基本的な使い方

データポータルの主な要素と機能について簡単に説明します。

データポータルの使い方

ホームページでは、データポータル ファイルを作成し、作成したファイルにアクセスすることができます。

Home page interface map

レポート ホームページの凡例

  1. 新しいファイルの作成。
  2. 検索。 ファイルをすばやく見つけることができます。Search icon
  3. ファイル形式のタブ。レポート、データソース、エクスプローラを切り替えます。
  4. オプション:
    1. ヘルプとフィードバック。
    2. ユーザー設定
    3. Google マーケティング プラットフォームのサービス選択ツール(Google マーケティング プラットフォームのユーザー限定)。GMP product switcher.
    4. Google アカウントの管理。ユーザー アバター アイコン
  5. ファイルリストのフィルタ。最近使用したファイル、自分が所有するファイル、共有しているファイル、ゴミ箱に入っているファイルを表示できます。
  6. レポートのサンプルテンプレート。空のレポートから始めるか、さまざまな機能を備えたテンプレートをカスタマイズして使用します。
  7. ファイルリスト。クリックするとファイルの内容が表示されます。
    1. 右側にあるファイルのオーバーフロー メニューを使用すると、ファイルの共有、名前の変更、削除を行えます。その他のメニュー
    2. 名前、オーナー、日付の順にファイルを並べ替えられます。

レポート エディタの使い方を確認する

レポートを編集するには、ファイルリストでレポートを見つけ、ファイルを表示して、右上にある [編集 編集] をクリックします。 

エディタのインターフェース マップ。

レポート エディタの凡例

  1. ロゴ。クリックするとレポートのホームページに戻ります。
  2. メニューバー。メニュー機能の多くは、コンポーネントを右クリックすると表示されるコンテキスト メニューから利用することもできます。
  3. (左から)
    1. レポートの埋め込みこのレポートの埋め込み可能なリンクを取得します。埋め込み
      1. 埋め込みを有効にすると、このオプションが表示されるようになります。
    2. 全画面表示。全画面モードでレポートを表示します。全画面表示
    3. データの更新頻度を管理更新
    4. レポートのコピー このレポートのコピーを作成します。コピーアイコン
    5. 表示 / 編集の切り替え。編集モードと表示モードを切り替えることができます。Visibility icon
    6. Google マーケティング プラットフォームのサービスの切り替えGMP product switcher.
    7. Google プロフィール アイコン。Google アカウントの管理を行います。ユーザー
  4. ページ管理オプション。レポートにページを追加したり、レポートからページを削除したりすることができます。特定のページへのアクセスやページ名の変更も可能です。
  5. 選択モード | 元に戻す | やり直し。
  6. ​レポートにグラフを追加
  7. テキストツール、画像ツール、図形ツール。 レポートにメモ、グラフィック、幾何学的図形を追加できます。
  8. 期間、フィルタ オプション、データ管理。ユーザーがレポートのデータを絞り込めるように、インタラクティブなコントロールを加えることができます。
  9. 他のユーザーと共有ユーザーを追加
  10. グラフ。データソースのディメンションと指標を視覚化できます。グラフを選択すると、そのグラフのプロパティ パネルが表示されます。詳しくは、利用可能なグラフについての記事をご覧ください。
  11. プロパティ パネル。現在選択しているコンポーネントの設定を行ったり、そのプロパティを設定したりすることができます。
  12. 使用可能なフィールド パネル。ディメンションと指標をグラフのプロパティにドラッグ&ドロップします。

データソース エディタの使い方を確認する

データソースを編集するには、ホームページで [データソース] タブをクリックします。目的のデータソースを見つけてクリックし、データソース エディタを開きます。

データソース エディタのインターフェース マップ。

データソース エディタの凡例

  1. データソース名。クリックすると、名前を変更できます。
  2. 変更履歴。以前のバージョンのデータソースを表示、復元することができます。復元
    1. 変更履歴の横には、データソースを共有するオプションがあります。ユーザーを追加
  3. データソース オプション:
    1. データソースの認証情報。他のユーザーによるこのデータソースのデータの閲覧を制御できます。
    2. データの更新頻度データの更新とレポートの処理速度のバランスを取ります。
    3. コミュニティ由来ビジュアル表示のアクセスコミュニティ由来ビジュアル表示に、このデータソースのデータを提供するかどうかを選択できます。
    4. レポートのフィールド編集。オンにすると、レポートを編集する際に、フィールド名や集計方法の変更、分析機能の適用、フィールド表示オプションの設定などを、データソースを編集しなくても行えるようになります。
  4. コピーの作成。このデータソースのコピーを作成します。
  5. レポートの作成。このデータソースから新しいレポートを作成します。
  6. エクスプローラ。このデータソースから新しいエクスプローラを作成します。
  7. フィールドの追加。計算フィールドを作成します。
  8. 接続の編集。データソースのオーナーは、データポータルとの再接続を行うことができます。
  9. フィールド。ディメンションは緑色のチップ、指標は青色のチップとして表示されます。フィールドをクリックすると、新しい名前を付けることができます。フィールドに関する他の操作を行うには、その他アイコン その他のメニュー をクリックします。
  10. フィールド タイプ。フィールドに含まれるデータのタイプを指定します。タイプを変更するにはプルダウン メニューをクリックします。注意: フィールド タイプを変更すると、レポートに大きな影響が及ぶ場合があります。
  11. 集計方法。フィールドの情報のまとめ方を示します。集計方法を変更するにはプルダウン メニューをクリックします。集計方法が「自動」のフィールドは変更できません。
  12. 計算フィールド。[fx] をクリックすると、フィールドの数式を編集することができます。
  13. フィールドの更新。クリックするとデータソースが更新され、基になっているデータセットで行われた構造的な変更が反映されます。
  14. フィールド数。データソースに含まれるフィールドの数が表示されています。

 

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。