Google Cloud Spanner に接続する

データポータルを Cloud Spanner データベースに接続します。

Cloud Spanner コネクタを使用すると、データポータル内で Google Cloud Spanner データベースのデータにアクセスできるようになります。Cloud Spanner は、グローバルに分散され、強整合性を備えた、エンタープライズ グレードのデータベース サービスです。リレーショナル データベースの構造と非リレーショナル データベースの水平スケーラビリティを兼ね備え、クラウドに特化した設計となっています。

Cloud Spanner は有料サービスです。料金の詳細

この記事の内容:

Google Cloud Spanner に接続する方法

データポータルのデータソースでは、Google 標準 SQL のクエリ構文を使用して Cloud Spanner データベースに接続します。

接続方法

  1. データポータルにログインします。
  2. 左上にある 作成 をクリックして、[データソース] を選択します。
  3. Cloud Spanner コネクタを選択します。
  4. 求められた場合は、データポータルにデータへのアクセスを許可します。
  5. 左側で、データベースへの接続を設定します。メールには次の情報を記載してください。
    1. プロジェクト ID
    2. インスタンス ID(インスタンス設定の一覧を取得する方法については、下記の備考をご覧ください)。
    3. データベース ID
  6. テキスト ボックスに SQL クエリを入力します。
  7. 右上の [接続] をクリックします。

すぐに、データソースのフィールド一覧ページが表示されます。右上にある [レポートを作成] または [探索] をクリックして、データの可視化を開始します。

備考

インスタンス設定の一覧取得

Cloud SDK コマンドライン ツールを使用すると、Cloud Spanner を操作できます。たとえば、次のコマンドは、プロジェクトで使用可能なリージョン インスタンスとマルチリージョン インスタンスの設定を一覧表示します。

gcloud spanner instance-configs list

リージョン設定ではデータが単一のリージョン内に分散され、マルチリージョン設定ではデータが地理的に複数のリージョンにわたって分散されます。詳しくは、インスタンスに関する記事をご覧ください。

データのタイプ

データポータルは、データベースのネイティブ データのタイプを、統合されたデータのタイプ一式にマッピングします。データポータルがサポートされていない表やクエリで列を検出すると、その列についてはフィールドが作成されません。

Cloud Spanner コネクタの制限事項

  • Cloud Spanner のレスポンス サイズは最大 10 MB です。その他の制限については、Cloud Spanner の制限に関するページをご覧ください。
  • 列見出し(フィールド名)には ASCII 文字のみを使用する必要があります。ASCII 以外の文字はサポートされていません。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
102097
false