レポートの設定を含むカスタム ブックマーク リンクを作成する

レポートの表示設定を URL 経由で保存します。

[レポート設定] では、閲覧者のフィルタ設定がレポートの URL に保存されるように設定できます。これにより、閲覧者は現在の設定をブックマークして、再び使用できます。さらに、ブックマーク リンクを使って複数選択フィルタのデフォルト値を設定することもできます。

この記事の内容:

フィルタ オプションを使用すると、レポートに表示されるデータを絞り込むことができます。デフォルトでは、閲覧者によるフィルタの変更は保持されないため、レポートを再読み込みすると、元のフィルタ設定にリセットされます。

レポートのカスタム ブックマーク リンクを有効にすると、閲覧者のフィルタ設定はパラメータとしてレポートの URL に追加されます。このリンクをブックマークすることで、閲覧者はいつでも自分がカスタマイズしたビューでデータを表示できます。

カスタム ブックマーク リンクを有効にする

レポートのカスタム ブックマーク リンクを有効にするには:

  1. データポータルにログインします。
  2. レポートを編集します。
  3. [ファイル] > [レポート設定] を選択します。
  4. [カスタム ブックマーク リンク] で、[閲覧者の設定をレポートのリンクで有効にする] をクリックします。

カスタム ブックマーク リンクは、以下のような方法で使用できます。

カスタマイズされたレポートのブックマークを作成する

レポートのカスタム ブックマーク リンクが有効であれば、閲覧者はデータのビューをカスタマイズし、保存することができます。たとえば、日本での掲載結果の指標を確認したい A さんとフランスのデータを知りたい B さんがどちらも同じレポートを使用する場合、それぞれ国のフィルタを適用してデータの地域を絞り込むことができます。このとき、ブラウザのブックマークを作成すれば、その後はブックマークを使用して、カスタマイズされた設定でレポートを表示できます。

また、閲覧者のためにレポートを事前に設定し、メールでカスタム ブックマークを送信することもできます。

複数選択フィルタのデフォルト値を設定する

レポート エディタでは単一選択フィルタのデフォルト値は設定できますが、複数選択フィルタのデフォルト値は設定できません。カスタム ブックマークを使用すれば、この問題を解決できます。

  1. レポートを編集します。
  2. 複数選択フィルタのオプションを追加または編集します。
    複数選択フィルタをデフォルトのフィルタにします。[スタイル] プロパティ パネルで [単一選択] チェックボックスがオフになっていれば、デフォルトです。
  3. レポートを表示します。
  4. フィルタ オプションを使用して、デフォルト値を選択します。
  5. 現在のページのブックマークを作成します。
  6. ブックマークをメールで共有するか、ブックマーク URL を使用してレポート内にリンクを作成します。
  • カスタム ブックマーク リンクは、表示モードでのみ使用できます。
  • ブラウザでは通常、最大 2,000 文字までの URL がサポートされます。カスタム ブックマーク リンクがブラウザでサポートされている長さを超過すると、ブックマークに含まれるすべての設定パラメータは破棄され、レポートはデフォルト設定で表示されます。
  • データへのアクセスを制限するためにカスタム ブックマーク リンクを使用することは推奨されていません。URL パラメータはブラウザの URL バーで編集できるため、簡単にアクセス設定が変更される恐れがあります。閲覧者に表示されるデータを制限するには、フィルタ プロパティを使用してください。
レポートでオプションを追加または削除すると、それに応じて URL の設定パラメータが変更されます。レポートのフィルタ オプションを追加または削除する場合は、ブックマークを更新して新しい URL を含めてください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
102097
false