レポートのレイアウト オプション

ユーザーの画面に表示されるレポートの表示形式を調整するには、[テーマとレイアウト] パネルにある [レイアウト] タブのオプションを使用します。このパネルは、ツールバーで [テーマとレイアウト] をクリックするといつでも表示できます。ここで説明するオプションの多くは [表示] メニューにもあります。

この記事の内容:

表示モードのオプション

ヘッダーの表示設定

ヘッダーの表示設定のオプションでは、レポート ヘッダーの表示モードでの動作を調整します。ヘッダーには、レポートのタイトル、共有ボタン、編集ボタンなどの要素が含まれます。

  • 常に表示 - レポート ヘッダーが常に表示されます。
  • 自動非表示 - レポート ヘッダーが少しの間表示されてから非表示になります。ヘッダーにカーソルを合わせると再表示されます。
  • 最初は非表示 - 初期状態ではレポート ヘッダーが非表示で、カーソルを合わせると表示されます。

ナビゲーションの種類

ナビゲーションの種類のオプションでは、ページ ナビゲーションをレポートに表示する場所を設定できます。

  • : レポートの左側にある折りたたみ可能なドロワーにページが表示されます。
  • タブ: レポートの上部にページのリンクがタブとして表示されます。
  • プルダウン: レポート上部のプルダウン メニューにページが表示されます。
  • 非表示: ページ ナビゲーションは表示されません。

表示モード

表示モードのオプションでは、レポートのサイズをブラウザ ウィンドウに合わせてどのように調整するかを設定できます。

  • 幅に合わせる: レポートのコンポーネントのサイズを、ウィンドウの幅に合わせて調整します。
  • 原寸大: レポートのコンポーネントを作成したときのサイズで表示します。
  • 余白あり: レポートの周囲の余白部分を表示または非表示にします。余白を非表示にすると、レポートがウィンドウの画面全体に表示されます。

キャンバス サイズ

キャンバス サイズのオプションでは、初期設定のさまざまなサイズから選択したり、カスタムの表示サイズを入力したりできます。以下のプリセット サイズが用意されています。

  • US レターサイズ(4:3)- 縦向き
  • US レターサイズ(4:3)- 横向き
  • スクリーン(16:9)- 縦向き
  • スクリーン(16:9)- 横向き

配置先

配置先オプションでは、レポート上でのコンポーネントの配置を管理できます。

スマートガイドが表示する色付きの線によって、選択したコンポーネントの整列、サイズ変更、配置をスムーズに行えます。

  • コンポーネントの整列: コンポーネントの移動中に、キャンバス上の他のコンポーネントと揃うと赤い線が表示されます。
  • コンポーネントのサイズ変更: コンポーネントのサイズの変更中に、コンポーネントがキャンバス上の他のコンポーネントと同じ長さまたは幅であると青い線が表示され、現在のサイズもピクセル単位で表示されます。

  • コンポーネントの配置: 1 つまたは複数のコンポーネントの移動中に、キャンバス上の他のコンポーネントと等間隔に配置されると青い線が表示されます。

グリッドは、選択したコンポーネントをレポートのキャンバス上に表示されたグリッドに揃えます。

グリッドを表示

レポートのキャンバス上のグリッド表示をオンまたはオフにするには、[表示] > [グリッドを表示] メニューを使用します。

グリッドの設定

キャンバスのグリッドサイズの最小値は 10 ピクセルです。グリッドサイズは [グリッドの設定] で調整できます。グリッドサイズを大きくすると、グラフ、コントロール、その他のコンポーネントのレイアウトが容易になります。

  • サイズ: グリッドのマス目の一辺の長さを指定します。
  • パディング: グリッドのマス目内に余白を設けます。隣接するマス目に設置したコンポーネント間に隙間を作る場合に使用します。
  • 水平オフセット: レポート内でグリッドの位置を左右にずらします。正の数を入力すると右へ、負の数を入力すると左へずらすことができます。
  • 垂直オフセット: レポート内でグリッドの位置を上下にずらします。正の数を入力すると下へ、負の数を入力すると上へずらすことができます。ヘッダーやフッターのスペース確保に便利です。
グリッド設定を変更しても、すでにページ上に存在するコンポーネントには反映されず、新しく追加したコンポーネントや移動させたコンポーネントにのみ適用されます。

キャンバス内で範囲を選択してコンポーネントを設置すると、設置位置がグリッド線に吸い付くと同時に、選択範囲に含まれるマス目の全体を「埋める」ようにサイズが拡大されます。これにより、複数のコンポーネントの位置や大きさを縦横に揃えやすくなっています。このマス目を「埋める」動作は、グリッドサイズが 15 ピクセル以上の場合にのみ発生します。

レポートのグリッドの動作は、こちらのサンプル レポートでご確認いただけます。

レポートレベルのコンポーネントの位置

このオプションでは、レポートレベルのコンポーネントとページ上の他のコンポーネントをどのような位置関係にするかを決定します。

  • : レポートレベルのコンポーネントを、他の全コンポーネントの手前に配置します([配置] > [順序] > [最も手前に移動] を使用した場合と同様です)。
  • : レポートレベルのコンポーネントを、他の全コンポーネントの背後に配置します([配置] > [順序] > [最も奥に移動] を使用した場合と同様です)。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
102097
false
false