連絡先を読み込む、復元する、バックアップする

Google コンタクトには、名前、メールアドレス、電話番号などの連絡先情報を保存できます。

連絡先を読み込む

既存の連絡先リストを Gmail で使用するには、Google コンタクトに読み込みます。

注: すでに Google コンタクトに登録されている連絡先の情報を読み込んだ場合、読み込んだ連絡先情報によって既存の連絡先情報が上書きされます。

他のメール プロバイダ(Yahoo、Outlook、Hotmail、AOL など)から読み込む場合
  1. Google コンタクトに移動します。
  2. 左側にある [もっと見る] 次へ [インポート] をクリックします。
  3. 読み込み元となるアカウントを選択します。
  4. [同意して続行] をクリックします。
  5. メール アカウントにログインします。
  6. [同意する] をクリックします。
Gmail アカウントから読み込む場合

ステップ 1: 既存の Gmail の連絡先を CSV ファイルに書き出す

  1. 旧バージョンの Google コンタクトに移動します。
  2. 左上にある [その他] 次へ [エクスポート] をクリックします。
  3. 書き出す連絡先を選択します。
  • [Myコンタクト] には、自分で作成した連絡先が表示されます。
  • [すべての連絡先] には、自分で作成した連絡先と、メールを送信したことのある連絡先([その他の連絡先])が表示されます。
  1. [Google CSV 形式] を選択します。
  2. [エクスポート] をクリックします。
  3. 右上にある自分の写真をクリックして、[ログアウト] をクリックします。

ステップ 2: ファイルを読み込む

  1. 旧バージョンの Google コンタクトに移動します。
  2. 左上にある [その他] 次へ [インポート] をクリックします。
  3. [ファイルを選択] をクリックします。
  4. CSV ファイルを選択します。
  5. [インポート] をクリックします。

ShuttleCloud を使用して Apple や iCloud のアカウントから読み込む場合

ステップ 1: App 用パスワードを生成する

  1. Appleid.apple.com に移動します。
  2. Apple の ID とパスワードでログインします。
  3. 2 ファクタ認証で本人確認を行います。
  4. [セキュリティ] で、[パスワードを生成] を選択します。[パスワードを生成] が表示されていない場合は、2 ファクタ認証を有効にします。
  5. パスワードのラベルを入力します(「Google コンタクトの読み込み」など)。
  6. App 用パスワードをコピーします。

ステップ 2: 連絡先を読み込む

  1. Google コンタクトに移動します。
  2. 左側にある [もっと見る] 次へ [インポート] をクリックします。
  3. 読み込み元となるアカウントを選択します。
  4. [同意して続行] をクリックします。
  5. メール アカウントにログインします。
  6. 生成した App 用パスワードを入力します。
  7. [同意する] をクリックします。

連絡先を読み込めない場合

連絡先を読み込めない場合は、次のような理由が考えられます。

  • 一度に読み込む連絡先の数が 3,000 件を超えている。連絡先の数が 3,000 件を超える場合は、複数の CSV ファイルに分割してから読み込んでください。
  • 連絡先の総数が、上限である 25,000 件に達している。連絡先の容量制限についてご確認ください。
  • 連絡先の形式が、Google コンタクトで利用できる形式ではない。
  • ラテン文字や ASCII 文字以外の文字が含まれている。

連絡先を 1 件追加する

  1. Google コンタクトに移動します。
  2. 右下にある追加アイコン 追加 をクリックします(追加アイコン 追加 が表示されない場合は、旧バージョンのコンタクトで連絡先を追加する手順をご確認ください)。
  3. 連絡先の情報を入力します。
  4. [保存] をクリックします。

重複した連絡先を統合する

同一人物が Google コンタクトに重複して登録されている場合は、連絡先を統合できます。

  1. Google コンタクトに移動します。
  2. 左側にある [重複] をクリックします。[重複] が表示されていない場合は、旧バージョンのコンタクトで連絡先を統合する手順をご確認ください。
  3. 右上にある [すべて統合] をクリックするか、重複する連絡先を 1 組ずつ確認しながら [統合] をクリックします。

連絡先を復元する、書き出す

連絡先を復元する

連絡先の削除、同期、読み込み、統合を行ってから 30 日以内であれば、変更を元に戻して以前の連絡先を復元できます。

注: 特定の時点(1 週間前など)の状態に連絡先を復元すると、それ以降に追加した連絡先は表示されなくなります。現在の連絡先を書き出して、後から再び追加する手順をご確認ください。

  1. Google コンタクトを開きます。
  2. [もっと見る] 次へ [変更を元に戻す] をクリックします。
  3. どの時点の状態に復元するかを選択します。
  4. [確認] をクリックします。
連絡先を書き出す

Google の連絡先を別のメールサービスや連絡先サービスに追加することができます。

  1. Google コンタクトに移動します。
  2. 書き出す連絡先を次のように選択します。
    • 特定の連絡先を選択する: 連絡先名の横にあるチェックボックスをオンにします。次に、[もっと見る] 次へ [エクスポート] をクリックします。
    • 連絡先グループを選択する: [もっと見る] 次へ [エクスポート] をクリックし、グループを選択します。
  3. 連絡先を保存する形式として CSV または vCard ファイルを選択します。
    • 別の Google アカウントまたは Microsoft Outlook に連絡先を追加する: [Google CSV 形式] を選択します。
    • 他のメールサービスまたは連絡先サービスに連絡先を追加する: [vCard] を選択します。
  4. [エクスポート] をクリックしてファイルを保存します。

ヒント: 書き出した後に不要な連絡先を削除すると、使用する容量を減らすことができます。

連絡先の自動保存を管理する

Gmail で新しいメールに相手の名前を入力するときなど、一部の Google サービスでは連絡先の候補が表示されます。連絡先として自動保存され、連絡先の候補として表示されるユーザーは自分で管理できます。

交流した相手の連絡先を保存する

Google サービスで交流したユーザーの連絡先情報(名前、メールアドレス、電話番号など)を自動で保存できます。この設定をオンにすると、次のユーザーの連絡先情報が保存されます。

  • Google ドライブのドキュメントなどを共有したユーザー
  • Google フォトの共有アルバムなどで、コンテンツをあなたと共有しているユーザー
  • 同じイベントやグループに参加しているユーザー

自動保存を開始または停止する

  1. Google アカウントで [交流した人の連絡先を保存] に移動します。
  2. [交流した人の連絡先情報を保存する] をオンまたはオフにします。
  3. Gmail を使用している場合は、次の手順でメールの宛先の連絡先情報を Gmail に保存するかどうかを選択します。
    1. パソコンで Gmail の設定に移動します。
    2. [連絡先を作成してオートコンプリートを利用] で、オプションを選択します。
    3. ページの下部にある [変更を保存] をクリックします。
メールを送信したユーザーを表示する
  1. Google コンタクトに移動します。
  2. 左側にある [その他の連絡先] をクリックします。

注: [その他の連絡先] はパソコンでのみ表示されます。

連絡先情報を削除する
  1. Google コンタクトに移動します。
  2. 左側にある [その他の連絡先] をクリックします。
  3. 連絡先を選択するには、連絡先名の横にあるチェックボックスをオンにします。
  4. 右上にあるその他アイコン その他 次へ [削除] 次へ [削除] をクリックします。