Google アド マネージャー 360 に接続する

データポータルで Google アド マネージャー レポートを表示します。

Google アド マネージャーは、ホスト型の総合的な広告配信プラットフォームです。ウェブサイト、モバイル ウェブページ、モバイルアプリ、ゲーム、またはその組み合わせなど、対象を問わず広告配信を効率的に管理できます。アド マネージャーには、マルチスクリーン ユーザーを対象とした広告配信の管理ツールキットが用意されています。

Google アド マネージャーをデータソースとして追加すると、データポータルでアド マネージャーのレポートを表示できます。アド マネージャー レポートの最も一般的なディメンションと指標をご利用いただけます。このレポートは、社内の同僚や外部と安全に共有することが可能です。

この機能は、Google アド マネージャー 360 をご利用の場合にのみ使用できます。

使ってみる

アド マネージャー ネットワークのデータポータル レポートを有効にする

  1. Google アド マネージャーにログインします。
  2. [管理者] 次に [全般設定] をクリックします。
  3. [Google データポータルのアド マネージャー レポート] のチェックボックスをオンにします。

     Google アド マネージャー 360 でのみご利用いただけます。

  4. [保存] をクリックします。

アド マネージャーのユーザー役割に新しい権限を追加する

  1. Google アド マネージャーにログインします。
  2. [管理者] 次に [アクセスと認証] 次に [役割] をクリックします。
  3. データポータル レポートを作成するユーザーに関連付けられているユーザー役割を選択します。
  4. [Google データポータル内のアド マネージャー データの表示とアクセス共有] 権限を追加します。
  5. [保存] をクリックします。

組み込みの「管理者」と「その他のマネージャー」の役割には、すでにこの権限が付与されています。

Google データポータルで Google アド マネージャーをデータソースとして追加する

  1. データポータルにログインします。
  2. 左側で [データソース] をクリックしてデータソースのページに移動します。
  3. 左上にある 作成 をクリックして、[データソース] を選択します。
  4. [アド マネージャー] コネクタを選択します。
  5. データポータルからアカウントへのアクセスを許可するよう求められたら、[承認] をクリックします。
    付与したアクセス権の取り消しはいつでも可能です。
  6. [利用可能なネットワーク] をクリック 次に 有効にしたアド マネージャー ネットワークを選択 次に レポートタイプとして [アド マネージャー] を選択します。

    「アド マネージャー」レポートタイプは、アド マネージャーの「過去」レポートに対応します。

  7. 右上の [接続] をクリックします。
    1. データソースのフィールド パネルが表示されます。
    2. データソースがデータセットに接続されます。
  8. 右上の [レポートを作成] をクリックして最初のレポートを作成します。
接続できない場合
アド マネージャー ネットワークで [Google データポータルのアド マネージャー レポート] のネットワーク設定が有効になっていることと、アド マネージャーのユーザー役割に [Google データポータル内のアド マネージャー データの表示とアクセス共有] 権限が付与されていることを確認してください。なお、これらの設定が有効になっていない場合でも、Google アカウントに関連付けられているすべてのアド マネージャー ネットワークがここに表示されます。

 

データソースを設定する

データソースのフィールド パネルで、フィールド名の変更や説明の追加、計算フィールドの追加、データの型と集約の変更など、データソースの設定を行うことができます。詳しくは、データソース フィールドの使い方に関する説明をご覧ください。

データを表示できるユーザーを管理する

フィールド パネルの右上では、データソースの認証情報を変更できます。認証情報を使って、このデータソースによって提供されるデータを表示できるユーザーを管理します。

オーナーの認証情報」を使用すると、データセットへのアクセス権のないユーザーでも、このデータセットを使用するレポートを表示したり作成したりすることができます。

閲覧者の認証情報」を使用すると、データソースの各ユーザーは、データセットにアクセスするために認証情報を提供する必要があります。

詳しくは、データソースの認証情報についての詳細をご覧ください。

データソースから新しいレポートを作成する

  1. 右上の [レポートを作成] をクリックします。
    1. レポート エディタが開きます。
  2. [レポートに追加] をクリックします。
    1. データソースがレポートに追加されます。
    2. グラフの作成と、データをデータソースから取得するためのデータ管理オプションの設定ができるようになります。

データポータルを初めてご利用の場合:

レポート作成のチュートリアル、またはレポート エディタに関する記事をご覧ください。

データポータルでアド マネージャー レポートを作成する際のヒント

新しいアド マネージャー データソースを使うと、データポータルでアド マネージャー レポートのデータを視覚化することができます。アド マネージャーの「過去」レポートタイプで最も一般的なディメンション指標をご利用いただけます。アド マネージャーのレポート テンプレートを使えば、すぐにレポートを作成できます。

「Ad Exchange の過去のデータ」レポートタイプと Key-Value ディメンションはご利用いただけません。

広告サーバー、AdSense、Ad Exchange のデータを分割する方法
データポータルのレポートにはレポート指標の合計のみ表示されます。[デマンド チャネル] ディメンション フィールドを使用すると、広告サーバー、AdSense、および Ad Exchange の小計を表示できるようになります。

レポートの共有は Google ドライブと同じ要領で、表示専用か編集権限のあるアクセス権を付与できます。レポートを共有する際には、データソースへのアクセス用にどの認証情報を選ぶかによって、ユーザーがレポートで表示できる情報の範囲が決まります。

共有する際の注意事項
セキュリティを確保するには、表示専用のアクセス権でレポートを共有し、閲覧者のデータソースの認証情報を使用するようにします。「閲覧者の認証情報」を使用する場合は、レポートの閲覧者の側でアド マネージャーのアクセス権が必要です。

レポートを編集する権限を付与した場合、そのユーザーは閲覧以上の操作ができるようになります。たとえば、特定の広告主に絞ってフィルタをかけたレポートを共有した場合でも、ユーザーに編集権限があると、そのフィルタを削除してすべてのデータを閲覧できてしまいます。

よくある質問

データポータル レポートの読み込みが遅いのはなぜですか?

アド マネージャーのレポート機能を快適にご利用いただくため、各アド マネージャー ネットワークにはデータ リクエスト用に一定量のリソースが割り当てられています。データポータルやネットワークの Ad Manager API からのデータ リクエストは、アド マネージャー クエリツールからのリクエストよりも優先度が低くなっています。ネットワーク内で多くのユーザーがアド マネージャー レポートを作成している場合は、データポータル レポートの読み込みが遅くなることがあります。

データポータル レポートをより速く作成するにはどうすればよいですか?

  • グラフに含めるディメンションと指標の数を少なくします。
  • グラフの期間を短くします。
  • レポートの各ページのグラフ数を減らすか、多数のグラフがある場合は複数のページに分割します。各グラフにアド マネージャーへのクエリが伴うため、グラフの数が多くなるとネットワークで割り当てられたクエリツールのリソースに対して競合することになります。

複数のアカウントでこのデータソースを使用する場合は、データ管理オプションを追加してみてください。

データ管理オプションは、どのアカウントのデータをレポートに表示するかをレポート閲覧者が選択できる機能です。アカウントごとにレポートやデータソースを作成する必要はありません。詳細

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。