共有について

他のユーザーがレポートやデータソースを閲覧または編集できるようにします。

美しく魅力的なレポートやデータソースが作成できたら、それを共有しましょう。

レポートを共有する

レポートを共有する方法、他のユーザーが編集できるようにする方法、Google ドライブを使用してレポートを構成、共有する方法を学びます。

共有機能の仕組み

  • レポートまたはデータソースは、初めて作成したユーザーがオーナーとなり、ファイルは非公開に設定されます。
  • データスタジオのファイルは、データスタジオで直接共有できます。Google ドライブまたは Google Drive API を使って共有することもできます。
  • 共有するには、Google ドライブへのアクセス権が必要です。組織がドライブへのアクセスをブロックしている場合は、レポートやデータソースを共有できません。
  • G Suite を使用している組織では、ドメイン外のユーザーと共有されないよう設定することができます。
  • データスタジオのファイルを Google ドライブの共有フォルダで作成または移動した場合は、ドライブのフォルダの共有設定がそのファイルに適用されます。
  • 特定のユーザーやグループとレポートやデータソースを共有したり、共有可能なリンクを使って共有したりできます。
  • Google アカウントを持っている別のユーザーに、ファイルのオーナー権限を譲渡できます。

レポートの共有

  • 共有レポートは、ログインしなくても閲覧できます。
  • 共有レポートを編集するには、Google にログインする必要があります。
  • レポートを共有しても、追加済みのデータソースに直接アクセスする権限は共有されません。
  • レポートを共有しても、データソースが自動的に共有されることはありません。データソースは個別に共有する必要があります。
  • 共有相手のユーザーは、レポートのデータソースが共有されていなくても、そのレポートを閲覧または編集できます。
  • レポートの編集権限を持つユーザーは、追加済みのデータソースを共有されていなくても、そのデータソースのディメンションと指標を使用して、レポートのグラフや設定を作成または編集できます。
  • 別のサイトやアプリケーションにレポートを埋め込むことで、そのレポートを幅広いユーザーと共有できます。

データソースの共有

  • データソースを閲覧または編集するには、Google にログインする必要があります。
  • データソースを共有しても、データセットへのアクセス権を付与したことにはなりません。
  • データソースを共有して閲覧権限を付与した場合、相手のユーザーはデータソースのスキーマ(構成)を確認できますが、変更することはできません。
  • データソースを共有して編集権限を付与した場合、相手のユーザーはスキーマを変更できます。
  • データソースのオーナーに限り、データソースの接続を編集できます。

データソースの共有とデータソースの認証情報

ユーザーはレポートを表示するために、レポートのデータソースを共有してもらう必要はありません。レポート内のデータを表示する権限は、データソースの認証情報によって管理されます。レポートの閲覧者は、そのデータソースが共有されているかどうかに関係なく、閲覧する権限を付与されたデータを見ることができます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。