クイック スタートガイド

データポータルの使用に関する基礎について学びます。

この記事では、データポータルを使ってスムーズに作業を進めるために役立つ、重要な 6 つの手順について説明します。

記事中の用語集のリンクは、その用語に関する詳細情報が提供するものです。リンクにカーソルを合わせると概要が表示されます。また、リンクをクリックすると詳しい定義が記載されたページに移動します。記事の終わりに、記事内で使用されている用語をまとめた表をつけています。
 
データポータルは柔軟なツールで、同じ結果を得られる方法が複数あることもよくあります。この記事で紹介するワークフローは、あくまで基本的な例の 1 つです。

1 レポートの作成から開始する

レポートは、データを視覚化し、インサイトを得て、そのインサイトを他者と共有するために役立ちます。

手順

データポータルにログインすると、[レポート] タブが選択された状態でホームページが表示されます。画面の中央には、アクセス可能なすべてのレポートが表示されています。プラスボタンをクリックすると、新しい空白のレポートを作成したり、あらかじめ用意されているレポート テンプレートを使用したりすることができます。

レポートを作成する

左上にある をクリックして、[レポート] を選択します。

すぐにレポート エディタが表示されます。レポート エディタでは、空白のキャンバスを使って、データ ストーリーを伝えるコンテンツを作成することができます。

2 データに接続する

データソースを使うと、データへの接続を管理し、レポートで使用するフィールドを設定することができます。グラフを追加する場合、事前に 1 つ以上のデータソースをレポートに追加する必要があります。その際は、A)既存のデータソースを追加する、または B)新しいデータソースを作成することができます。

A)サンプルのアナリティクス データと接続する

  1. 右側にあるリストから、[Sample] Google Analytics Data のデータソースを選択します。
  2. 次に [レポートに追加] をクリックします。

B)自身のデータと接続する

  1. データソース リストの下部にある [新しいデータソースを作成] をクリックします。
  2. このデータソースが提供するデータの種類(Google アナリティクスやスプレッドシートなど)を選択します。
  3. 承認を求めるメッセージが表示された場合は、[承認] をクリックして、データポータルによるデータへのアクセスを許可します。
  4. アカウントの詳細を入力し、右上の [接続] をクリックします。
  5. 間もなくすると、データソースのスキーマ(構造)が表示されます。左上にある [無題のデータソース] をクリックし、新しい名前を入力します。
  6. 右上にある [レポートに追加] をクリックします。
  7. 表示される確認メッセージで、[レポートに追加] を再度クリックします。

3 作成したレポートにコンポーネント(グラフやコントロール)を追加する

メニューとツールバーから、コンポーネントをレポート キャンバスに追加します。右側のプロパティ パネルから、選択した項目のデータやスタイルを設定することができます。

手順

  1. エディタの上部にあるツールバーで、[挿入] をクリックしてグラフを選択するか、ツールバーからグラフを選択します。
  2. 使用可能なグラフの中からいずれかを選択します。
  3. 必要に応じて、グラフの移動やサイズ変更を行います。
  4. プロパティ パネルのフィールドをクリックするか、プロパティ パネルの右側にある [使用可能な項目] パネルからフィールドをドラッグ&ドロップして、ディメンションや指標を追加または変更します。

4 作成したレポートを表示する

レポートが他の閲覧者にどのように表示されるかを確認します。

手順

表示モードでは、すべてのデータを表示し、レポートに配置したインタラクティブなコントロールを使ってデータを変更することができます。なお、表示モードではレポートの構造を変更することはできません。

表示モードと編集モードを切り替える

  1. 右上にある [プレビュー 表示] をクリックすると、表示モードに切り替わります。
  2. 編集モードに戻るには、[編集 編集] をクリックします。

5 作成したレポートを共有する

他の閲覧者とレポートを共有したり、他の編集者と共同作業したりすることができます。

手順

編集者がレポートを編集するには Google アカウントにログインする必要がありますが、閲覧者はログインする必要はありません。

レポートを共有する

  1. 右上にある アイコンをクリックします。
  2. レポートを共有するユーザーやグループを指定します。
  3. 詳細オプションを使って、作成したレポートに対する各アドレスのアクセス権を設定します。
レポートを共有しても、データソースは共有されません。閲覧者がレポート内のデータを表示できるかどうかは、データソースの認証情報によって決まります。
 
ただし、他のユーザーとレポートを共有して編集権限を付与すると、データソース自体が共有されていなくても、データソースのフィールドをグラフで使用することはできるようになります。

6 データソースを共有する

他のユーザーが、あなたのデータソースを利用して独自のレポートを作成できるよう、データソースを共有することができます。

手順

他のユーザーにレポートの表示や編集のみを許可する場合は、データソースを共有する必要はありません。

データソースを共有するには、レポートからではなく、[データソース] のホームページから直接アクセスする必要があります。データソースを表示または編集するには、Google アカウントにログインする必要があります。

データソースを共有する

  1. レポートの左上にあるロゴ をクリックして、データポータルのホームページに戻ります。
  2. 左側の [データソース] をクリックします。
  3. 手順 2 で選択したデータソースを探します。
  4. 右側にある、その他アイコン その他 をクリックします。
  5. [ 共有] をクリックします。
  6. データソースを共有するユーザーやグループを指定します。
  7. 詳細オプションを使って、作成したレポートに対する各アドレスのアクセス権を設定します。

データソースを共有する際、編集権限も付与する場合は注意が必要です。共有だけの場合は基となるデータへのアクセス権が付与されることはありませんが、データソースの編集権限を付与してそのデータが修正された場合、元のデータソースを使用するその他のグラフとの不整合が生じる可能性があります。データソースを共有する際、閲覧権限のみ付与するようにすると、データソースの構造が変更されることなく、ユーザーにレポートを作成してもらうことができます。

主な概念

以下に、この記事や本ヘルプセンターで使われている用語や概念をまとめて紹介します。

概念 内容
レポート

データから得られた情報やインサイトを閲覧者に示すことを目的としたコンポーネントの集まりが含まれる、データポータルのファイル。

レポートの詳細

コンポーネント

グラフ、インタラクティブな期間設定フィルタ オプションなど、データを表示するためにレポートに追加するウィジェット。データ コンポーネントはデータソースから情報を取得します。

レポートには、テキスト図形画像埋め込みコンテンツといったコンポーネントを使って注釈を追加することもできます。

コネクタ / データソース

データへの接続には、連携する 2 つのコンポーネントが関係します。

  • コネクタでは、基となるデータにデータポータルが接続されます。データに接続すると、データポータルにデータソースが作成されます。
  • データソースは、コネクタの特定のインスタンスを表します。たとえば、特定のアナリティクス ビュー、MySQL テーブル、Google スプレッドシートへの接続などが含まれます。データソースを使用すると、その接続インスタンスの作成に使用されるコネクタによって提供されるフィールドとオプションを設定できます。また、レポートの閲覧者が基となるデータに直接アクセスできない場合でも、情報やインサイトを安全に共有することが可能です。

詳しくは、データに接続するをご確認ください。

フィールド

データの列。

データポータルのフィールドには、次の 2 つの基本的な種類があります。

  • ディメンション: 測定対象やデータ分類の方法。
  • 指標: ディメンションに含まれるものを測定する数値。

レポートのフィールドの詳細

認証情報

データを確認できるユーザーを、データソースが決定するためのメカニズム。認証情報には、次の 2 つのオプションがあります。

  • オーナーの認証情報: データソース オーナーの認証情報を使って基になるデータへのアクセスを承認します。このオプションを選択すると、閲覧者はそのデータへのアクセス権を要求されることなく、このデータソースのデータを表示することができます。
  • 閲覧者の認証情報: このオプションを選択すると、データソースから提供されたデータを表示するためにデータへのアクセス権が必要になります。

データソースの認証情報についての詳細

表示モード / 編集モード
  • 編集モードでは、レポートの構造の編集や、データソースの変更、追加、削除を行うことができます。
    • レポートやデータソースを編集できるユーザーは、編集者と呼ばれます。
  • 表示モードでは、閲覧が許可されているすべてのデータを表示し、閲覧用のインタラクティブなコントロールを使用することができます。ただし、レポートの構造を変更することはできません。
    • レポートやデータソースを表示のみできるユーザーは、閲覧者と呼ばれます。
共有とファイルへのアクセス

レポートやデータソースの共有時に、他のユーザーがファイルにどのようにアクセスできるかを指定します。次のオプションがあります。

  • 編集者のアクセス権を持つユーザーは、ファイルに変更を加えることができます。
  • 閲覧者のアクセス権を持つユーザーは、ファイルを表示することはできますが、変更を加えることはできません。

詳しい共有設定を使用すると、ユーザーにデータのダウンロードやレポートの印刷など、ファイルへのアクセス権に関する他の項目の変更を許可することができます。

リンク共有オプションを使用すると、インターネット上でファイルを共有する範囲をさらに広げることができます。

共有の詳細

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。