Microsoft SQL Server 2017 に接続する

データポータルを Microsoft SQL Server のテーブルまたはカスタムクエリに接続します。

Microsoft SQL Server 2017 コネクタを使用すると、Microsoft SQL Server 2017 に基づいてデータソースを作成できます。そのデータは、データポータルのレポートとデータ探索で可視化できます。

ギリシャ文字のベータ。 ベータ版機能

この機能は現在ベータ版のテストを実施しています。機能変更が発生することが予想されます。また、未完成な部分が残っているケースもございます。

フィードバックを送信

この記事の内容:

サポートされるバージョン

Microsoft SQL Server 2017 コネクタでは、V7.2 JDBC ドライバを使用します。このコネクタは MS SQL Server 2017 でテストされており、以下の古いバージョンと互換性があります。

  • 2016
  • 2014
  • 2012
  • 2008 R2

お使いのデータベースのバージョンが V7.2 JDBC ドライバと互換性があるかどうかを確認するには、MS SQL Server のバージョンの互換性に関するドキュメントをご覧ください。

Microsoft SQL Server に接続する方法

データポータルのデータソースは、1 つの Microsoft SQL Server データベース テーブル、または指定したカスタムクエリに接続できます。

接続方法

  1. データポータルにログインします。
  2. 左上にある 作成 をクリックして、[データソース] を選択します。
  3. Microsoft SQL Server 2017 コネクタを選択します。
  4. データベースへの接続を設定します。

    ホスト名または IP アドレスを使って接続する

    1. 左側の [基本] を選択します。
    2. 接続の詳細を入力します。
      1. ホスト名または IP アドレス
      2. ポート(省略可)
      3. データベース
      4. ユーザー名
      5. パスワード

    JDBC URL を使用して接続する

    1. 左側の [JDBC URL] を選択します。
    2. 接続の詳細を入力します。
      1. JDBC URL



        jdbc:sqlserver://[:];databaseName=

        詳しくは、接続 URL の構築をご覧ください(Microsoft のドキュメント サイトが開きます)。

      2. ユーザー名
      3. パスワード
    JDBC ホスト名オプションを使用すると、一般公開されている Whois などの DNS ルックアップ ツールで、そのホスト名がアクセス可能かどうかを確認できます。
    : データポータルは localhost に接続できません。公開ホスト名または IP アドレスを使用する必要があります。
  5. SSL を有効にする(省略可)

    データポータルでは、TLS(Transport Layer Security)プロトコルを使用して、サーバーへの接続を保護(暗号化)できます。TLS は SSL(セキュア ソケット レイヤ)とも呼ばれます。保護された接続を使用するには、[SSL を有効にする] をオンにして、SSL クライアント設定ファイルを指定します。

  6. [認証] をクリックします。
  7. リストからテーブルを選択するか、カスタムクエリを入力します。
    [カスタムクエリ] オプションを選択すると、1 つの表に接続する代わりに、SQL クエリが提供されます。データポータルでは、データベースに対するクエリが生成されると、このカスタム SQL を内部 SELECT ステートメントとして使用します。
  8. [接続] をクリックします。

すぐに、データソースのフィールド一覧ページが表示されます。右上にある [レポートを作成] または [探索] をクリックして、データの可視化を開始します。

備考

データのタイプ

データポータルは、データベースのネイティブ データのタイプを、統合されたデータのタイプ一式にマッピングします。データポータルがサポートされていない表やクエリで列を検出すると、その列についてはフィールドが作成されません。

ファイアウォール アクセス

データベースがファイアウォールの内側にある場合は、次のすべての IP アドレスへのアクセスを可能にする必要があります。これらは、データベースに接続して照会する際に使用される IP アドレスです。

IP アドレスの一覧を表示する

64.18.0.0/20

64.233.160.0/19

66.102.0.0/20

66.249.80.0/20

72.14.192.0/18

74.125.0.0/16

108.177.8.0/21

142.251.74.0/23

173.194.0.0/16

207.126.144.0/20

209.85.128.0/17

216.58.192.0/19

216.239.32.0/19

2001:4860:4807::/48

Microsoft SQL Server 2017 コネクタの制限事項

  • このコネクタを使用すると、最大 15 万行のクエリを実行できます。
  • 列見出し(フィールド名)には ASCII 文字のみを使用する必要があります。ASCII 以外の文字はサポートされていません。

ライセンス

Microsoft SQL Server 2017 コネクタは、MIT ライセンスに基づいて配布された SQL Server 用 Microsoft JDBC ドライバを使って開発されました。

データソースを作成する

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
102097
false