閲覧者や編集者とアセットを共有する

ユーザーを招待して、データポータル アセットの使用または共同編集をします。

レポートまたはデータソースを共有したいユーザーに招待状を送信して、アクセスを許可することができます。招待できるのは、個々のユーザーまたは Google グループのメンバーです。リンクを知らせてデータポータルのアセットへのアクセスを許可して、より広範囲に共有することもできます(この記事では、「レポート」と「データソース」の略称として「アセット」を使用することにします)。

G Suite と Cloud Identity の管理者は、組織内のユーザーがデータポータルのアセットを共有する方法を管理できます。詳細

この記事の内容:

他のユーザーと共有する

  1. データポータルにログインします。
  2. View or edit the asset you want to share.
  3. In top the right, click 共有アイコン Share. The Share with others dialog appears.
You can only share a data source when you are editing directly, not when editing it from within a report.

To share from the Reports or Data sources home page, locate the asset you want to share, then on the right, click More その他のメニュー, then click 共有アイコン Share.

Sharing from the report or data source list.

レポート共有の仕組み

  • 一般に公開されているレポートを閲覧する場合、ログインは必要ありません。
  • 直接共有されているレポートを閲覧または編集する場合は、Google にログインする必要があります。
  • レポートを共有しても、追加されたデータソースに直接アクセスする権限は共有されません。
  • レポートを共有しても、データソースが自動的に共有されることはありません。レポートとは別にデータソースを共有することもできますが、ユーザーがデータを閲覧するのにデータソースの共有は必要ありません(以下参照)。
  • レポートの編集者は、追加されたデータソースに対するアクセス権限がなくても、そのデータソースのディメンションと指標を使用して、レポートのグラフまたはコントロールを作成、編集することができます。

データソース共有の仕組み

  • データソースを閲覧または編集するには、Google にログインする必要があります。
  • レポートのデータソースを共有しなくても、他のユーザーにレポートの閲覧を許可することはできます。レポートのデータを閲覧できるユーザーは、データの認証情報の設定によって決まります。レポートの閲覧者は、データソースが共有されているかどうかにかかわらず、データを表示できます。
  • データソースを共有しても、その基となるデータセットへのアクセス権限を付与することにはなりません。
  • データソースを共有して閲覧権限を付与した場合、相手のユーザーはデータソースのスキーマ(構成)を確認できますが、変更することはできません。
  • データソースを共有して編集権限を付与した場合、相手のユーザーはスキーマを変更することができます。具体的には、フィールド名の変更、フィールドの無効化、計算フィールドの追加、データ型とデフォルトの集計の変更、説明の追加を行えます。
  • データソースのコネクションを編集できるのは、データソースのオーナーのみです。

特定のユーザーまたはグループと共有する

  1. [他のユーザーと共有] ダイアログを開きます
  2. [ユーザーを追加] に、共有相手の名前またはメールアドレスを入力します。Google グループと共有することもできます。
  3. 指定したユーザーまたはグループのアクセス権限を選択します。
    • 編集者: ユーザーはアセットを編集し、他のユーザーと共有できます。

    • 閲覧者: ユーザーはアセットを閲覧し、他のユーザーと共有できますが、編集することはできません。
  4. ユーザーごとに異なる権限を設定するには、[アクセスを管理する] をクリックします。
  5. デフォルトでは、招待したユーザーに、共有するアセットへのリンクが記載されたメールが送信されます。メールを送信しない場合は、[ユーザー通知の送信元メール] チェックボックスをオフにします。
  6. [送信] をクリックします。

G Suite をご利用の場合:

管理者が共有相手を組織内のユーザーに限定している場合、外部のユーザーと共有しようとすると、エラー メッセージが表示されます。

Google 以外のアカウントと共有する

直接招待してデータポータル アセットを共有できるのは、Google アカウントを持っているユーザーのみです。Google 以外のアカウントのユーザーと共有する場合は、次のような方法があります。

  1. Google アカウントを持っているかどうか共有相手のユーザーに確認します。以下のようなアカウントを使用できます。
    • 末尾が @gmail.com の個人アカウント
    • Gmail、ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライドなどの Google サービスで使用している仕事用または学校用のアカウント
  2. Google アカウントを持っていないユーザーは、事前にアカウントを登録してアセットを共有できるようにしておく必要があります。
  3. アカウントの作成ページのリンク(https://accounts.google.com/signupwithoutgmail)を送信して、開設してもらいましょう。
  4. 別の方法(リンクの共有、PDF のメール配信など)で共有します。
Google アカウントでは、必ずしも gmail.com アドレスを使用する必要はありません。既存のメールアドレスを Google アカウントに関連付けることができます。

リンクの共有を使用すると、個々のユーザーまたはグループを直接招待するよりも広範囲にアセットを配布できます。たとえば、Google 以外のアカウントのユーザーとデータポータル レポートを共有したり、メール、ブログ、ソーシャル投稿にレポートを含めたり、ウェブサイトにレポートを埋め込んだりできます。

不特定多数のユーザーにデータが公開される可能性があるため、リンクの共有は慎重に使用してください。

共有可能なリンクを取得するには

  1. [他のユーザーと共有] ダイアログを開きます
  2. [アクセスを管理する] をクリックします。
  3. 右側にあるプルダウン メニューから、最適なリンクの共有設定を選択します。

リンクの共有設定

データポータルの標準ユーザーは、次のリンクの共有設定の中から選ぶことができます。

  • インターネット上の誰でも検索、閲覧できます
  • インターネット上の誰でも検索、編集できます
  • リンクを知っている全員が表示できます
  • リンクを知っている全員が編集できます
  • オフ - 特定のユーザーだけがアクセスできます

G Suite のリンクの共有設定

G Suite をご利用の場合、リンクを共有できるのはドメイン内のユーザーに限定されることがあります。

アクセス権限

アクセス権限は、データポータル アセットに対してユーザーが実施できる操作を指定します。次の 3 つのレベルがあります。

オーナー

オーナー」のアクセス権限を持つユーザーは、アセットを自由に操作できます。この権限は、レポートまたはデータソースの作成者に付与されます。

他のユーザーをレポートまたはデータソースのオーナーにすることもできます。

閲覧者

閲覧者」のアクセス権限を持つユーザーは、レポート全体を閲覧したり、データソースのスキーマを確認したりできます。もともと備わっているフィルタや期間設定は操作できますが、データソースまたはレポートを変更することはできません。

編集者

編集者」のアクセス権限を持つユーザーは、レポートまたはデータソースに変更を加えることができます。レポートでは、グラフやコントロールを追加、変更、削除できます。データソースの追加と削除、レポート スタイルの変更、新しいフィルタの設定、既存のフィルタの変更も可能です。

データソースの編集権限を付与されたユーザーは、そのスキーマを変更することができます。データソースの設定に応じて、計算フィールドの追加と変更、フィールドの無効化と有効化、データ型とフィールド集計の変更などが可能です。

さらに、レポートとデータソースの両方でファイルの共有、ダウンロード、コピーを制限することもできます。

レポートへのアクセス権限の詳細

次の表は、それぞれのアクセス権限でレポートに対してどのような操作を行うことができるかを示したものです。「公開」とは、レポートが閲覧権限で共有され、リンク共有オプションで「リンクを知っている全員が閲覧できます」か「ウェブ上で一般公開」が選択されている状態を指します。

操作 公開 閲覧者 編集者 オーナー
レポートのデータを閲覧する
(データソースの認証情報に応じて)
x x x x
レポートをコピーする   x x x
レポートのコピーを禁止する       x
他のユーザーとレポートを共有する   x x x
レポートの共有を禁止する       x
レポートを変更する     x x
追加されたデータソースのデータを使用したり変更したりする     x x
データソースを追加また削除する     x x
レポートを作成または削除する       x
レポートからデータをダウンロードする x x x x
データのダウンロードを禁止する       x
オーナー権限を譲渡する       x

データソースへのアクセス権の詳細

次の表は、それぞれのアクセス権限でデータソースに対してどのような操作を行うことができるかを示したものです。公開リンクの共有を使用してデータソースを共有することはできません。

操作 閲覧者 編集者 オーナー
データソースをレポートに追加する x x x

データソースのデータをレポートから閲覧する

x

x x
データソースのスキーマを閲覧する x x x
データソースを他のユーザーと共有する、または共有を停止する   x x
データソースを編集する   x x
データソースをコピーする x x x
データソースのコピーを禁止する     x
データソースの認証情報を変更する     x
データセットにアクセスする     x
オーナー権限を譲渡する     x

データのアクセス制御

データポータルでは、データの認証情報に基づいてレポートデータへのアクセスが制御されます。このアクセス制御は、レポートまたはデータソースへのアクセス権限とは別に設定されるものです(もちろん、レポートの閲覧権限がなければ、レポートのデータは表示できません)。

詳しくは、データへのアクセスを管理するをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。