レポートの公開設定

閲覧者にはレポートの公開版を表示したまま、下書き版で作業を続けることができます。

レポートの公開設定で、レポートに加えた変更が閲覧者に表示されるタイミングを制御できます。デフォルト状態では、レポートに加えた変更はリアルタイムで閲覧者に表示されます。レポートの公開をオンにした場合、下書き版に変更を加えても閲覧者には表示されません。閲覧者には公開版を表示したまま下書き版で編集を続け、新しいバージョンのレポートが完成してから公開できます。

この記事の内容:

レポートの公開をオンにする

  1. レポートを開き、編集モードに切り替えます。
  2. [ファイル] 次に [公開設定] の順に選択します。
  3. [レポートの公開] をオンにします。

レポートに加えた変更を閲覧者にもリアルタイムで表示したい場合は、この設定をオフにします。

変更内容を公開する

編集の終わった下書き版を公開するには:

  1. レポートを開き、編集モードに切り替えます。
  2. 画面右上の [公開] をクリックします。
  3. 確認ダイアログで [公開] をクリックします。

表示モードで下書き版と公開版を切り替える

閲覧者が参照できるのは公開版のレポートだけです。レポートの編集者は、表示モードで参照するバージョン(下書き版または公開版)を自由に切り替えることができます。

レポートの下書き版と公開版を切り替えるには:

  1. レポートを表示します。
  2. 画面左上のレポート名の横にあるセレクタをクリックし、参照するバージョンを選択します。

レポートの公開版と下書き版の表示切り替え

レポートの公開設定の仕組み

レポートの公開をオンにすると、その時点の現行バージョンが公開されます。レポートの編集者は、同じ内容の下書き版をもとに作業を続け、新しいバージョンのレポートが完成してから再度公開します。下書き版を編集している間、閲覧者には当初の公開版がそのまま表示されています。

公開設定とバージョン履歴

レポートの公開をオンにしたレポートには、現行バージョンが 2 つあります。現行の公開版と、現行の下書き版です。レポートの編集はすべて、現行の下書き版に対して行われます。

バージョン履歴を使って、レポートの過去のバージョンを公開または復元することも可能です。

過去のバージョンを公開すると、レポートの閲覧者にはそのバージョンが表示されるようになります。現行の下書き版は変化しません。

過去のバージョンを復元すると、下書き版の内容がそのバージョンに差し替えられます。現行の公開版は変化しません。

データソースの変更とレポートの公開設定

レポートの公開がオンの場合、埋め込みデータソースのフィールドに対する次の変更は、レポートを公開するまで、閲覧者向けの表示内容には反映されません。

  • フィールド名の変更
  • 計算フィールドの数式の変更
  • フィールドの表示 / 非表示切り替え
再利用可能なデータソースに対する同様の変更は、下書き版にも公開版にも反映されます。

レポートの公開設定にかかわらず公開されるその他のデータソース関連の変更

次の変更は、どちらのタイプのデータソースであっても、公開版のレポートに反映されます。

データソースの認証情報を取り消す

公開版のレポートで使用されているデータソースの認証情報を取り消すと、公開版レポートでそのデータソースを使用しているグラフには「データを取得できませんでした」というエラーが表示されます。

データソースをレポートから削除する

公開版のレポートで使用されているデータソースを削除すると、公開版レポートでそのデータソースを使用しているグラフには「不明なデータソース」というエラーが表示されます。

データソースをゴミ箱に移動する

公開版のレポートで使用されているデータソースを、ゴミ箱に移動するか完全に削除すると、公開版レポートでそのデータソースを使用しているグラフは「データセットの設定エラー」を返します。

レポートの公開をオンにしたレポートのコピー

レポートの公開がオンのレポートをコピーした場合の動作は、レポートに対するアクセス権によって異なります。

編集者の場合:

  • コピーしたレポートには、下書き版と公開版の両方が含まれます。コピーしたレポートでも、レポートの公開はオンのままです。

閲覧者の場合:

  • コピーしたレポートには、公開版だけが含まれます。コピーしたレポートでは、レポートの公開はオフになっています。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。