データポータルへようこそ

データポータルでできること

データで効果的なメッセージを伝えましょう。

  • 詳細な設定が可能なグラフと表を使用してデータを視覚化できる
  • さまざまなデータソースに簡単に接続できる
  • データを探索してインサイトを得られる
  • インサイトをチームと共有したり、公開したりできる
  • チームとレポートを共同編集できる
  • 組み込みのサンプル レポートや独自のカスタム レポート テンプレートを使って、レポート作成プロセスを迅速化できる
データスタジオの基本操作

データスタジオの基本的な使用方法を説明します。

データを視覚化する

データポータルを使うと、読み取りや共有が簡単で柔軟にカスタマイズできる有益なダッシュボードやレポートにデータを変換することができます。ドラッグ&ドロップのレポート エディタでは、次のようなことができます。

  • 線グラフ、棒グラフ、円グラフ、地図、面グラフやバブルチャート、ページ割りされたデータ表、ピボット テーブルなどのグラフを使ってデータを効果的にまとめることができます。
  • 閲覧者フィルタ期間設定を使用してレポートをインタラクティブにします。データ管理オプションを使うと、誰でも自分のデータを確認するために使える柔軟なテンプレート レポートを作成できます。
  • リンククリック可能な画像を挿入して、商品カタログ、動画ライブラリ、その他のハイパーリンク コンテンツを作成できます。
  • テキスト画像を貼り付けてレポートにアノテーションを付けたり、ブランド化したりすることができます。
  • データを視覚化するだけでなく、スタイルカラーテーマで芸術性をプラスすることもできます。

詳しくは、レポートの作成についての説明をご覧ください。

データに接続する

データポータルのレポートでは、1 つ以上のデータソースから情報が取得されます。データソース ツールを使うと、プログラミングを行わずにさまざまなデータソースに簡単に接続できます。わずかな時間で、次のようなデータセットに接続できます。

  • Google マーケティング プラットフォーム サービス(Google 広告、アナリティクス、ディスプレイ&ビデオ 360、検索広告 360 など)
  • Google の一般向けサービス(スプレッドシート、YouTube、Search Console など)
  • データベース(BigQuery、MySQL、Post PostgreSQL など)
  • CSV ファイルのアップロードと Google Cloud Storage を介したフラット ファイル

さらに、コミュニティ コネクタ プログラムからサードパーティ デベロッパー製のコネクタを使用すれば、ほぼすべての種類のデータにアクセスすることができます。

詳しくは、データポータルがデータに接続する仕組みについてご覧ください。

共有と共同編集

データポータル レポートとデータソースは Google ドライブにファイルとして保存されています。ドライブと同じように、ファイルを簡単に個人やチームと共有したり、公開したりすることができます。データをできる限り広めるには、Google サイト、ブログ投稿、マーケティング記事、年次レポートなどの他のページにレポートを埋め込みます。

レポートやデータソースを別の編集者と共有すれば、同じファイル上でリアルタイムに共同で作業することができます。

詳しくは、レポートとデータソースの共有についてご覧ください。

次のステップ

データポータルについてさらに理解を深める

動画を見る

手順を詳しく説明したこちらのチュートリアルをお試しください。

他のユーザーによるデータポータルの活用例は、Report Gallery でご覧いただけます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。