コントロールについて

レポートをインタラクティブにします。

コントロールを使用すると、以下の方法でデータを操作できます。

  • 特定のディメンション値でデータをフィルタできます。
  • レポートの期間を設定できます。
  • パラメータ値を設定して、それらを後で計算フィールドで使用したり、コネクタに戻したりすることができます。
  • データソースで使用される基になるデータセットを変更できます。
閲覧者に表示する前にあらかじめデータをフィルタする方法については、フィルタ プロパティをご使用ください。
この記事の内容:

レポートにコントロールを追加する

  1. レポートを編集します。
  2. ツールバーで [Control icon. コントロールを追加] を選択します。
  3. コントロール タイプを選択し、適切な場所に配置します。
  4. 右側のプロパティ パネルのオプションを使ってコントロールを構成します。
    1. 選択したディメンション値でレポートをフィルタするには、[コントロール フィールド] のディメンションを使用します。
    2. パラメータの値を設定するには、そのパラメータを [コントロール フィールド] として使用します。

コントロールの仕組み

コントロールは主に以下の 2 つの目的で使用されます。

  • コントロールを使うと、レポートのコンポーネントに表示されるデータをフィルタしたり変更したりできます。
  • コントロールを使うと、レポート エディタでユーザー入力を収集し、それを計算フィールドや、パラメータをサポートしているコネクタ(BigQuery コネクタやコミュニティ コネクタなど)で使用できます。

コントロールをフィルタとして使用する

コントロールは、ディメンションに基づいている(使用可能なフィールドのリストからディメンションを [コントロール フィールド] として追加している)場合、データ上のフィルタとして機能します。

たとえば、「国」ディメンションに基づくリスト コントロールを使用すると、データを国でフィルタでき、「商品の SKU」ディメンションに基づく高度なフィルタを使用すると、製品番号の全部または一部でフィルタできます。

フィルタについて

コントロールで、コントロール自体と同じデータソースに基づいてページ上のすべてのコンポーネントをフィルタするか、一致するフィールド ID を持つページ上のすべてのコンポーネントをフィルタします。データソースが異なる場合でもコンポーネントをフィルタすることはできますが、その場合は、Google 広告や Google アナリティクスなど、同じ固定スキーマ コネクタに基づきます。これは、それらのコネクタによって作成されるデータソース間で内部フィールド ID が同一であるためです。

ページ上のコンポーネントのサブセットに対するコントロールの適用範囲を制限するには、コントロールでそれらをグループ化します。

コントロールで他のコントロールをフィルタすることができます。たとえば、「国」ディメンションのフィルタと「キャンペーン」ディメンションのフィルタがあり、前者で「国 = フランス」のデータを抽出した場合、後者に表示されるキャンペーンはフランスで展開されたものだけになります。同様に、キャンペーンのフィルタで「ABC」というキャンペーンのデータを抽出した場合、「国」のフィルタにはキャンペーン「ABC」が展開された国しか表示されなくなります。

コントロールで使用できるディメンションは 1 つのみです。複数のディメンションでフィルタするコントロールを作成するには、以下の複数のオプションがあります。

  • フィルタとして使用するディメンションごとに、複数のフィルタ オプションを作成します。
  • フィルタとして使用するディメンション データを、データソースの計算フィールドで連結します。
  • フィルタとして使用するディメンション データを、基のデータで連結します(可能な場合)。

指標値でフィルタするには、個々のグラフに指標スライダーを追加します。

コントロールを入力として使用する

コントロールがパラメータに基づいている(使用可能なフィールドのリストからパラメータを [コントロール フィールド] として追加している)場合、入力内容がそのパラメータに送信されます。パラメータは、操作(値を直接入力したり、事前定義されたリストから値を選択したりするなど)から値を取得する変数のようなものです。

パラメータを使うと、より動的な計算フィールドを作成できます。たとえば、「販売目標」パラメータを作成し、それを入力ボックスのコントロール フィールドとして使用することで、さまざまな販売目標の数値を入力して、予測される掲載結果を可視化できるようになります。そのうえで、条件付き書式ルールを適用して、目立つように結果をハイライト表示することができます。

また、BigQuery データソースを作成するのに使用した基になる SQL クエリや、コミュニティ コネクタを使って作成されたデータソースにパラメータを戻すこともできます。

パラメータの詳細

コントロールのタイプ

コントロール メニューは 2 つのセクションに分かれています。

[コントロールを追加] メニュー。

最初のセクションのコントロールを使うと、データをフィルタしたり、パラメータ値を設定したりすることができます。2 番目のセクションのコントロールは、特別な役割を果たし、パラメータ値の設定には使用できません。各コントロールのタイプについて詳しくは、このトピックの他の記事をご覧ください。

大文字と小文字の区別に関する注意事項

一般に、テキスト ディメンションの検索演算子では大文字と小文字が区別されます。ただし、コネクタによって異なる場合があるため、データを使ってテストし、レポートの閲覧者にガイダンスを提供することをおすすめします。

大文字と小文字を区別する正規表現を作成するには、先頭に「(?i)」を追加します。詳しくは、データポータルの正規表現をご覧ください。

コントロール タイプを変更する

レポートの既存のコントロールを別のタイプに切り替えることができます。

  1. レポートを編集します。
  2. コントロールを選択します。
  3. 右側のプロパティ パネルの上部にあるコントロール ドロワー Open drawer icon. を開きます。
  4. 新しいコントロール タイプを選択します。

新しいタイプを使用するようにコントロールの設定の編集が必要になる場合があります。

すべてのページにコントロールを表示する

レポートのすべてのページの同じ場所にコントロールを表示できます。フィルタやパラメータを 1 つのページに設定すると、レポート内のすべてのページに適用されます。

  1. レポートを編集します。
  2. コントロールを選択します。
  3. メニューで [配置] > [レポートレベルに変更] を選択します。
他のページにコントロールが表示されない場合は、ページの他のコンポーネントの下に表示されている可能性があります。詳しくは、レポートレベルのコンポーネントの位置に関する記事をご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
102097
false