レポートを埋め込む

データポータルを使って、サイト、記事、メッセージ ボードを魅力的にしましょう。

メールアドレス、Google グループ、公開リンクでデータポータルのレポートを共有すると、閲覧者はレポート全体を見るためにデータポータルのサイトにアクセスする必要があります。一方、埋め込み機能を使用すると、自分のページにレポートを含めることができるため、データをもっと幅広く手軽に伝えることができます。

この記事の内容:

埋め込みの例

埋め込みレポートの例を示します。

試してみる

上記の埋め込みレポートは豊富な機能を備えています。具体的には次のことが可能です。

  • グラフを操作する
  • 画面下部のナビゲーション コントロールを使用して、2 ページ目に移動する
  • Google データポータルのロゴをクリックして、このレポートをデータポータルで開く

(フルスクリーン オプションはヘルプセンターでは無効になっています)

埋め込みの仕組み

  • HTML の iframe タグをサポートする任意のサイトまたはアプリにレポートを埋め込むことができます。
    • iframe コードはレポートへのリンクを含み、データポータルによって自動的に生成されます。HTML に関する知識は必要ありません。
  • 新しい Google サイトや、oEmbed フォーマットを使用しているサイトへの埋め込みも可能です。
  • レポートは一般公開中であっても非公開であっても埋め込むことができます。
    • レポートが一般公開されている場合は、ページを閲覧しているすべてのユーザーが埋め込みレポートを表示できます。
    • レポートが特定のユーザーやグループ、ドメインと共有されている場合、共有されているユーザーだけが埋め込みレポートを表示できます。表示するには、Google アカウントにログインする必要があります。
  • 埋め込みレポートは表示モードで表示されます。
  • 埋め込みレポートは機能的かつインタラクティブで、フィルタと期間設定は正常に機能します。ただし、メニューバーがないため、レポートを編集、コピー、共有することはできません。
  • 閲覧者は埋め込みレポートのデータを更新できません(キャッシュが期限切れになると、データは通常どおり更新されます)。
  • レポートに複数のページがある場合、ページ ナビゲーションがレポートの下部に表示されます。
  • レポートの下部にあるリンクをクリックすると、データポータルでレポートを見ることができます。
  • 埋め込みレポートには必ず、Google データポータルの透かしと、フルスクリーン切り替えボタンが表示されます。これらは削除できません。

HTML の iframe を使った埋め込み

  1. データポータルにログインします。
  2. 埋め込むレポートの編集を開始します。
  3. 次のいずれかの方法で、レポートを共有します
    • 公開レポートの場合は、リンク共有オプションの [ウェブ上で一般公開] または [リンクを知っている全員が閲覧可] を使用します。
    • 非公開レポートの場合は、1 人以上のユーザーまたは Google グループを入力します。
    • G Suite ユーザー: ドメイン内のユーザーにレポートの共有を限定するには、リンク共有を有効にして、[リンクを知っている [ドメイン] の全員が閲覧可] を選択します
  4. [ファイル] > [レポートを埋め込む] を選択するか、右上にある 埋め込み をクリックします。
  5. [埋め込みを有効にする] をクリックします。次のダイアログ ボックスが表示されます。埋め込みダイアログを有効にする
    レポートの特定のページを埋め込むには、そのページに移動してから埋め込みリンクを生成します。
  6. [コードを埋め込む] のオプションが選択されていることを確認します。iframe コードが、下のテキスト領域に表示されます。
  7. (省略可)幅と高さを調整するツールを使用して、iframe のサイズを調整します。
  8. [クリップボードにコピー] をクリックします。
    このダイアログで生成されたリンクを使う必要があります。共有可能な標準リンクを使用してレポートを埋め込むことはできません。
  9. レポートを埋め込むページの HTML ソースを編集します。レポートを表示する場所に iframe コードを貼り付けます。

新しい Google サイトへの埋め込み

[URL を埋め込む] オプションを使って、Google サイトにデータポータル レポートを埋め込むことができます。

  1. 上記の手順 1~5 を行います。
  2. [URL を埋め込む] を選択します。
  3. [クリップボードにコピー] をクリックします。
  4. Google サイトの編集を開始します。
  5. 右上の [URL を埋め込む] をクリックします。
  6. [ウェブからの埋め込み] ダイアログに URL を貼り付けます。
  7. [挿入] をクリックします。

詳しくは、新しい Google サイトについての記事をご覧ください。

oEmbed を使った埋め込み

oEmbed は、サードパーティのサイトに URL を埋め込んで表示できるフォーマットです。Reddit や Medium をはじめ、多くの人気ソーシャル メディア プラットフォームが oEmbed を採用しており、これらのサイトではデータポータルのレポートを手軽に埋め込むことができます。

データポータルのレポートを oEmbed で埋め込む場合、[URL を埋め込む] を使用します。

  1. 上記の手順 1~5 を行います。
  2. [URL を埋め込む] を選択します。
  3. [クリップボードにコピー] をクリックします。
  4. 埋め込み先のサイトで、コピーした URL を埋め込み URL として貼り付けます。
oEmbed フォーマットを使った一般的な埋め込みサービスとして、Embed.ly があります。同サービスのクライアント プラットフォームであれば、すべてデータポータルのレポートの共有が可能です。

埋め込みの無効化

埋め込んだレポートの表示を停止する方法は次のとおりです。

  1. レポートの編集を開始します。
  2. [ファイル] > [レポートを埋め込む] を選択するか、右上にある 埋め込み をクリックします。
  3. [埋め込みを有効にする] のチェックボックスをオフにします。

この設定を行った場合、レポートはデータポータルでは引き続き表示できますが、埋め込み先のサイトには表示されなくなります。

埋め込みに関する制限事項

ブックマーク リンクは埋め込みレポートでは使用できません。データのカスタムビューが必要な場合は、レポートに適用されている編集者のフィルタ プロパティ期間を使用します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。