データソース間でコントロールを使用する

フィルタ オプションを複数のデータソースと組み合わせた場合のレポートの動作を解説します。

単一のデータソースに基づくレポートでは、コントロールの設定内容は、レポート内のすべてのグラフとコントロールに適用されます。データソースを複数持つレポートの場合、コントロールの動作はデータソースによって異なります。

一般に、コントロールの設定内容を、別のデータソースに基づくグラフに適用するためには、双方のデータソースの内部構造(スキーマ)が共通している必要があります。つまり、以下の条件を満たしていればデータソースをまたいだフィルタ適用が可能と言えます。

a)双方のデータソースが同じコネクタで作成されており、かつ

b)双方のデータソースが固定的なスキーマを持ち、事前定義されたフィールドのセットを含む

たとえば、Google アナリティクスの「国」ディメンションに基づくコントロールは、ページ内で Google アナリティクスのデータソースを使用しているすべてのコンポーネントに適用されます(接続先のビューが互いに異なっていても問題になりません)。これは、アナリティクスのデータソースは共通のフィールド セットを持っているためです。ただし、アナリティクスのオプション機能(拡張 e コマースなど)を使用すると独自の(アナリティクスの全データソースに共通ではない)フィールドが追加されるため、その機能を使用していないプロパティやビューに基づくコントロールとは互換性がなくなる可能性があります。

基盤にしているデータソースの種類が異なるコンポーネントに対しては、たとえ見かけ上のフィールド名が共通でも、基本的にはフィルタを適用できません。フィルタ処理は、データソース内に表示されているフィールド名ではなく、内部的なフィールド ID をもとに行われているためです(なお、内部 ID はデータソースにフィールドを作成した時点で決まっており、後から編集することはできません)。

たとえば、同じレポート内で 3 種類のデータソースを使用しているとします。1 つは Google スプレッドシート、残り 2 つはアナリティクスのデータソースです。どのデータソースにも「国」という名前のフィールドがありますが、内部構造が共通しているのはアナリティクスのデータソース同士だけです。よって、アナリティクスのグラフのコントロールでは、両方のアナリティクス データソースの「国」ディメンションを使用できますが、フィルタ内容は Google スプレッドシートのグラフには適用されません。逆に、Google スプレッドシートのデータソースの「国」ディメンションに基づくコントロールは、Google スプレッドシートのグラフには適用されますが、アナリティクスのグラフには影響しません。

下の埋め込みレポートは、データソースをまたいだフィルタ処理で生じる制約を示したものです。

  • コントロールは、スキーマの異なるデータソースに基づくグラフには影響しません。
  • このレポートには、Google スプレッドシートのデータソース 1 つ(左側)と、アナリティクスのデータソース 2 つ(右側)が含まれています。
  • アナリティクス ベースのコントロール(右上)の設定内容は、アナリティクス ベースのグラフ(右下 2 つ)両方に適用されます。データソースのスキーマが共通しているためです。
  • Google スプレッドシート ベースのコントロール(左上)の設定内容は、Google スプレッドシート ベースのグラフ(左下)にしか適用されません。アナリティクスのデータソース(右側)とはスキーマが一致しないためです。
  • (ディメンションの内部的な名称は、Google スプレッドシートとアナリティクスとで異なります)
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
102097
false