グラフからデータをエクスポートする

グラフからデータをダウンロードします。

データポータルを使用してデータを分析した後、そのデータを他のツールでも使えるようにエクスポートすることができます。

この記事の内容:

グラフからデータをエクスポートするには

  1. レポートを表示します。
  2. エクスポートするグラフにカーソルを合わせます。
  3. グラフを右クリックするか その他のオプション。 をクリックして [エクスポート] を選択します。
  4. エクスポートするファイルに名前を付け、[形式を指定してエクスポート] から次のいずれかを選択します。
    • CSV: カンマ区切りのテキスト ファイルが作成されます。
    • CSV(Excel): カンマ区切りのテキスト ファイルが作成され、Excel™ で使用できるように非 ASCII 文字が適切にエンコードされます。
    • Google スプレッドシート: Google スプレッドシートに直接データが送信されます。
  5. データポータルで適用した数値や日付の書式を、エクスポートしたデータでも維持したい場合は、[値の書式に合わせる] を選択します。

その他のオプション。 メニューが見当たらない場合

ページ内の他の要素が重なって その他のオプション。 メニューが見えにくくなることがあります。レポートを編集できる場合は、グラフの周囲に十分な余白ができるよう配置を調整してみましょう。

また、レポートのオーナーがデータのエクスポートを許可していないケースもあります(後述)。

データのエクスポートの仕組み

データのエクスポートは、グラフに含まれる情報を指定のフォーマットで保存する機能です(表示されているグラフの画像ではなく、その表示のもとになっているデータだけが保存されます)。

データのエクスポート機能は表示モードで利用できます。データのエクスポートはグラフ単位の機能です。グラフの中で、アクセス権のあるデータのみがエクスポートされます。既存のフィルタ、期間設定、Google アナリティクスのセグメントは、エクスポート対象のデータにも適用されます。これにより、データポータルのレポートを使用して、データをエクスポートする前に微調整を行うことができます。

表からのエクスポート

表の [スタイル] タブにある [ページ設定を表示] オプションか、[データ] タブの [ページあたりの行数] オプションを使って、表からエクスポートするデータ量を制御できます。

  • [ページ設定を表示] を有効にすると、表内のすべてのデータがエクスポートされます。ページあたりの行数は、エクスポートされるデータ量には影響しません。
  • [ページ設定を表示] を無効にすると、表に表示されている行数のみがエクスポートされます。

他のユーザーがデータをエクスポートできないようにする

レポートの共有オプションを使用して、他のユーザーがレポートデータをエクスポートできないように設定することもできます。詳細

グラフからのデータのエクスポートに関する制限

1 つのグラフからエクスポートできるデータは、750,000 行が上限となります。

レポートを埋め込む

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
102097
false