検索履歴を有効または無効にする

検索履歴をオンにすると、Google Cloud Search でより関連性の高い候補が表示されるようになります。検索履歴がオンになった状態で Cloud Search を使用すると、検索履歴が保存され、自分に合わせてサービスがカスタマイズされます。

検索履歴は自分で管理することができ、設定はいつでも変更できます。

  1. cloudsearch.google.com から Cloud Search にログインします。

    Cloud Search をご利用でないアカウントではログインできません。詳細

  2. トップページの右上にある設定アイコン 設定 次に [アカウントの履歴] をクリックします。
  3. [ウェブとアプリのアクティビティ] のスイッチをクリックして、オン オン またはオフ オフ に切り替えます。
  4. ページの下部で [有効にする] または [一時停止] をクリックして設定を変更します。

検索履歴の管理について詳しくは、Google でのウェブとアプリのアクティビティについてのページをご覧ください。

[アクティビティ管理] にアクセスできない場合は、組織の Google アカウント管理者にお問い合わせください。検索履歴をオンにするには、管理者が組織のウェブ履歴サービスを有効にしている必要があります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。