Google スプレッドシートに接続する

Google スプレッドシートのワークシートまたは指定した範囲に接続します。

生産性向上アプリで構成される Google ドキュメント スイートの一部である Google スプレッドシートは、スプレッドシートを作成したり、フォーマットしたりして、他のユーザーと同時に作業できるオンラインのスプレッドシートです。データポータルの Google スプレッドシート コネクタを使用すると、Google スプレッドシートのワークシートに保存されているデータにアクセスできるようになります。

この記事の内容:

Google スプレッドシートに接続する方法

Google スプレッドシートのデータソースは、Google スプレッドシートの単一のワークシートに接続できます。

接続するには:

  1. データポータルにログインします。
  2. 左上にある をクリックして、[データソース] を選択します。
  3. [Google スプレッドシート] コネクタを選択します。
  4. スプレッドシートワークシートを選択します。
    所有している、または共有されているスプレッドシートであれば、どれでも接続できます。また、アクセス権を持っている Google スプレッドシートの URL を貼り付けることも可能です。
  5. 必要に応じてデータソース オプションを設定します(下記を参照)。
  6. 右上の [接続] をクリックします。
    1. データソースのフィールド パネルが表示されます。
    2. データソースがデータセットに接続されました。

接続設定で指定したすべての列がデータソースのフィールドとして表示されるようになります。データソースの設定について、詳しくはデータソースのフィールドについてをご覧ください。

オプション

[先頭行をヘッダーとして使用する] をオンにすると、ワークシートの 1 行目がデータソースのフィールド名として使用されます。このオプションが選択されていない場合、フィールド名には列番号(A、B、C など)が使用されます。

[非表示のセルやフィルタ処理されたセルを含める] では、該当のセルをデータソースに含めるかどうかを指定することができます。デフォルトではオン(含める設定)になっています。このオプションの対象はフィルタのみで、「フィルタ表示」には適用されません。フィルタ機能について詳しくは、Google スプレッドシートのヘルプセンターをご覧ください。

[(任意)範囲指定] では、選択したワークシート内のセル範囲を定義できます。範囲の定義には、列と行の標準の構文を使います(例: A1:Z26)。

レポートのフィールド編集

データソースの [レポートのフィールド編集] オプションをオンにすると、レポート エディタでグラフごとにフィールドの定義を変更できます。これにより、レポートのカスタマイズを手軽に行えるようになります。詳細

データソースを設定する

データソースのフィールド パネルで、フィールド名の変更や説明の追加、計算フィールドの追加、データの型と集約の変更など、データソースの設定を行うことができます。詳しくは、データソース フィールドの使い方に関する説明をご覧ください。

データを表示できるユーザーを管理する

フィールド パネルの右上では、データソースの認証情報を変更できます。認証情報を使って、このデータソースによって提供されるデータを表示できるユーザーを管理します。

オーナーの認証情報」を使用すると、データセットへのアクセス権のないユーザーでも、このデータセットを使用するレポートを表示したり作成したりすることができます。

閲覧者の認証情報」を使用すると、データソースの各ユーザーは、データセットにアクセスするために認証情報を提供する必要があります。

詳しくは、データソースの認証情報についての詳細をご覧ください。

データソースから新しいレポートを作成する

  1. 右上の [レポートを作成] をクリックします。
    1. レポート エディタが開きます。
  2. [レポートに追加] をクリックします。
    1. データソースがレポートに追加されます。
    2. グラフの作成と、データをデータソースから取得するためのデータ管理オプションの設定ができるようになります。

データポータルを初めてご利用の場合:

レポート作成のチュートリアル、またはレポート エディタに関する記事をご覧ください。

備考

データポータルでは、選択した範囲またはワークシートが表形式である必要があります。

ヘッダー行は、単一の行である必要があります。

列内のセルは、すべて同じタイプである必要があります。

選択した範囲またはワークシートは、表形式である必要があります。他の表形式でないデータやグラフ、スパークライン、またはデータ以外の情報を組み合わせると、レポートのデータ品質に悪影響が及びます。

接続したスプレッドシートでは、列の操作に制約が生じます。シートの末尾(右端)への列の追加と、末尾の列の削除は可能ですが、列の順序変更や途中挿入、末尾以外の列の削除は現在サポートされておらず、これらを行うとデータ品質に悪影響が及ぶことがあります。列の順序を変更する必要がある場合は、新しいデータソースを作成してください。

困ったときに

スプレッドシートに接続できない場合は、以下をご確認ください。

データポータルは、チームドライブ上のファイルへのアクセスには対応していません。通常の Google ドライブのフォルダに保存されたスプレッドシートを使用してください。

データポータルと Google ドライブで同じアカウントを使用していることを確認してください。データポータルを別のドライブ アカウントに誤って接続してしまった場合は、接続を解除してから、正しいアカウントを使用して接続し直してください。

ドライブに関する問題の一般的な解決のヒントをご覧ください。

G Suite をご利用の場合は、組織に対してドライブへのアクセスが許可されている必要があります。詳しくは、G Suite チームで使うドライブを管理する方法をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。