IMAGE

表に画像を追加します。

IMAGE 関数を使うと、表の中に画像を表示できます。レポートに商品画像や動画のサムネイルといった画像情報を表示する際に、この関数を使います。

この記事の内容:

構文

 IMAGE(Image URL, [Alternative Text])

 

パラメータ:

  • Image URL - URL として評価されるフィールドまたは式。
  • Alternative Text -(省略可)フィールド、式、リテラル値のいずれか。

IMAGE 関数の機能

IMAGE 関数は、データソースに画像型フィールドを作成します。そして、画像フィールドが表の中に画像を表示します。IMAGE 関数には入力値として URL を 1 つ指定します。入力した URL がサポート対象の有効な画像であれば、その画像が表の中に表示されます。表示される画像のサイズは、その画像が表示される列の幅に応じて変わります。入力した URL に誤りがある場合や、サポートされていない種類の画像だった場合は、代わりに壊れた画像のアイコンが表示されます。

省略可能な Alternative Text パラメータは、目の不自由なユーザーをサポートするスクリーン リーダーで画像の説明文として使用できます。

IMAGE 関数の使い方

例: YouTube のサムネイルを表示する場合

  1. YouTube データソースで、次の数式を使った計算フィールドを 1 つ作成します。
  2. IMAGE(CONCAT('https://i.ytimg.com/vi/', External Video Id, '/hqdefault.jpg') , Video Title)
  3. このサムネイルの計算フィールドを、次のように表のディメンションとして追加します。

IMAGE 関数を使って表示された画像を含む表の例

IMAGE 関数の制限

表の中に含める画像限定

画像型のフィールドが機能するのは、表の中に限られます。表をグラフなどの種類に変更すると、そのグラフ内の画像フィールドは無視されるか、その画像の URL そのものがディメンションの値として表示されます。

画像とデータ

ハイパーリンクと画像の URL は、それぞれが指すドメインにデータを送ります。送信されるデータは通常、表示するファイル名のみですが、URL パスにクエリ パラメータを付加することで、送信データに追加情報を含めることもできます。たとえば、次のような形式で情報を追加します。

http://some.domain.com/a/b/c/somefile.jpg?foo=bar&baz=bat

この URL は、JPEG 画像 somefile.jpg をリクエストすると同時に、foo パラメータと bar パラメータを介して追加データも送信しています。

ハイパーリンクや画像の URL を含むレポートやデータソースを表示する際は、その URL が信頼できるドメインを指していること、URL で送信されている追加データがある場合は、それがお客様にとって意味をなすデータであることを必ずご確認ください。

誤って信頼できないサイトとデータが共有される事態を防ぐため、データポータルでは次の制限を設けています。

画像とデータ管理オプション

レポートにデータ管理オプションを含めると、次の場合に画像が表示されます。

  • データ管理オプションによって、デフォルトのデータセットが表示されている場合。
  • データ管理オプションによってデフォルト以外のデータセットが表示されており、なおかつ、IMAGE 関数で指定された URL が信頼できるドメインを指している場合。現在のところ、ほとんどの Google ドメインが信頼できるドメインに含まれています。

データ管理オプションによってデフォルト以外のデータセットが表示されており、なおかつ、指定された画像の URL が信頼できないドメインを指している場合、画像は表示されません。表にはその画像の URL が代わりに表示され、レポートの閲覧者はその URL をクリックして画像を表示することができます。その際にはダイアログが表示され、リンク先が信頼できるドメインであることを確認するよう注意を促します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。