他のユーザーに連絡先へのアクセス権を付与する

職場、学校などのグループで Gmail を使用している場合は、連絡先へのアクセスと管理の権限を同じ組織内の別のユーザーに付与できます。権限を付与されたユーザーは、連絡先を追加したり、名前、電話番号、住所などの連絡先の情報を更新したりできます。連絡先へのアクセス権を付与しても、メール アカウントへのアクセス権は付与されません。

要件

  • ディレクトリ管理者が連絡先の共有を有効にする必要があります。管理者の方は、連絡先の共有手順について、グローバル ディレクトリを有効または無効に設定するをご覧ください。
  • 組織内の他のユーザーに委任できるのは連絡先のみです。
  • 委任元のユーザーと委任先のユーザーが、職場や学校などのグループの各自のアカウントにログインする必要があります。
  • 委任元のユーザーと委任先のユーザーが、スマートフォンやタブレットではなく、パソコンを使用している必要があります。

連絡先を委任する

他のユーザーに連絡先の管理を委任するには、連絡先をそのユーザーと共有します。

  1. 職場や学校のアカウントを使用して、連絡先管理ツールにログインします。
  2. 連絡先管理ツールを開きます
  3. 画面左上のメニュー アイコン メニュー アイコン 次に [その他] 次に [アクセスを委任] をクリックします。

    [アクセスを委任] が表示されない場合は、連絡先の共有を有効にするよう G Suite 管理者に依頼してください。

  4. [ユーザーを招待] ボックスに、連絡先の管理権限を付与するユーザーの名前またはメールアドレスを入力します。

    最大 25 人のユーザーをカンマで区切って入力できます。

  5. [送信] をクリックします。

招待したユーザーが連絡先グループにアクセスできるようになります。

委任を受けた連絡先で行える操作

次の操作を行えます。

  • [連絡先の作成] ボタンまたは [新しい連絡先] ボタンで新しい連絡先を追加する
  • 委任を受けた連絡先リスト内の連絡先を編集する
  • 委任を受けた連絡先リストから連絡先を削除する

次の操作は行えません。

  • 連絡先の情報を印刷する
  • 連絡先をインポートする
  • 連絡先をエクスポートする、転送する
  • 重複を検出する、統合する
  • 変更を元に戻す
  • 委任を受けた連絡先のラベルを管理する
  • Gmail などの Google サービスで、委任を受けた連絡先のオートコンプリートを行う

委任を受けた連絡先を管理する

組織内の他のユーザーから連絡先へのアクセス権を付与されたユーザーは、自分のアカウントでその連絡先を管理できます。

  1. 職場や学校のアカウントを使用して、連絡先管理ツールにログインします。
  2. 連絡先管理ツールを開きます
  3. 画面左上のメニュー アイコン メニュー アイコン 次に [委任した連絡先] をクリックし、連絡先を委任したユーザーの名前をクリックします。

    委任したユーザーの名前を選択すると、次のようになります。
    • 追加、編集する連絡先は、委任したユーザーの連絡先に表示されるものであって、委任先のユーザーの連絡先ではありません。
    • 委任したユーザーの連絡先を編集、削除できます。
    • 連絡先の検索では、委任したユーザーの連絡先が検索されます。
    別の連絡先の名前をクリックすると、他のユーザーの連絡先は表示されなくなります。

委任を受けた連絡先を検索する

委任を受けた連絡先が多い場合、連絡先リストを検索して連絡先を探すことが必要になる可能性があります。委任を受けた連絡先を検索する方法は次のとおりです。

  1. 職場や学校のアカウントを使用して、連絡先管理ツールにログインします。
  2. 連絡先管理ツールを開きます
  3. 画面左上のメニュー アイコン メニュー アイコン 次に [委任した連絡先] をクリックし、連絡先を委任したユーザーの名前をクリックします。
  4. 上部の検索ボックスに、検索したい連絡先の名前またはメールアドレスを入力し、Enter キーを押します。

注: 検索した連絡先が、ディレクトリの連絡先と同じメールアドレスまたは名前を使用している場合は、オートコンプリートの候補にそのディレクトリの連絡先が表示されます。