表のリファレンス

表を使用、設定する方法

表では、データを行と列のグリッド内に表示します。個々の列はディメンションや指標を表し、行はそれぞれ 1 件のデータレコードとなります。

レポートにグラフを追加する方法をご確認ください

この記事の内容:

データポータルの表

データポータルの表では、データが自動的に集計されます。表で定義されているディメンションの組み合わせごとにデータが集計されて、各行に表示されます。各指標は、その指標の集計方法のタイプ(合計、平均、カウントなど)に応じて集計されます。データポータルの表には、最大 10 個のディメンションと最大 20 個の指標を使用できます。

例:

以下にペットショップの販売データの例を紹介します。このショップでは犬、猫、鳥向けのアイテムと、各カテゴリの複数の商品を販売しています。

日付 アイテム カテゴリ 販売数

2016 年 10 月 1 日

Happy Cat Catnip 1

2016 年 10 月 1 日

Healthy Dog Dog Food 3

2016 年 10 月 1 日

Pretty Bird Bird Seed 5

2016 年 10 月 2 日

Pretty Bird Bird Seed 3

2016 年 10 月 2 日

Happy Cat Catnip 2

2016 年 10 月 3 日

Playful Puppy Toy 6

2016 年 10 月 5 日

Pretty Bird Bird Seed 7

以下省略...

... ... ...

シンプルな表では、カテゴリのディメンションと数量の指標が次のように表示されます。

カテゴリ 販売数
28
27
12

表の例 1

例 1 では、カテゴリごとの販売数が集計されています。このデータセットにはカテゴリが 3 つしかないため、表には 3 行のみ表示されています。

では、この表に「アイテム」というディメンションを追加してみましょう。

カテゴリ アイテム 販売数
Pretty Bird Bird Seed 20
Healthy Dog Dog Food 17
Playful Puppy Toy 10
Parrot Perch 8
Happy Cat Catnip

4

Hungry Kitty Cat Food 3

表の例 2

例 2 では、表に 6 行(アイテム 1 つにつき 1 行)が表示され、「販売数」指標がアイテムごとに集計されるようになりました。

指標の集計方法はデータソースの設定によって決まります。指標の集計方法を変更する方法

レポートに表を追加する

レポートに表を追加するには:

  1. レポートを編集します。
  2. 上部の [グラフを追加] をクリックします。
  3. 表のデフォルトのスタイルを選択します。
    1. たとえば、標準的な表や、指標が棒で表示されている表、ヒートマップの付いた表などを追加できます。
  4. グラフをページ上の希望の位置にドラッグし、希望のディメンションにサイズ変更します。
  5. 右側のプロパティ パネルを使用して、指標とディメンションを追加したり、表のスタイルを設定したりします。

列のサイズを調整する

表の列のサイズを個別に手動で変更するには、列の区切り線をクリックしてドラッグします。Shift キーを押しながら列の区切り線をドラッグすると、複数の列の幅をまとめて変更することができます。

自動で列のサイズ変更を適用することもできます。

  • 表を右クリックして、[列のサイズを変更] オプションを選択します。
    • [データに合わせる] を選択すると、データに応じて表の各列が最適な幅に調整されます。
    • [均等に揃える] を選択すると、すべての列が同じ幅になります。
列の区切り線をダブルクリックして [データに合わせる] オプションを適用することもできます。

表の列幅の変更のデモンストレーションを見る

Demonstration of column resizing

データ プロパティ

グラフの [データ] プロパティ パネルのオプションは、データの編成方法と表示方法を制御します。

データソース

データソースはコンポーネントと基になるデータセットを接続します。データソースのオプションは次のとおりです。

  • グラフのデータソースを変更するには、現在のデータソース名をクリックします。
  • データソースを表示または編集するには、編集 をクリックします(このアイコンを表示するには、閲覧以上の権限が必要です)。
  • 複数のデータソースからのデータを 1 つのグラフに表示するには、[+ データの統合] をクリックします。データの統合機能の詳細

ディメンション

ディメンションとは、データのカテゴリのことです。ディメンション値(ディメンションに含まれるデータ)は、名前や説明など、カテゴリの特性を表します。

右側の [使用可能なフィールド] パネルからフィールドをドラッグして、グラフにディメンションを追加します。[データ] タブの [ディメンションを追加] をクリックして追加することもできます。

表では最大 20 個の指標を使用できます。追加できるディメンションの数は、その表で使用されるデータソースによって異なります。以下のコネクタを使用している表では、最大 20 個のディメンションを使用できます。

  • Google スプレッドシート
  • Google BigQuery
  • MySQL
  • PostgreSQL
  • Cloud SQL for MySQL
  • ファイルのインポート
  • Google Cloud Storage
  • 抽出されたデータソース
  • 統合されたデータビュー

他のデータソースに基づく表では、最大 10 個のディメンションを使用できます。

データを並べ替える

レポートの閲覧者は、列のヘッダーをクリックしてデータを並べ替えることができます。クリックするたびに並べ替えの順序が入れ替わります。たとえば、1 回クリックして昇順(小さい方から大きい方へ)にした後で、もう 1 回クリックすると降順(大きい方から小さい方へ)に並べ替えられます。上の例の場合、表は「販売数」の降順に表示されています。エディタでデフォルトの並べ替え順が定義されていても、表を並べ替えることができます。

閲覧者が過去に並べ替えの順序を変更した結果、表に表示されていない指標で並べ替えが行われた場合は、ページを更新するとデフォルトの順序に戻ります。
[サブの並べ替え] でフィールドを指定すると、表内でメインの並べ替え基準列には「1」、サブの並べ替え基準列には「2」と表示されます。別のフィールドによる並べ替えを行うと(表のヘッダーでフィールド名をクリックするとその列が並べ替え基準になります)、それまでの並べ替え基準列の指定はメイン、サブとも解除されます。

デフォルトの並べ替えを設定する

グラフの [データ] プロパティ パネルの [並べ替え] オプションと [サブの並べ替え] オプションを使用して、デフォルトの並べ替え順を設定します。グラフのデータソースの指標や、グラフに現在表示されているディメンションを選択し、メインまたはサブの並べ替えフィールドとして使用できます。

[サブの並べ替え] オプションは、グラフで適切なディメンションと指標の組み合わせが使用されている場合にのみ表示されます。
並べ替えフィールドとして指標を指定する場合、フィールドの集計方法を変更できます。たとえば、グラフに SUM として数値フィールドを含めたとしても、同じフィールドの AVERAGE 値で並べ替えることができます。

1 ページの行数

[1 ページの行数] オプションを使用すると、表のページごとに表示される表の行数を指定できます。この設定を有効にするには、ページ設定の表示が必要です。

集計行を表示する

[集計行を表示する] オプションを使用すると、それぞれの指標の列を集計した行を表の下部に表示するかどうかを指定できます。

デフォルトの期間

デフォルトの期間のプロパティでは、個々のグラフの期間を設定できます。

デフォルトの期間のオプション

自動 グラフのデータソースで設定されているデフォルトの期間を使用します。
カスタム カレンダー ウィジェットを使用して、グラフのカスタムの期間を選択できます。
データ比較タイプ 選択した期間の比較データを表示します。

日付と時間の使用についての詳細

フィルタ

フィルタ プロパティでは、追加または除外する値を指定することでコンポーネントに表示されるデータを制御できます。フィルタ プロパティの詳細

フィルタ オプション

フィルタ名 既存のフィルタをクリックして編集します。削除するには、フィルタ名にカーソルを合わせて X をクリックします。
+ フィルタを追加 グラフのフィルタを新しく作成します。

インタラクション

グラフのインタラクションを有効にすると、グラフでフィルタ オプションを使用できます。レポートをフィルタリングするには、グラフ上でマウスをクリックまたは「ブラッシング」します。グラフのインタラクション フィルタの詳細

スタイル プロパティ

グラフのスタイル プロパティは、グラフの全体的な表示方法や表示形式を設定します。

表のヘッダー

表のヘッダーや列ラベルの表示形式は以下のオプションで設定します。

ヘッダーを表示 表のヘッダーを表示または非表示にします。ヘッダーが非表示になっていると、表の並べ替えができません。
テキストを折り返す ヘッダーのテキストを折り返します。
ヘッダーのフォント色 表のヘッダーのフォントの色を設定します。
ヘッダーのフォントサイズ 表のヘッダーのフォントサイズを設定します。
ヘッダーのフォント ファミリー 表のヘッダーのフォント ファミリーを設定します。

表の色

表の枠線とセルの色は、以下のオプションで設定します。

ヘッダーの背景色 表のヘッダーの背景色を設定します。
セルの枠線の色 列の間の枠線の色を設定します。
奇数行 / 偶数行の色 表の奇数行または偶数行の色を設定します。

表のラベル

表データの表示形式は、以下のオプションで設定します。

フォントの色 データのフォントの色を設定します。
フォントサイズ データのフォントサイズを設定します。
フォント ファミリー データのフォント ファミリーを設定します。
ヒートマップのテキストのコントラスト ヒートマップを表示する際にフォントの色を自動的に設定します。コントラストは、[低]、[中]、[高] の 3 つのレベルから選択できます。

表の本体

表の本体の表示方法は以下のオプションで指定します。

行番号を表示 行番号を表の最左列として追加します。
テキストを折り返す 表の本体の長いテキストを折り返します。

表のフッターの表示形式は以下のオプションで指定します。

ページ設定を表示 ページ設定を使用して長い表内を移動できます。ページ設定を表示または非表示にするには、このオプションを使用します。
最小パディング ページ設定 ページ設定の上下の余白を減らします。
フッターの枠線の色 フッターの枠線の色を設定します。
フッターの枠線の太さ フッターの枠線の太さを設定します。
フッターの枠線のスタイル フッターの枠線のスタイルを設定します。

データの欠落

このオプションでは、欠落した値を表示する方法を設定します。たとえば、表のデータが欠落している場合に、空白、ハイフン、または「データなし」という表記のどれを表示するか選択できます。

ディメンションと指標の表示

ディメンションと指標の列の表示形式は、以下のオプションで設定します。表の各列には、プロパティ パネルに対応する番号が付いたセクションがあります。たとえば、左から右に向かって表の 1 番目の指標は列 1、2 番目の指標は列 2 というように続きます。各列で設定できるオプションは以下のとおりです。

数字の表示

  • 数値 - 指標の値をそのまま表示します。
  • ヒートマップ - 指標の値に背景色を表示し、列内の他の値との比較を背景色の濃さによって示します。
    (上記の [表のラベル] セクションにある)[ヒートマップのテキストのコントラスト] オプションを使用すると、データラベルを読みやすくするためにフォントの色が自動的に設定されます。コントラストは、[低]、[中]、[高] の 3 つのレベルから選択できます。
  • 棒グラフ - 指標の値を水平方向の棒グラフとして表示します。棒グラフの色を変更したり、数値を表示したりすることも可能です。
配置 列のデータを左、右、または中央に揃えます。
数値の短縮表示 数値を四捨五入して単位記号を表示します(例: 553,939 の場合は「553.9K」と表示)。
数値精度 指標値の小数点以下の桁数を設定します。
目標を表示 列のタイプが棒グラフに設定されている場合に表示されます。ブレットグラフと同様に、[目標値] に指定した値に応じてグラフ内に線を表示します。
軸を表示 棒グラフの X 軸を表示します。

グラフのヘッダー

グラフのヘッダーでは、データのエクスポート、ドリルアップ、ドリルダウン、Explorer ツールでのグラフ表示など、グラフに対してさまざまな操作を実行できます。グラフのヘッダーのオプションは次のとおりです。

カーソルを合わせて表示(デフォルト) グラフのヘッダーにカーソルを合わせると、縦に 3 つ並んだ点が表示されます。これらの点をクリックしてヘッダーのオプションにアクセスします。
常に表示 ヘッダーのオプションを常に表示します。
表示しない ヘッダーのオプションを表示しません。レポートの閲覧者は、グラフを右クリックするといつでもオプションにアクセスできます。
グラフのヘッダーのオプションに色を設定します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。