] をクリックします。
  4. 上部の [条件付き書式] セクションで、[+ 追加] をクリックします。
  5. [色のタイプ] で [単一色] を選択します。
  6. [書式ルール] で以下の比較オプションを選択します。
    • ディメンション: ディメンションの値と比較します。
    • 指標: 指標の値と比較します。
    • 任意の項目を選択: グラフ内の任意の値と比較します(以下を参照)。
  7. 比較条件を定義します。
    • たとえば、「次の値を含む」、「次の値に等しい」、「空」などがあります。
  8. 値を入力します。
    • 指標については、グラフ内のリテラル値などの指標と比較します。
    • たとえば、[サマーセール] や [予想売上額] などです。
  9. 書式ルールが満たされたときに適用するを指定します。
  10. [保存] をクリックします。

ピボット テーブルで単一色の書式を使用する

ピボット テーブルでは単一色の書式のみがサポートされます。

  1. レポートを編集します。
  2. ピボット テーブルを選択します。
  3. 画面右側で [スタイル] をクリックします。
  4. 上部の [条件付き書式] セクションで、[+ 追加] をクリックします。
  5. [書式ルール] で以下の比較オプションを選択します。
    • 行: 行ディメンションの値と比較します。
    • 列: 列のディメンション値と比較します。
    • 指標: 指標の値と比較します。
    • 任意の項目を選択: グラフ内の任意の値と比較します(以下を参照)。
  6. 比較条件を定義します。
    • たとえば、「次の値を含む」、「次の値に等しい」、「空」、「次の値より大きい」などがあります。
  7. 値を入力します。
    • 指標については、グラフ内のリテラル値などの指標と比較します。
  8. 書式ルールが満たされたときに適用するを指定します。
  9. [保存] をクリックします。

スコアカードで単一色の書式を使用する

  1. レポートを編集します。
  2. スコアカードを選択します。
  3. 画面右側で [スタイル] をクリックします。
  4. 上部の [条件付き書式] セクションで、[+ 追加] をクリックします。
  5. [色のタイプ] で [単一色] を選択します。
  6. [書式ルール] では [] オプションが選択されているため、変更できません。このオプションでは、書式ルールのベースとして現在のスコアカード指標が自動的に使用されます。
  7. 比較条件を定義します。
    • たとえば、「次の値に等しい」、「が真(TRUE)」、「次の値より大きい」などがあります。
  8. 値を入力します。
  9. 書式ルールが満たされたときに適用するを指定します。
  10. [保存] をクリックします。

任意の項目を選択する

[任意の項目を選択] オプションを使用すると、グラフ内の任意の項目に基づいて、単一色の書式ルールを定義できます。

[任意の項目を選択] が表示されている書式ルール

  1. 任意の項目を選択します。

カラースケールの条件付き書式

カラースケール条件を使うと、1 つの指標を、そのパーセンテージまたは絶対数値に照らして評価できます。

表またはピボット テーブルでカラースケール書式を使用する

  1. レポートを編集します。
  2. 表またはピボット テーブルを選択します。
  3. 画面右側で [スタイル] をクリックします。
  4. 上部の [条件付き書式] セクションで、[+ 追加] をクリックします。
  5. [色のタイプ] で [カラースケール] を選択します。
  6. [以下に基づいた形式] で、グラフ内の項目を選択します。カラースケールの基準として選択できるのは、1 つの指標のみです。
  7. 書式を設定するグラフの部分を選択します。
    1. 表の場合、個々のフィールドまたは行全体に書式を設定できます。
    2. ピボット テーブルの場合、グラフ内の 1 つの指標にのみ書式を設定できます。
  8. 書式ルールが満たされたときに適用するを指定します。
  9. [保存] をクリックします。

カラースケールの条件付き書式のデモ。

スコアカードでカラースケール書式を使用する

  1. レポートを編集します。
  2. スコアカードを選択します。
  3. 画面右側で [スタイル] をクリックします。
  4. 上部の [条件付き書式] セクションで、[+ 追加] をクリックします。
  5. [色のタイプ] で [カラースケール] を選択します。
  6. [書式ルール] では [] オプションが選択されているため、変更できません。このオプションでは、書式ルールのベースとして現在のスコアカード指標が自動的に使用されます。
  7. 書式ルールが満たされたときに適用するを指定します。
  8. [保存] をクリックします。

複合書式のルール

条件付き書式ルールには、OR または AND 論理演算を使用して複数の条件を含めることができます。

例:

条件付き書式 OR ルールの例
参照元が「(direct)」、またはセッションが 2000 回以上の場合、いずれかの条件に合う行の書式を設定します。

条件付き書式 AND ルールの例

参照元が「(direct)」、およびセッションが 2000 回以上の場合、両方の条件に合う行の書式を設定します。

最大 5 個の AND 句を設定でき、それぞれの句には最大 5 個の OR 条件を設定できます。

書式ルールの順序

書式ルールを指定する順序は重要な意味を持ち、グラフに複数のルールを設定した場合は降順で評価され、最後に一致した一連のルールが適用されます。たとえば、表に 3 つのルールがあるとします。

  • ルール 1 では、フォントの色と背景色の両方を設定します。
  • ルール 2 ではフォントの色を設定します。
  • ルール 3 では背景色を設定します。

3 つのルールがすべて true の場合、ルール 2 のフォントの色とルール 3 の背景色が設定され、ルール 1 は以下のように無視されます。

ルールの順序の例 1

左側のドラッグバーを使用してルールの順序を変更できます。ルール 3 を表の一番上に移動すると、以下のようになります。

ルールの順序の例 2

この例では、ルール 1 の背景色が後に続くルールとともに表に適用されます。

書式を適用できるもの

条件付き書式は、グラフの以下の部分に適用できます。

行全体に書式を適用する

[行全体] を選択すると、表内で、条件に一致するすべての行に選択した色が適用されます。

特定の項目に書式を適用する

表内の特定の項目に書式を適用するには、メニューからその項目を選択します。

[任意の項目を選択] が使用されているスコアカードや表の場合、[セル] と表示され、これが唯一の選択肢となります。

色とスタイルの例

ドリルダウンのディメンションとオプションの指標

ドリルダウンのディメンションとオプションの指標に書式ルールを適用できます。ただし、ルールが有効になるのは、これらの項目がグラフまたは表に表示されている場合のみです。

色を選択する方法

この記事の冒頭で述べたように、単一色またはカラースケールを使ってグラフの書式を設定することができます。

単一色

カラー選択ツールを使って、各条件のターゲット値に対してフォントの色と背景の色を選択します。右側にサンプルが表示されます。

カラースケール

データポイントによって、カラースケールの最小値、中間値、最大値が決まります。デフォルトでは、新しいカラースケールで、3 つのデータポイントがパーセンテージに基づいてプリセット色(赤、黄、緑)で定義されます。絶対数に基づいてスケールを設定し、データポイントごとに異なる色を選択できます。

最小 2 つ、最大 5 つのデータポイントを指定できます。

  • データポイントをさらに追加するには、既存のデータポイントにカーソルを合わせて追加アイコン 追加アイコン をクリックします。
  • データポイントを削除するには、削除するデータポイントにカーソルを合わせて削除アイコン 削除 をクリックします。

カラースケールの作成。

現在のテーマに基づいてプリセット色を使用する

カラースケール プレビューの右にある下矢印をクリックして、プリセットのカラースケールを選択します。これらのプリセット スケールはレポートのテーマに基づいているため、レポートの視覚的な一貫性を保つのに役立ちます。最下部の 2 つのカラースケールは、視覚障がいのあるユーザー向けに最適化されています。
プリセットのカラースケール。
 

カラースケールを反転させる

最小値と最大値の色の順序を入れ替えるには、[カラースケールを反転させる 最終ページから印刷] をクリックします。

書式ルール、パーセンテージ、数値精度

数値を比較するルールを作成するときは、グラフに表示される値ではなく、実際のデータ値を使用してください。たとえば、「51.2% より大きい値」を選択する書式ルールを作成する場合は、次のように小数値を使用します。
 
直帰率 > .512
 
同様に、グラフに表示される数値は、切り上げまたは切り捨てられる可能性があります。必要な桁数でルールを作成し、実際のデータ値が正確に照合されるようにしてください。たとえば、実際のデータ値が「.5119」の場合、グラフに(小数第 3 位にまるめて)「.512」と表示されるとしても、「直帰率 = .512」というルールは適用されません。
指標の数値精度は、グラフの [スタイル] タブで調整できます。

条件付き書式ルールを編集、削除する

  1. レポートを編集します。
  2. ルールを編集するグラフを選択します。
  3. 画面右側で [スタイル] をクリックします。
  4. 上部の [条件付き書式] で、編集アイコン 編集 をクリックします。次に、変更するルールで編集アイコン 編集 または削除アイコン 削除 をクリックします。

条件付き書式ルールをコピーする

条件付き書式ルールをコピーするには 2 つの方法があります。

  • 既存の書式ルールを使用して新しいグラフを作成する場合は、目的の条件付き書式が適用されているグラフをコピーして貼り付けます。
  • 既存のグラフに、別のグラフの条件付き書式を適用するには、目的の条件付き書式が適用されているグラフをコピーし、[編集] > [特殊貼り付け] > [スタイルのみ貼り付け] を選択します。

条件付き書式の制約

  • 現在、単一色の条件付き書式は表、ピボット テーブル、スコアカードで使用できます。
  • 現在、カラースケールの条件付き書式は表とスコアカードで使用できます。
  • 展開 / 折りたたみを使用するピボット テーブルで条件付き書式を使用できるのは、ルールが [任意値] に基づく場合に限られます。
  • ピボット テーブル内のディメンションベースの複合条件では、各 OR 条件で同じ項目を使用する必要があります。
  • 現在のところ、書式ルールで使用できるのは、グラフに含まれている項目のみです。
  • 1 つのグラフにつき、最大 20 件の書式ルールを設定できます。
  • グラフのビジュアリゼーションの種類を切り替える(たとえば、表をスコアカードへ切り替える、ピボット テーブルを表に切り替えるなど)には、グラフの種類とルールで使用される項目に応じて、条件付き書式ルールの更新が必要な場合があります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。