サンプル レポート

データポータルの各種機能の実際の動作を確認します。
サンプル レポート:

現在、この情報は英語でのみご覧いただけます。

レポート ユーザー

データポータルへようこそ(最初にご覧ください)

データポータルのレポートの閲覧、編集、作成について学ぶことができます。

レポートを表示

新規ユーザー

フィルタ オプションの例

フィルタ オプションのさまざまなスタイルを紹介するレポートです。Google スプレッドシートと Google アナリティクスの、2 つのソースからデータを取り込んでいます。レポートの上部にフィルタ オプションがあり、設定を変更して結果を確認できるようになっています。

レポートを表示

すべてのユーザー

データの色分けの例

2 種類あるデータの色分け方法を確認できるレポートです。

  • ディメンションの値に基づいて配色する。たとえば、「フランス」を常に赤色で表示できます。これが新規レポートのデフォルト設定になります。
  • ディメンションのデータの順序に基づいて配色する。たとえば、1 つ目のデータ系列を常に青色で表示できます。

レポートを表示

すべてのユーザー

レイアウト グリッドを使ったレポート デザイン

グリッドサイズを調整して統一感のあるレポートをデザインする方法を紹介します。

キャンバスのグリッドサイズの最小値は 10 ピクセルです。グリッドサイズは [グリッドの設定] で調整できます。グリッドサイズを大きくすると、グラフ、コントロール、その他のコンポーネントのレイアウトが容易になります。

このレポートには Google アナリティクスのデータ管理コンポーネントが含まれており、アナリティクスのデータを表示するレポートのテンプレートとして使用できます。

レポートを表示

すべてのユーザー

現在値の計算

現在値の計算を使うと、各データレコードの登録時点でのさまざまな集計値を算出し、データ全体に対するそのレコードの位置付けを把握するのに役立ちます。

レポートを表示

すべてのユーザー

「レポートレベルのコンポーネントの位置」について理解する

疑問:

レポートレベルのコンポーネントが表示されなくなってしまうのですが?

解決策:

[レポートレベルのコンポーネントの位置] を [上] に変更しましょう。

レポートを表示

すべてのユーザー

座標軸の逆転配置

座標型のグラフで X 軸および Y 軸の向きを切り替える方法を紹介したレポートです。

レポートを表示

すべてのユーザー

データの統合の例

データの統合機能を使用すると、複数のデータソースに基づいてグラフを作成できます。たとえば、Google アナリティクスの 2 つのデータソースを統合すると、アプリとウェブサイトのパフォーマンスを 1 つのグラフで確認できます。

レポートを表示

上級ユーザー

マップチャートで緯度経度と都市名を併記する

疑問:

マップチャートで、データを最大限の解像度で表示できるよう緯度経度の情報を使用しつつ、都市名も表示するには?

解決策:

計算フィールドを使って緯度経度の情報と都市名を結合します。: CONCAT(Lat Long , "(", City,")")

レポートを表示

上級ユーザー
上級ユーザー
上級ユーザー

ドリルダウン表の例

カスタム ブックマークを使えば、表内にドリルダウン型のフィールドを設けることができます。

データを「ドリルダウン」することで、広範囲で一般的な表示から、より詳細な表示に移行できます。

これはデータポータルのネイティブ機能ではありませんが、カスタム ブックマークと HYPERLINK 関数を組み合わせることで、簡単なドリルダウン動作を作成できます。詳細

レポートを表示

上級ユーザー
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
102097
false