TODATE

フォーマットされた互換モードの日付を返します。

この関数は、互換モードの日付のみに対応しています。

データソースの古い日付フィールドはすべて新しい [日付] タイプまたは [日付と時刻] タイプにアップグレードすることをおすすめします。アップグレード後:

  • 日付をテキストとして書式設定するには、FORMAT_DATETIME 関数を使用できます。
  • テキストを [日付] フィールドと [日付と時刻] フィールドに変換するには、PARSE_DATE 関数と PARSE_DATETIME 関数を使用できます。

詳細

TODATE は次の 2 つの方法で使用できます。

  • [テキスト] フィールドから互換モードの日付を作成します。
  • 互換モードの日付の表示形式と粒度を変更します。

使用例

TODATE(text date,"%Y/%m/%d","%Y-%m-%d")
TODATE(response_time, 'NANOS', '%Y%m%d')
TODATE(create_time, 'DECIMAL_DATE', '%Y')

構文

TODATE(field_expression, input_date_format, output_date_format)

入力形式

input_date_format は、field_expression が正しい日付として設定されている場合、省略できます。

TODATE では、次の入力形式の文字列を使用できます。

  • 'BASIC' - 使用可能な形式: YYYY/MM/DD-HH:MM:SS
  • 'DEFAULT_DASH' - 使用可能な形式: YYYY-MM-DD [HH:MM:SS[.uuuuuu]]
  • 'DEFAULT_SLASH' - 使用可能な形式: rmat YYYY/MM/DD [HH:MM:SS[.uuuuuu]]
  • 'DEFAULT_DECIMAL' - 使用可能な形式: YYYYMMDD [HH:MM:SS[.uuuuuu]]
  • 'RFC_1123' - 表示例: Sat, 24 May 2008 20:09:47 GMT
  • 'RFC_3339' - 表示例: 2008-05-24T20:09:47Z
  • 'SECONDS' - エポックからの秒数
  • 'MILLIS' - エポックからのミリ秒数
  • 'MICROS' - エポックからのマイクロ秒数
  • 'NANOS' - エポックからのナノ秒数
  • 'JULIAN_DATE' - エポックからの日数
  • 'DECIMAL_DATE' - 'DEFAULT_DECIMAL' と同じ
  • 文字列として有効な strptime 形式

出力形式

TODATE では、次の出力形式の文字列を使用できます。

  • "%Y" - 年
  • "%m" - 月
  • "%d" - 日
  • "%W" - 週番号
  • "%w" - 曜日
  • "%H" - 時間
  • "%M" - 分

  • YYYYMMDD(データポータルの正規日付形式): "%Y%m%d"
  • 日付、時: "%Y%m%d%H"
  • 年、週: "%Y%W"
  • 年、月: "%Y%m"

TODATE は、互換モードの [日付] データタイプを返します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。