Google サーベイに接続する

効果的なデータ視覚化機能を使って、サーベイの分析情報を浮き彫りにします。

Google サーベイは市場調査のためのツールです。オンライン アンケートを手軽に作成し、集めたデータをビジネス上の意思決定に役立てることができます。ユーザーはアンケートに回答することでウェブ上で高品質なコンテンツにアクセスできるようになり、サイト運営者(パブリッシャー)はユーザーの回答数に応じた支払いを受け取ります。

データポータルを Google サーベイに接続すると、アンケートのデータに加え、他の複数のソースからのデータに基づいた、情報量の多い魅力的なレポートを作成できます。また、データに直接アクセスできないユーザーとも簡単にインサイトを共有することが可能です。

Google サーベイに接続する方法

  1. データポータルにログインします。
  2. 左上にある 作成 [作成] をクリックして、[レポート] を選択します。
  3. レポート エディタのツールが表示され、[データのレポートへの追加] パネルが開き、[データに接続] タブが表示されます。
  4. コネクタのリストで [Google サーベイ] を選択します。
  5. 承認を求めるメッセージが表示された場合は、[承認] をクリックします。
  6. リストからアンケートを選択するか、アンケート ID を入力します。
  7. 右下の [追加] をクリックします。
  8. 事前に選択されたアンケート項目が設定されている表が表示されます。

次のステップ:

  • マウスを使ってキャンバス上で表を移動し、サイズを変更します。
  • 右側のプロパティ パネルを使用して、データを変更したり、グラフのスタイルを設定したりします。
  • 左上の [無題のレポート] をクリックして、レポートの新しい名前を入力します。
  • グラフやビジュアル表示を追加するには、グラフを追加アイコン。[グラフを追加] をクリックします。

Google サーベイでデータポータルのテンプレートを使用する

データポータルのテンプレート レポートで、ご自身のアンケート結果を確認できます。

[データポータル] ボタンでアンケート結果を可視化する テンプレートでは次のようなことができます。

  • アンケートの分析情報を反映した独自のグラフやグラフィックを作成できます。
  • 円グラフのスライスまたは棒グラフのバーをクリックして、レポートをフィルタできます。年齢層または性別をクリックして、そのディメンションでフィルタされたアンケートの質問を表示することもできます。
  • 日付を変更できます。過去に実施したことのある定期アンケートの場合は、特定の開始時間を選択して、1 つのインスタンスのみから結果を表示できます。
  • 時系列で結果を表示できます。定期アンケートの場合は、右側の列の [結果(時系列)] をクリックすると、アンケートの回答の推移を表示できます。
  • データを書き出すことができます。[未加工の結果] をクリックすると、表形式で結果を表示できます。このデータのディメンションを追加、削除したり、CSV や Google スプレッドシートに書き出したりできます。

データポータルを初めてご利用の場合

レポート作成のチュートリアル、またはレポート エディタに関する記事をご覧ください。

データソースを編集する

データソースは、レポートで使用できるフィールドを提供します。フィールド名の変更や説明の追加、計算フィールドとパラメータの追加、データの型と集約の変更など、データソースの設定を行うことができます。

データソースを編集するには:

  1. [リソース] 矢印 [追加済みのデータソースの管理] を選択します。
  2. リストからデータソースを探し、[編集] をクリックします。

詳しくはデータソースのフィールドに関する記事をご覧ください。

データを表示できるユーザーを管理する

データソースは認証情報を使用して、レポートの閲覧者がデータにアクセスする方法を管理します。データの認証情報には、次の 2 つがあります。

オーナーの認証情報」を使用すると、データセットへのアクセス権のないユーザーでも、このデータセットを使用するレポートを表示したり作成したりできます。

閲覧者の認証情報」を使用すると、データソースの各ユーザーは、データセットにアクセスするために認証情報を提供する必要があります。

認証情報を確認して変更するには、データソースを編集します。現在の認証情報はデータソース パネルの上部に表示されます。

詳しくはデータの認証情報に関する記事をご覧ください。

Google サーベイ コネクタの制限事項

  • データポータルで利用できるディメンションと指標は、Google サーベイで利用できるフィールドのサブセットです。たとえば、データポータルのレポートには、オーディエンスとフリークエンシーのデータを含めることはできません。
  • 最大 26 件の定期アンケートを 1 つのレポートにまとめて取得できます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
102097
false