CAST

フィールドまたは式を別のタイプに変換します。

使用例

CAST(Number_field AS TEXT)
CAST(Text_field AS NUMBER)

CAST(Date_field as DATETIME)

構文

CAST(field_expression AS type)

パラメータ

field_expression - フィールドまたは式。

type - データタイプ リテラル。下記をご覧ください。

CAST タイプ

次のタイプの間でキャストできます。

キャスト元 キャスト先
テキスト
  • DATE
  • DATETIME
  • NUMBER
数値
  • ​TEXT
日付
  • DATETIME
  • TEXT
日付と時刻
  • DATETIME
  • TEXT

目標: N 秒よりも長いウェブサイト セッション数をカウントします。

Google アナリティクスのデータソースにおいて、セッション継続時間はテキストタイプのディメンションです。N よりも長いセッションを数えたい場合、最初のステップは、CAST を使ってこのディメンションの値を数値に変換することです。次に、CASE 文を使って、ある値(この例では 60 秒)よりも長いセッションを特定します。実際に数える作業は、CASE に SUM を組み合わせて行います。

ステップ 1: 新しい計算フィールド「セッション継続時間(数値)」を次の形式で作成します。

CAST(Session Duration AS NUMBER)

ステップ 2: 新しい計算フィールド「長いセッション」を作成します。

SUM(CASE WHEN Session Duration > 60 THEN 1 ELSE 0 END)

集計されたフィールドを CAST することはできません。

  • [DATE|DATETIME] から TEXT にキャストすると、下記の正規文字列形式が返されます。別の形式を返すには、FORMAT_DATETIME 関数を使用してください。
  • TEXT から [DATE|DATETIME] にキャストできるのは、正規文字列形式のみです。別の形式を解析するには、PARSE_* 関数を使用してください。
タイプ STRING 正規形式
DATE YYYY-[M]M-[D]D
DATETIME YYYY-[M]M-[D]D [[H]H:[M]M:[S]S[.DDDDDD]]

STRING に強制変換する

式に STRING が必要な場合は、データポータルにより STRING 以外の値が STRING に強制変換(暗黙的に変換)されます。

タイプ STRING 正規形式
DATE YYYY-MM-DD
DATETIME YYYY-MM-DD HH:MM:SS[.DDD[DDD]]

たとえば、DATETIME タイプの created_datetime フィールドがあり、式が次のようだとします。

CONCAT("作成日 ", created_datetime)

この数式により、次の結果が返されます。

Created on 2019-11-22 16:30:00.739182

式に、明示的な CAST(created_datetime AS TEXT) は必要ありません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
データポータルの新機能

新機能と変更点について説明します。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
102097
false