ディスプレイ&ビデオ 360 に接続する

強力なデータ視覚化機能を使って、検索のインサイトを浮き彫りにします。

ディスプレイ&ビデオ 360 は、DoubleClick Bid Manager、キャンペーン マネージャー、スタジオ、オーディエンス センターを進化させて統合したものです。キャンペーンのプランニングからクリエイティブのデザインと管理、オーディエンス データの整理と活用、広告枠の検索と購入、キャンペーンの測定と最適化までをこの 1 つのツールで行うことができます。

データポータルでは、ディスプレイ&ビデオ 360 のデータを簡単に視覚化できます。

  • ガイドラインに応じてレポートのスタイルを設定、ブランド化します。
  • Google 広告やアナリティクスなど、他の複数のソースからのデータを含めることができる、情報量の多い魅力的なレポートを作成します。
  • データに直接アクセスできないユーザーとも簡単にインサイトを共有できます。
  • データが変更されてもデータポータルのレポートは最新の状態に保たれ、再実行やダウンロードの必要はありません。

 

ディスプレイ&ビデオ 360 への接続方法

現在、データポータルのデータソースは、単一のディスプレイ&ビデオ 360 パートナーに接続でき、パートナーごとに複数の広告主を選択することが可能です。

接続するには

  1. データポータルにログインします。 ログインすると、[レポート] ツールが選択された状態で [ホーム] ページが表示されます。
  2. 左側で [データソース] をクリックしてデータソースのページに移動します。
  3. 右下の 新しいレポートまたはデータソースを作成 をクリックします。
  4. ディスプレイ&ビデオ 360 コネクタを選択します。
  5. 接続するパートナーと広告主を選択します。
    複数のパートナーを選択できますが、その場合、データソースには選択した複数のパートナーのすべての広告主が含まれます。
  6. 右上の [接続] をクリックします。
    1. データソースのフィールド パネルが表示されます。
    2. データソースがデータセットに接続されました。

データソースを設定する

データソースのフィールド パネルで、フィールド名の変更や説明の追加、計算フィールドの追加、データの型と集約の変更など、データソースの設定を行うことができます。詳しくは、データソース フィールドの使い方に関する説明をご覧ください。

データを表示できるユーザーを管理する

フィールド パネルの右上では、データソースの認証情報を変更できます。認証情報を使って、このデータソースによって提供されるデータを表示できるユーザーを管理します。

オーナーの認証情報」を使用すると、データセットへのアクセス権のないユーザーでも、このデータセットを使用するレポートを表示したり作成したりすることができます。

閲覧者の認証情報」を使用すると、データソースの各ユーザーは、データセットにアクセスするために認証情報を提供する必要があります。

詳しくは、データソースの認証情報についての詳細をご覧ください。

データソースから新しいレポートを作成する

  1. 右上の [レポートを作成] をクリックします。
    1. レポート エディタが開きます。
  2. [レポートに追加] をクリックします。
    1. データソースがレポートに追加されます。
    2. グラフの作成と、データをデータソースから取得するためのデータ管理オプションの設定ができるようになります。

データポータルを初めてご利用の場合:

レポート作成のチュートリアル、またはレポート エディタに関する記事をご覧ください。

テンプレート レポートを使用する

すぐにご利用を開始するには、このテンプレート レポートをコピーして、ご自身のディスプレイ&ビデオ 360 データソースを追加します。こうすれば、完全に機能する魅力的なレポートを 1 分以内に作成できます。

次のサンプル レポートは英語でのみ提供されています。

ディスプレイ&ビデオ 360 のテンプレート レポート

ディスプレイ&ビデオ 360 コネクタの制限事項

データポータルで利用できるディメンションと指標は、ディスプレイ&ビデオ 360 のインスタント レポートで利用できるフィールドのサブセットです。

ディスプレイ&ビデオ 360 コネクタは、最大 2 年間のデータを返します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。