データの統合について

複数のソースの情報を統合して 1 つのグラフにまとめ、データを包括的に把握します。

デフォルトでは、データポータルのグラフは、単一のデータソースから情報を取得します。データの統合機能を使用すると、複数のデータソース(「統合データソース」と呼ばれる)に基づいてグラフを作成できます。たとえば、Google アナリティクスの 2 つのデータソースを統合すると、アプリとウェブサイトのパフォーマンスを 1 つのグラフで確認できます。

データを統合することにより、データ同士の関係を把握することができます。また、データポータルで直接、統合グラフを作成できるので、他のアプリケーションでデータを準備する必要がなくなり、時間と労力を節約できます。

クイック スタート リソース

デモ動画

データの統合機能を使ってみましょう

統合データのレポートの例

下のサンプル レポートをクリックすると、2 つのスプレッドシートからデータを結合する方法をご覧いただけます。

Screenshot of blending demonstration report.

現在、この情報は英語でのみご覧いただけます。

統合の仕組み

統合データソースは、1 つのデータソースのレコードを最大 4 つのデータソースのレコードに結合することによって作成されます。データを結合するには、すべてのデータソースに共通の一連のディメンションが 1 つ以上存在する必要があります。このディメンションを「結合キー」と呼びます。統合データソースには、[データの統合] パネルの一番左に表示されているデータソースのすべてのレコードと、それより右側に表示される、結合キーで同じ値を共有するデータソースのレコードが含まれます。

たとえば、下のスクリーンショットは、[データの統合] パネルに表示される「ウェブサイト A」、「ウェブサイト B」、および「モバイルアプリ A」の 3 つのデータソースを示しています。結合キーは、「参照元」ディメンションです。これらのデータソースを統合すると、「ウェブサイト A」のすべてのレコードと、「ウェブサイト A」と同じ「参照元」の値を共有する「ウェブサイト B」および「モバイルアプリ A」のレコードを含む統合データソースが作成されます。

3 つのデータソースを統合する場合の例

統合は左外部結合

データ サイエンスの用語では、このような統合を「左外部結合」と呼びます。「テーブル A」と「テーブル B」を左外部結合すると、「データソース A」のすべてのレコードと、「データソース B」内の同じキー値を共有するレコードが抽出され、結合されます。

下の図は、「データソース A」と「データソース B」の左外部結合を表したものです。統合データソースには、緑色の円の内側に存在するすべてのレコードが含まれます。

左外部結合のベン図

統合データソースはレポート専用

統合データソースはレポート上にのみ存在するものであるため、ホームページの [データソース] タブには表示されませんが、[リソース] > [混合データを管理] メニューから管理することができます。

統合すると元のデータよりも行数が多く返される場合がある

統合データソースには、[データの統合] パネルの一番左に表示されているデータソースのすべてのレコードと、それより右側に表示される、結合キーで同じ値を共有するデータソースのレコードが含まれます。結合条件に一致が複数ある場合、統合データには一番左のデータソースにあるよりも多くの行が表示される可能性があります。

複数のディメンションを使用する統合

データソースを統合する際には、複数のディメンションを結合キーとして使用することができます。この場合、各データソースは、同じディメンションのセットを共有している必要があります。次の例をご覧ください。

マルチキー結合の例

この統合では、「Sales Rep」の「Sales Rep ID」および「Region」に一致するレコードのみが「Store Orders」から抽出され、統合データソースに含められます。

同じデータソース同士の統合

データの統合機能では、あるデータソースをそのデータソース自身と統合することができます。その場合は、[データの統合] パネルで同じデータソースを複数回追加します。

たとえば、Google アナリティクス コネクタには「1 日のアクティブ ユーザー数」、「7 日間のアクティブ ユーザー数」、「28 日間のアクティブ ユーザー数」という指標がありますが、アナリティクスの制限により、グラフにはこれらの指標のうち 1 つしか追加することができません。しかし、同じアナリティクス データソース同士を統合すれば、アクティブ ユーザー数の指標をすべて統合データソースに含めて、1 つのグラフ上で比較することができます。

統合データソースに計算フィールドを作成する

データ統合設定に計算フィールドを作成するには、統合データソースを作成するか編集してから次を行います。

  1. 計算に使用するフィールドを作成するデータソースで、[ディメンションを追加] または [指標を追加] をクリックします。
  2. [フィールドを作成] をクリックします。
  3. エディタ ウィンドウに数式を入力して、[適用] をクリックします。

Steps to create a calculated field in a blended data source.

統合データソースに計算フィールドを作成すると、データソースの列が完全には適合していない(例: 日付の形式が異なっている、大文字アルファベットの使用方法が一致していない)場合に結合キーを設定する際に便利です。また、レポートが再利用可能なデータソースに基づいている場合に、そのデータソースにアクセスしなくても統合データソースで計算式を作成できるようになります。

統合データソースでの計算フィールド作成の制限

統合データソースの計算フィールドは、統合を構成している内部テーブルでのみ使用可能で、その内部テーブルのフィールドのみを参照できます。

同じ統合データソースでも他の計算フィールドに作成した計算フィールドは参照できません。

統合を使用してデータを再集計する

集計関数の結果を取得する計算フィールドは一般に再集計できません(集計は常に Auto です。これは変更できません)。データ統合を使用するなら、この問題を回避できます。詳細

統合データソースを管理する

レポートの統合データソースは、プロパティ パネルの [データ] タブにある [コンポーネント データソース] の下に表示されます。

[リソース] > [混合データを管理] メニューを使用すると、統合データソースのステータスを確認したり、データソースを削除したりすることができます。

統合データソースを削除すると、その統合データソースをベースとして作成されたグラフはすべて破棄されますが、元となる各データソースが削除されることはありません。また、レポートに追加されているデータソースもそのまま残ります。

データ統合の制限事項

統合データソースは、その統合データソースが作成されたレポートに属します。別のレポートで統合データソースを再利用する場合は、統合データを含むコンポーネントをコピーして、新しいレポートに貼り付けてください。

1 つのグラフで、最大 5 つのデータソースを統合することができます。

データの統合では現在、左外部結合の操作のみがサポートされています。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
102097
false