Google 広告に接続する

データポータルを Google 広告レポートに接続します。

Google 広告では、オンライン広告を活用して見込み顧客にアプローチすることが可能です。Google 広告の広告主様は、データポータルの Google 広告コネクタを使って、データポータル内の掲載結果レポートデータにアクセスできます。

この記事の内容:

Google 広告に接続する方法

データポータルのデータソースは、アクセス権がある 1 つの Google 広告アカウントに接続できます。Google 広告のクライアント センター(MCC)アカウントを持っている場合は、一度に最大 50 個のサブアカウントに接続して、レポートを作成できます。

個人アカウントを選択する

  1. データポータルにログインします。
  2. 左上にある をクリックして、[データソース] を選択します。
  3. Google 広告 コネクタを選択します。
  4. データポータルからアカウントへのアクセスを許可するよう求められたら、[承認] をクリックします。
    付与したアクセス権の取り消しはいつでも可能です。
  5. [すべてのアカウント] をクリックします。
  6. アカウントを選択します。アカウント ID またはアカウント名で検索できます。
  7. [アカウント包括フィールド] を選択します。

    [アカウント包括フィールド] を選択すると、Google 広告のすべてのフィールドが、選択した顧客アカウント用の 1 つのリストにまとめられます。そのため、Google 広告レポートのディメンションと指標を自由に組み合わせてデータポータルのレポートで使用することが可能になります。
  8. 右上の [接続] をクリックします。
    1. データソースのフィールド パネルが表示されます。
    2. データソースがデータセットに接続されました。

クライアント センター(MCC)アカウントを選択する

クライアント センター(MCC)アカウントへのアクセス権がある場合は、[アカウント] パネルで [クライアント センター(MCC)アカウント] を選択します。このデータソースに含めるアカウントとすべてのサブアカウントを選択します。サブアカウントは最大 50 個選択できます。

右側の [通貨] メニューを使用して、通貨の種類に応じたフィルタをアカウントに適用します。

通貨の種類が異なるアカウントを選択した場合(ドルとユーロなど)、データソースには平均インプレッション単価などの収益関連のフィールドが含まれません。収益関連のフィールドを含めるには、必ず通貨の種類が同じアカウントを選択してください。

MCC アカウントを使用してデータソースをすでに作成している場合は、データソースを MCC アカウントに再接続して、新しいコネクタに移行できます。

データソースを設定する

データソースのフィールド パネルで、フィールド名の変更や説明の追加、計算フィールドの追加、データの型と集約の変更など、データソースの設定を行うことができます。詳しくは、データソース フィールドの使い方に関する説明をご覧ください。

データを表示できるユーザーを管理する

フィールド パネルの右上では、データソースの認証情報を変更できます。認証情報を使って、このデータソースによって提供されるデータを表示できるユーザーを管理します。

オーナーの認証情報」を使用すると、データセットへのアクセス権のないユーザーでも、このデータセットを使用するレポートを表示したり作成したりすることができます。

閲覧者の認証情報」を使用すると、データソースの各ユーザーは、データセットにアクセスするために認証情報を提供する必要があります。

詳しくは、データソースの認証情報についての詳細をご覧ください。

データソースから新しいレポートを作成する

  1. 右上の [レポートを作成] をクリックします。
    1. レポート エディタが開きます。
  2. [レポートに追加] をクリックします。
    1. データソースがレポートに追加されます。
    2. グラフの作成と、データをデータソースから取得するためのデータ管理オプションの設定ができるようになります。

データポータルを初めてご利用の場合:

レポート作成のチュートリアル、またはレポート エディタに関する記事をご覧ください。

備考

表示回数がゼロのエンティティ(広告グループやキャンペーンなど)は、Google 広告 のデータソースに表示されません。

複数のアカウントでこのデータソースを使用する場合は、データ管理オプションを追加してみてください。

データ管理オプションは、どのアカウントのデータをレポートに表示するかをレポート閲覧者が選択できる機能です。アカウントごとにレポートやデータソースを作成する必要はありません。詳細

Google 広告の詳細
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。