別のユーザーを自分のレポートまたはデータソースのオーナーにする

データポータルのアセットを新しいオーナーに移行する方法
デフォルトでは、自分がデータポータルで作成したレポートとデータソースのオーナーは自分自身になります。Google アカウントを持っている別のユーザーにデータスタジオのアセットのオーナー権限を譲渡するには、共有ダイアログの [アクセスを管理する] を使用します。

オーナー権限を譲渡する前に

自分が所有しているアセットに限り、オーナー権限を譲渡できます。

オーナー権限を譲渡するには、まず新しいオーナーとファイルを共有する必要があります(共有していない場合、共有が可能なユーザーのリストに新しいオーナーの名前が表示されません)。

オーナー権限の譲渡は、自身のドメイン内でのみ行えます。Google Workspace ユーザーの場合は組織内の別のユーザーに、Google Workspace を利用していない標準ユーザーの場合は別の標準ユーザーに譲渡することになります。

オーナー権限の譲渡後

システムでの移行が完了するまで数分かかる場合があります。

オーナー権限の譲渡完了後:

  • 新しいオーナーによってアクセス権が削除されない限り、アセットは引き続き編集可能です。
  • オーナー権限の譲渡はできない(自分に戻すことも不可)ため、新しいオーナーのアドレスを正確に入力してください。

データソースを移行する

データソースのオーナー権限を譲渡しても、データの認証情報は維持されます。これにより、オーナーの認証情報が使用されているデータソースでは、譲渡前と同じようにレポートに引き続きデータが提供されます。新しいオーナーはデータソースに再接続することで、認証情報を変更して自身の認証情報を使用できます。

移行後は、手動で認証情報を取り消すことができます。新しいオーナーは、自身の認証情報を使用してデータにアクセスできるように、データソースに再接続する必要があります。

オーナー権限を変更する方法

  1. データポータルにログインします。
  2. View or edit the asset you want to share.
  3. In top the right, click 共有アイコン Share. The Share with others dialog appears.
You can only share a data source when you are editing directly, not when editing it from within a report.

To share from the Reports or Data sources home page, locate the asset you want to share, then on the right, click More その他のオプション。, then click 共有アイコン Share.

Sharing from the report or data source list.
  1. [アクセスを管理する] をクリックします。
  2. 新しいオーナーを選択して、右側のプルダウン メニューを開き、[オーナーにする] をクリックします。
  3. [はい] をクリックして、設定を確定します。

Google Workspace と Cloud Identity の管理者向け

ユーザーが組織を離れる場合、データポータルのレポートやデータソースを別のユーザーに譲渡することで、重要な情報に引き続きアクセスできるようにします。詳細

オーナー権限の譲渡に関する制限事項

ファイル アップロード データソースは移行できません。

データソースのコネクションを編集する

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。